食彩品館.jp

京都の今井(上賀茂)にサバ煮を食べに行き、フレンドフーズ下鴨店へも寄る。岩倉実相院、一澤信三郎帆布床もみじ

スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

 先週、紀伊半島周遊へ行ったばかりですが、10日土曜日に家族で京都日帰りドライブへ。
今回は山科駅で別れて、娘と私がお寺巡り、妻と息子が電車三昧。午後は一緒に北区から左京区を回りました。
 9211443_org_2 お昼は上賀茂神社の近くにある「今井」という食堂へサバ煮を食べに。30年前から通って計50回目くらいですが 家族は初めて。グロテスクなほど煮込まれたサバが家族に受け入れられるか心配でしたが、全員から「美味しい」と言ってもらえました。土曜日とはいえ、あんなに行列が出来ているとは驚き。いつのまに人気が出たんでしょう。二日間煮込んで三日目に出されるサバは真っ黒手前になるまで煮込まれて、骨までやわらかくいただけます。

 

 

煮サバを堪能したあとは岩倉実相院の床もみじ(床緑)を見て、ようやく私の趣味である地場スーパー巡りへ、「フレンドフーズ下鴨店」さんへ寄ることが出来ました。
 9211566_org_4 フレンドフーズさんはこの下鴨店と宇多野支店の2店舗だけなんですが、加食を中心にすばらしい品揃えをしているスーパーです。以前から社長の藤田さんのブログを拝見しており、ぜひとも行きたいと思っていた店舗でした。 9211629_org_5
予想通り、加工食品、特に調味料や基礎食品の品揃えが良く、初めて目にする商品がたくさんありました。醤油も湯浅醤油からは私の好きな「角長」、白醤油は「三河白たまり」などのほか、かめびし醤油片上醤油鎌田醤油傳右衛門、北海道士別産青大豆を原料に使用した青大豆醤油(片上醤油)なんかも並んでいて楽しめました。この選定には本当に感心。私はインターネットショップでは販売されていなかったカネロクの「菊醤(きくびしお)」を選びました。丹波黒豆使用というのに惹かれたんです。
飲料にもこだわりが。のどが渇いていたので、丸福ではなく「龍泉洞の缶コーヒー」を購入。   
日配商品も社長が自らMDされたと思しき商品が並んでいます。鮮魚には「自家製はも」もありましたが、「富山産白エビ」を購入。家族が駐車場で待っていたので(疲れて眠ってました)20分程度で退店しなければならなかったのが残念です。次回は自慢の惣菜商品を購入したいと思います。
9211601_org  
そうそうエスカルゴの殻が並んでいたので「どっかで見たな」と思っていたら、あとでMさんから「あおきの豊洲」と教えていただきました。ありがとうございました(v^-^v)♪。

フレンドフーズさんの社長「食」日記は「まかないレシピ」など料理から玉子野菜のことなど大変、興味深い内容でした。
2001年頃の日記に社長さんの思い特に表現されています。

 

スポンサード リンク    

最後は一澤帆布さんと信三郎帆布さんが東大路通り西側に並んでいるのを確認して帰宅。妻は鞄を1つ購入しました。どちらで買ったかは内緒です(笑)

9211487_org_3  写真の一番右側が一澤帆布さん、一番左側が一澤信三郎帆布さんの新店舗。写真には写っていませんが、一澤帆布さんの右側、数軒隣には信三郎帆布さんの東山工房があり、窓ガラス越しに職人さんの作業を見ることができます。
 

P.S.
今回の京都日帰りドライブで楽しみにしていた 上賀茂森田農園の直営販売店「おいでやす」に寄れなかったのが残念。次回は京野菜を買い込みたいと思っております。

スポンサード リンク