食彩品館.jp

中華人民共和国訪問の思い出その1。1989年~1999年。サソリのから揚げ,地ビール,人民服に毛沢東語録で文化大革命。人民解放軍兵士。

Pocket

北京オリンピックも終わり、「中国の思い出シリーズ」スタート。第一弾です。
中華人民共和国へ初渡航は1989年。あの天安門事件(第二次)の年です。
その後、1990年、1995年~1999年と合計5~6回ほど訪問。
場所は上海市、浙江省杭州市・衢州市・寧波市・江西省南昌市、江蘇省蘇州市・無錫市・宜興市、遼寧省大連市、山東省青島市・煙台市・威海市、福建省福州市など沿海部中心にたけのこ、生椎茸、白菜、レンコン、アスパラなどの視察と調達です。
ヤオハン(当時は大繁盛)やジャスコなどの日系GMSや中国経営の百貨店食品売場の視察もしました。
その後、なかなか訪問する機会がありません。とうとう北京へは行けませんでした。

最初訪問した時には、空港へ着いた途端に紅衛兵に取り囲まれて、「造反有理」とかスローガン言われながら自己批判させられるんじゃないかと真剣に思っていました。
どこへ行ってもビクビクです。ホテルへ入っても隠しカメラとか隠しマイクがないか探したり(笑)
文化大革命が終わってから10年以上経過しているのに私の世代はどうしても「人民服に毛沢東語録」のイメージが残っていて。

198904

 

 

 

1989年の中国。西湖で有名な浙江省杭州市。
まだ人民服の人が多い。

1995

 

 

 

 1995年の杭州市。
人民服の人は田舎へ行かないと見かけなくなりました。

中国の1番の思い出はやっぱり「」。
「空を飛ぶものは飛行機以外、地上の四本足は机とイス以外なんでも食べる」ということで、ヘビ、アヒルの舌、田うなぎ、すっぽんの首、蛙などなど。
高いレストランは浙江省杭州の「楼外楼」、安いところはドライブインの屋台。
何回も行くとコツを覚えて「チャーハン(当たり外れなし)とたまごスープ(たまごは美味しい。平飼いの地鶏)と野菜炒め(産地のお店は新鮮)」だけ頼んでいました。
それでも市長さんとか工場のえらいさんとかの宴会だと「高級料理」を食べさせられます。
山奥の日本人とかあんまり行かない土地の食べ物は口に合いませんでしたが、上海あたりの日本人駐在員御用達の中級レストランなんかは激ウマ。
特に1995年以降は格段に味付けと服務員の愛想が良くなったと思います。
「冷えたビール」もレストランでオーダーできるようになったし(笑)上海では生ビールも飲めるようになっていたし。
「冷えたビール」を注文するとグラスに氷を入れたビールが出てきた頃が懐かしい。
199004

 

 

 

↑ 浙江省衢州市(1989年当時は上海からこの地まで3泊しないと行けなかった)からさらに奥地へ入ったところの地ビール。
同じラベルでもビール瓶に入っている量が1本ごとに違う。

有名な「龍虎闘」とかいう料理(材料は「龍」のかわりに蛇、「虎」のかわりに猫)は食べれませんでしたが、1番の思い出料理は「さそりの唐揚」。
1996

 

 

↑ 1996年山東省青島市から煙台市への途中のレストランにて食す。塩味で小さなエビの唐揚のような感じ。

1996_2

 

 

 

この時は居合わせた人民解放軍兵士と一緒に食事しました。「三大紀律八項注意」とか書いて筆談。

ベテランの商社マンの人に「絶対に食べたらダメな料理は?」と聞いたら
「貝の刺身」だそうです。めちゃくちや鮮度が良かったので調子に乗って食べたらひどい目にあったそうですよ。
実は刺身も青島市とか威海市で食べたことあるんです。よく病気しなかったもんだ。
そういえば中国の人はなま物とか冷たいものは控えてたなあ。生たまごは絶対に食べなかったし。
***********************************
注意: この記事は中国の食文化や衛生事情に対して非難したり、見下したりするものではありません。
すばらしい中国の文化に対して、私は畏敬の念を持っております。それはシリーズ第二弾以降で記事にしたいと思っております。ご理解のほどを。
************************************
中国図
Photo
訪問地(実際は拠点として各周辺を訪問)
Photo_2

====================
◇中国関連記事
2007/12/26篆刻,印鑑,西冷印社(中華人民共和国)
2008/08/30中華人民共和国訪問の思い出その1

Pocket