食彩品館.jp

週4日営業の静岡県浜松市のビッグ富士姫街道店

Pocket

20081129big_fuji_himekaido週4日営業(金曜日~月曜日)。ということは、週休2日制とすると火~水曜休みで、木曜日に加工食品主体に売場作りと生鮮の商品の下ごしらえと仕越し作業。それとも加食は月~木に売場作りして補充無しで土日休みかな? とかいろいろと想像させてくれる楽しい店舗。
入口・出口が別々で店内はジグザグに売場作りされていて、一方通行で進んでいく。買い忘れのための戻り道やショートカットも用意されているが、基本は全売場を回らされる仕組みになっている。
これだと、売場面積を有効に使える上、死に場所がなくなって坪効率は高いんじゃないかな。調べてないけど。
200811290 ビッグ富士は、イオン浜松市野店の改装オープンに行った時、近隣の競合を確認するために訪問したビッグ富士笠井街道店が初訪問(その時の記事はこちら)。
今回は姫街道店。近隣には先日の記事にも書いたフードマーケットマム高丘東店やスーパーいしはら高丘店がある。地場スーパー同士の強烈な競合。基本はディスカウントだが、生鮮も各店充実している。特にフードマーケットマム高丘東店は改装したばかりなので、余計に集客が分散している(ように思う)。
「大根1本○○円2本目からは・・」というの2個目からは高くなる価200811290_2格表示。天井まで高く詰まれた缶詰や加工食品。楽しく賑やかな装飾。ついつい買物カゴに入れてしまうような雰囲気作りが上手。繁盛店ビームやらオーラが出ている。
週四日営業をいつまで継続できるか、あるいは我慢できるか。楽しみな企業・業態であることは確か。
生鮮は例のごとく、買う側にある程度の商品知識(品質と価格のバランス)を要求する店舗である。生鮮ディスカウントの課題だなあ。
***************************
ところで、浜松市には「姫街道」と名のつく店舗が多数ある。この姫街道とは本街道の別ルートという意味で、難所を避けるため、特に女性が使ったため、付けられた名称らしい。
浜松にある姫街道は旧東海道の別街道で、静岡県磐田市から愛知県豊川市までの浜名湖北部から本坂峠を越えるルート。新居関所を避けたり、今切りの渡しを避けたりするための別街道だったらしい。もっとも名称自体に別の謂れもあるようだが。(参考:細江町観光案内)
浜松に特に「姫街道」の店名が多いのは祭り(姫様道中)など、積極的なアピールがあるからかも。
*******************

Pocket