食彩品館.jp

那智山 青岸渡寺 本尊ご開帳

旅行記, 神社仏閣|2009/03/29 posted.
スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

 金華豚(平田牧場 純系)で検索されてこのページに来られた方に
●「JA尾張中央 Aコープ高蔵寺店で金華豚購入」の記事はこちら
●「イクタフード新川店食彩館がプチ改装」の記事はこちら
**********************************

20090321西国第一番札所。那智山 青岸渡寺。
天台宗 開基裸形上人。創建 伝:仁徳天皇御代(313年~399年)。和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
とにかく遠い。西国三十三ケ所でも他寺との距離が一番離れている。
そんな遠隔地にある「那智山」であるが、私のブログには結構、頻繁に登場する。
20090321_2今回の目的は「御本尊 如意輪観世音菩薩御開帳」。
毎年2月の節分に開帳されるだけだが、今回は3/1~3/31までのロングラン。
3月21日(土)朝7時に到着。開帳予定時刻は「9時~」となっていたが、連休でもあるためかすでに開かれていた。
一応、先達に就任しているので、きちんと作法に則って参拝。その後、先達用軸装納経帳に2回目(朱印は3回目)の御朱印をいただく。そして、「詠歌護符」も一緒に参拝した母親の分も授与。
ここで母親が「せっかく彼岸に来たのだから」ということで、先祖供養をお願いすることに。結果的にこれが功を奏して、間近で 秘仏のご尊顔を拝観することができた[E:good]
観世音菩薩普門品第二十五が厳粛に堂内に響く中、私はお経の間中、観音様を見上げていました。開かれた扉からは尊顔と顎に添えられた御手しか見えないが、それでも御賽銭箱のところより、はるかにはっきりと見える。「念彼観音力」20090321_4
 20090321_3このあと、熊野大社へ参拝。母がおみくじを引いたら「一番」だった。運の強い人だ。
ちなみにサッカー日本代表の旗とかお守りも飾られていた。
八咫烏の「勝守」もあった。神棚用の神札を授かる。
***************************
那智の滝は上部で三筋にわかれるため、「三筋の滝」ともいわれる。
本堂(如意輪堂)横は有名な写真スポット。
映像
↓ 最後の画面に「次の動画」と出ますが、それは私の動画ではありません。

スポンサード リンク    
スポンサード リンク