食彩品館.jp

STORE OF THE YEAR2009とマツモトの新店「新丸太町店」(京都市)

スポンサード リンク                       

前書
チェーンストアエイジの4/1号でSTORE OF THE YEAR2009発表
●商業集積部門
 1. イオンレイクタウン(食彩賓館3/63/113/13)
 2. 阪急西宮ガーデンズ(食彩賓館3/193/203/21)
 3. エアポートウォーク名古屋(食彩賓館2008/10/23)
●単独店舗部門
 1. ザ・プライス 川口店(食彩賓館3/24)
 2. コストコ 入間倉庫店(国内のコストコは未訪問)
 3. フードセントラルガーデン川口店(食彩賓館2/25)

 私はエアポートウォーク名古屋とザ・プライス川口店を推薦したんですが(締め切りに間に合わなかったため無効になっていると思うが)、皆さん思うことは大体同じなんですね。
エアポートウォークは既存の施設(空港)をうまく活用、ユニーとしては斬新なイメージのモール。ザ・プライスは不振店対策だけでなく、グループ競合のすみ分けにも対応可能な新フォーマット。順当でしょうね。
*****************************
   京都府長岡市に本部のある「スーパーマツモト(売上高370億円)」の16店舗目「新丸太町店」が京都市右京区の東映太秦映画村の近くに2009年3月24日オープン。訪問は3月28日。
●京都市右京区常盤東ノ町26-5
●℡075-872-3458
●駐車台数200台
20090328 JR山陰線花園駅まで京都在住の知人が迎えに来てくれたので助かりました。その方の案内で新丸太町店へ。
 Photo
最初の週末を迎えて、客数も多く、店の駐車場は満車。臨時の駐車場が交差点を挟んで用意されていたので、そこへ駐車。
周辺地域、及び来店する客層の説明を知人から受けて店内へ。「黄色の服を着てカート回収しているのは今年の新入生」とか、「企業として接客に力を入れている。特に社長さんが」とか、地元業界人である知人の情報を聞きながらの贅沢な店舗訪問です[E:happy01]
先々週の大阪訪問といい、頼りになる知人に恵まれ、私は幸せです [E:lovely]
 まずはサービスカウンターへ。ポイントカードサービスは実施していない。サービスカウンターの女性の制服がどっかの大手企業の受付嬢のようなシックなスーツ。案内していただいた方によると「AJSのコンテストに出場歴のある人たち」とか。笑顔がステキです。
チラシを手にして、買物カゴを持って、まずは青果。美味しそうな「山ブキ」発見。
さりげなく旬の商品が当たり前のように提案されている。
「野菜・果物をかわいがってください」というPOPを青果の平台に数多く表示。来店される方達の扱いが悪いのでしょうか? 一昨年に長岡市のマツモト荒塚店を訪問した時には気付かなかったので最近、もしくはこの店舗だけかも。
鮮魚では本節のところに「ふきとたいて」とだけ表示したメニュー提案カードが。フキのところには「ちりめんとたいて」と書いてあったし、メニュー提案に力を入れている。でも調理見本とかキッチンステーションのようなものはない。
「煮たこ」を「湯たこ」と表示したり、「はも」は生と湯引き両方、サバの「へし子」など京都らしさを確認して惣菜売場へ。
 「惣菜に力を入れている」(知人)ということで、商品を細かく確認しながら売場をカニ歩き[E:cancer]。 「富山産ほたるいかのにぎり」。トッピングをうまく使っている。
2009032 コロッケ好きの妻にマツモトのコロッケをお土産に購入。1個39円×2。私は「ハニーベーコンステーキ」を今晩のつまみ用に購入。帰りの電車(青春18切符なので快速で名古屋方面へ帰る予定)で食べるための「京都産筍入りのおにぎり」も。
 品揃えは高質すぎることもなく、かといって貧弱でもない。地域の嗜好に合わせようという意志は感じられます。長岡市から出て京都市民に支持されているスーパーであることがなんとなくわかる(ような気がする)。
 レジごとに設置された小さな防犯カメラを知人から教えられた。「ああ これがあの」とちょっと感動。違算金トラブルや接客トラブルなどに効果ありそうですね。もちろん防犯にも。
レジもスーパーマーケットトレードショーで見た新機能が搭載されたものを使用しているとか。
接客はオープン直後ということもあって「AJSスマイル」が出来ている人とそうでない人がいましたが、これからどんどん教育されて一流のチェッカーに育っていくことでしょう。
 「AJSの店舗ではオープンセールの売上が多い方」というスーパーマツモトのオープンを堪能させていただきました。ありがとう。
********************************20090328_2

スポンサード リンク    

スポンサード リンク