食彩品館.jp

【その2】イオン モゾ MOZO  ワンダーシティ 訪問【外観編】 

イオン|2009/04/20 posted.
Pocket

追加情報
■「スーパーやまのぶ矢作店」開店日告知
すでに11月開店とこのブログに記していましたがやまのぶより正式告知がありました。
・愛知県岡崎市橋目町字阿知賀1外11筆
・株式会社 山信商店
2009年11月11日オープン
・営業時間 9時~21時
・店舗面積 1,261㎡
・駐車台数 91台
・駐輪台数 45台
・主な販売品目 食品・日用雑貨
・スーパーあちか跡地
・建物設置者は石川新平氏(岡崎市橋目町)
現在は更地になっています。

食彩賓館の関連記事
・2008年12月15日の記事
********************************
レイアウト(ジャスコ詳細、モール、パンフその他)・チラシ(24枚)の写真
●このブログのフォトアルバム
●フォト蔵のインターネット公開アルバム

モゾ関連の食彩賓館記事
2008年12月25日のブログ記事→当時の工事の進行状況と過去の歴史
●2009年3月7日のブログ記事 →膨大なニュースリリースからの抜粋
●2009年4月17日のブログ記事→レイアウト、チラシの紹介
***************************
 4月18日(土)8時00分到着。退店が14時00分。滞在時間6時間。ジャスコの営業が9時からなので、実質5時間ほどいたことになる。
今までの最高記録[E:flair]
なんで そんなにいたかというと
①当日の他の訪問予定が少ない
②食事時間(待つのが30分、食べるのは5分)
③1階から4階までくまなく歩いた
④同行者がいなかった

単純にブラブラしていたんですね。[E:coldsweats01]
きちんと品揃えとか見ていたわけではなく、ざっとですが、これくらいの規模のSCとなると歩くだけでも1時間。ちょっとショップに立ち寄ると2時間。しっかり見ていると5時間以上。
この間、あのイオン越谷レイクタウンを一時間半ちょっとしか時間をかけなかった私なのに。時間をかければいいというものでもないが、それなりにいろいろと体験・発見がありました。
歩いて眺めただけの感想なので、読む方はそのあたりを考慮してください。
勝手な思い込みとか単純な思い違いとかもあるかと。ご気分を害されないようにおだやかに見ていただければ(読むのではなく)。(写真が見えない場合は写真をクリック)

良く出来たSCだと思います。
シネマ館とスポーツ館が離れているのがネックですが、私は両方ともあまり縁がないので。
ジャスコも気取ったところがなく「庶民のためのGMS」を意識していると思います。ただし、イオン越谷レイクタウンでの意気込みと比べるとイマイチ寂しい印象でした。そのかわり、生鮮は頑張ってました。特に鮮魚。ジャスコについては別途、日記をアップする予定です。
先日オープンした稲沢のリーフウォーク(アピタ)と比べることはしません。まったく、違うタイプのSCだと思う。SCの考え方がイオンとユニーではまったく違う(使う客はあまり意識していないけど)。←「何を素人が生意気な」と思った方。冷静に。ちょっと気取ってみたかっただけです。[E:coldsweats01]
 さて、このSCの建物に関して、最大の特徴は「曲線」。モール内も「円とカーブ」をうまく使っ20090418 て、今までにない印象を与えてくれました。カーブを使ったモールなんていくらでもあるけど、「うまく使った」と思ったのはここが初めて。説明が難しいので「いけないこと」とわかって写真をアップします。ゴメンナサイ。
このモール内のカーブと4階までの見晴らしが良いのがこのSCを気に入った理由。良く考えて作られています。1階~4階まで微妙に天井高を変えているのも良い。
入っている専門店の組み合わせの妙味とかは、私、まったくわからないので評価はできませんが、レイクタウン同様に「VIVLE」の位置づけがイマイチ不明。FLAXUSとあわせて百貨店タイプのショップ+GMS(ジャスコ)を意識したのでしょうか?
3また、FLAXUSがライフスタイルショップといいながら、どんなライフスタイルを提案しているのか私には高尚すぎて理解できない。そういう評価は専門家にまかせる

Pocket