食彩品館.jp

紀南農協 Aコープ クックガーデン


G.W.シリーズ前半(20090429-0501)-№5
紀南農協 Aコープ クックガーデン

和歌山県田辺市下万呂
20090430jakinan_cook_garden1037 昨年6月訪問した際に、鮮魚の鮮度の良さに一目ぼれ。再訪を楽しみにしていました。同じJA紀南のデリシスいなり店のあと、オークワ4店、グルメシティ2店を回り、田辺市最後の訪問店はこのクックガーデン。
店内を一周したあと、昨年の訪問の時に感じた感動が薄れていることが気になる。確かに良い店。サンクリエーションデザインの素敵な装飾。こだわりの商品、地元の御薦め品。普段の生活+ちょっと良い商品提案。
昨年の資料を調べると、「鮮度宣言、コトPOPなんかが所狭しと掲示され、店全体が活気に溢れている」とある。今回もそのような売場作り、商品提案はあるが、最初の訪問時の印象と違う。うまく説明できない。
・「朝 水揚げの鮮魚」「地ものシールが貼られた刺身」「陳列して6時間以内のものだけ定価販売」「平田金華豚」「節約メニュー大作戦」「ササッと焼肉」
確かに品揃えが良く、鮮度も良い。何が違うのだろうかと思いながら、もう一周。う~ん。これがわかれば私も専門家になれるのに。うまく説明できないので「わかったようなコメント」は控えることにする。
●購入商品
20090430cookgarden「龍神村の道の駅で大好評。自家製柚子ポン」というPOPに惹かれて購入してしまったポン酢。ポン酢と醤油が在庫過多。
*****************
さて、この紀伊半島のスーパーマーケットと観光旅行を初めて計画されている方へ。(いないか?)
大阪方面から田辺に入り、まずはJA紀南のクックガーデンで西紀州の地場商品を確認。その後、白浜の「とれとれ市場(堅田漁協)」で海産物とお土産品をチェック。白浜から串本までは海岸線を眺めながらドライブ。途中、すさみのイノブータンなどに立ち寄っても良い。
串本では潮岬と大島、そしてJA紀南バッセオでプログレスデザインによる装飾を確認。串本では橋杭岩もお忘れなく。マニア向けには「落合博満野球記念館」や「太地漁協スーパーでくじら購入」。
この後、新宮市の手前にある「オークワSuC南紀」で東紀州の地場商品を確認。以上が「大辺路(おおへち)」コース。
また、このブログで紹介している醤油や酢の醸造元が国道42号線沿いに点在するので、そちらを訪問しても良し。
温泉は海の見える露天風呂があるホテル浦島やホテル中ノ島がお勧め。食事はガイドブックよりも地元の方に教えていただくのが一番。紀伊勝浦で飛び込みで入った食堂のマグロがイマイチだった経験あります。
もちろん、那智山~新宮~本宮大社の熊野三山の参拝は必須。道に迷えば八咫(やた)烏が案内してくれます(ウソ)。
もう一風呂という方はその本宮付近にある温泉、特に湯の峰温泉がお勧め。湯質も良い。私の中では草津に次いで日本で二番目に好きな温泉。
ブログネタには川湯温泉もお勧めだが、紹介されまくりなので新鮮味はない。
(ご参考:訪問した温泉のフォトアルバム索引ページ)
本宮の前に三重・奈良・和歌山3県にまたがる絶景地瀞峡も良い。特に秋。
大阪方面への帰りは本宮から田辺市内へ向かう「中辺路(なかへち)ルート」もある。この場合、時間があれば途中で龍神温泉へ立ち寄り、そのまま高野山へ参拝し、橋本へ。南無大師遍照金剛。
幕末好きには西熊野街道(十津川街道)がお勧め。天誅組で有名な天の辻や谷瀬の吊り橋などに立ち寄る。このルートは日本一距離の長い路線バスが走ることで有名。延々と山と谷が続く。あらかじめ司馬遼太郎の「街道を行く・十津川街道」を読んでおけば、紹介スポットを発見できて退屈しないですむ。
新宮から名古屋方面へは国道42号線→紀勢自動車道の「伊勢街道」ルート。このルートはさんざん私のブログで紹介しているのでそちらを参照(索引はこちら)。
実は、この他にも「北山村の那智黒発祥の地」や「七色峡」を超えて吉野に向かう「東熊野街道」がある。私はこのルートを時々利用してドライブを楽しんでいる。途中の見所は十津川の西熊野街道ほどではないが、早く吉野へ入れる。
もし健脚であれば「大峯奥駈」でも良いが、先達同行か修験者になるかしないと無理かも。もちろん車は通行不可。
それでは良い旅を。
**************************
●JA紀南の店舗のブログ
・2008/06/19のクックガーデン(第一回目訪問)記事はこちら
・2009/05/07のデリシスいなりの記事はこちら
・2009/03/27のVASEO(ヴァセオ)の記事はこちら
Photo_6