食彩品館.jp

「ららぽーと磐田オープン」その1 パタゴニアとビクリノクス、富士宮やきそば

購入商品, 郷土・特産品|2009/06/25 posted.
スポンサード リンク                       

●「ららぽーと磐田」検索でこのブログを訪問された方へ。
オープン後の記事は この記事以外に
2009/06/26 パレマルシェ 「ららぽーと磐田店」と「かじ町店」へ行く
2009/06/27 ららぽーと磐田 「遠州の駅」で「たまごたっぷりん」
オープン前の記事は
2009/06/07 ららぽーと磐田経由、伊豆城ケ崎~稲取へ
2009/06/23 「ららぽーと磐田・核店舗パレマルシェ」特別内覧会
*************************
ららぽーと磐田
〒438-0801
静岡県磐田市高見丘1200番地
℡0538-59-0100
・6/23特別内覧会(15時より3時間。物販あり)
・6/24プレオープン
・6/25グランドオープン
20090624
上4枚は駐車場側より撮影(雨が上がった後に撮影)。下3枚は5/30にインターチェンジ側より撮影。
 23日はせっかく特別内覧会の招待状を持っていたのに、訪問できず。
それでもなんとか都合つけてプレオープンへ駆けつける。
結論から言ってしまうのもなんだが、ららぽーと横浜、ららぽーと豊洲などと比較して、遊び(余裕)が不足しているかな?  無駄な部分がもっとあっても良いと思う。いかんせんオープンの時期が悪すぎた。このららぽーと磐田の建築資材調達時に価格高騰して、しかも、こんな不景気がやってくるとは思わなかったでしょうね。
約2時間半滞在したが全部はもちろんまわりきれない。
とりあえず、「パレマルシェ」の気合の入った装飾と「遠州の駅」の楽しさは満喫。
今回のららぽーと磐田の記事は「専門店とフードコート」「パレマルシェ」「遠州の駅」に分けてアップしたい。
*********************
訪問当日はインターチェンジ側ではなく、混雑回避のため、北方向から入る。混雑もなく、西側立体駐車場へ誘導される。なんとか3階へ停めることができた。
食品関係は最後に買物することにして、まずは あらかじめ調べておいたチェックポイントを回る。
20090624_4 2階ではエンチョー系列のSWENへ。狙いはモンベル、パタゴニアの特価品狙い。前日の特別内覧会で売れていないことを祈りながら売場へ。ありました。パタゴニアのアロハ。LサイズとMサイズを試着。USサイズなので「M」を選択。値札を見ると、当初価格から30%オフになっていて、さらにそこから半額。元の価格の30%程度だが、元の価格が安いスーツ2着分なので、結構な値段になる。通信販売でアメリカから船便で取り寄せていた昔のことを思うとありがたいなあ。現物を確認しながら購入できる。(もっともウチの近所にも定番で置いてあるところはあるが、当初価格が高いので[E:coldsweats01])
その後、電動スクーターと電動ミニ自動車の展示をノジマでチェック。1階ではビクトリノクスをチェック。
20090624_5 ビクトリノクスでは記念にピンを購入。ビクトリノクスは新婚旅行の思い出がある。ここでは触れないが[E:wink]
モールは天井のウェーヴが特徴。でも最初に書いたように、他のららぽーとのような見所がない。ちょっと残念。ここだけしか知らないと満足できるかも知れないが[E:coldsweats01]
それでも東京方面のららぽーとからテナントを引っ張ってきているので他のモール(イオン・ユニー系)との差異化はできているかな?  このあたり、ちょっと自信ないです。素人なもので。[E:bleah]
*******************
2階フードコートはなかなか贅沢な造りになっている。どこで食べようか迷ったが、富士宮やきそばを食べる。
20090624_3
11時30分の時点で11人15分待ち(並ぶ人が少ないので注文したら番号札12番を渡された)。私の訪問時点では一番人気のようでした。待っている間に調理工程をチェック。キャベツ+肉カスが最初で、次に豚肉、そして麺の順番で炒めていた。
青海苔とイワシの粉末粉は、自分で好きなだけ乗せることができる。感想は「三号館」で書いたのでここでは割愛。
***********************
ここまで記して眠くなったので、本日はこのくらいで。
***********************
チラシ、フロアガイドはこちら
***********************
流通・小売トピック
●ファミ

スポンサード リンク    

スポンサード リンク