食彩品館.jp

泉涌寺と新那智山 観音寺(今熊野観音寺)へ

旅行記, 神社仏閣|2009/08/29 posted.
スポンサード リンク                       

5/3のブログ記事
残り18枚。凡字本尊授与は2010年5月までなので、全部そろえるのは無理かな」と弱気な発言をしていたが、なんとか、残り9ケ月を残し完了。
フレスコ今熊野店(前回記事)訪問前に、その最後の凡字本尊をいただきに今熊野観音寺へ。
新那智山 観音寺(今熊野観音寺)
真言宗泉涌寺派   開基:弘法大師  
創建:天長年間(824~834年)
20090822_2
西国15番の今熊野観音へはこれで三回目。よって、どこをどう走ればどこに至るかがナビに頼らなくても良くわかる。
特に当日(8/22)は混雑を避けるため、市内の六寺(元慶寺、革堂、六角堂、清水寺、六波羅蜜寺、今熊野)を午前中に巡拝する計画。
途中、三十間堂やフレスコ今熊野へも寄った。にもかかわらず、今熊野観音までで予定よりも2時間早く進行。
何回も前を通過しながら御無礼していたが、余った時間を利用して今熊野観音寺の隣の泉涌寺へ寄る。
************************
総本山 御寺 泉涌寺(せんにゅうじ)
〒605-0977
京都府京都市東山区泉涌寺山内町27
℡075-561-1551
20090822_3
一時期(30年前だが)京都に住んでいながら、当時は"神社仏閣巡り"なんて趣味がなかった私の知識不足により、ここにあの「楊貴妃観音」が安置されていることを知らなかった。01
サプライズ参拝。奈良国立博物館の「寧波(にんぽー)展」を見に行きそびれたので、これも「観音様のお導き」と私に似合わぬ殊勝な感想。
ちなみに中国の寧波へも仕事で行ったことがあるが、観光で立ち寄った寺が結構、有名だったことを後で知る。もう一度、寧波へ行き、しっかりとお寺巡りをしたいと思っている。
******************
今回の凡字本尊一覧
(2008年9月1日~2010年5月31日配布)
Photo
前回の散華一覧
(~2008年3月31日配布)
20071211dscf8104

スポンサード リンク    

スポンサード リンク