食彩品館.jp

しずてつストア掛川店でベーベ工房の商品発見<№933報>

●商品, 訪問記録|2010/02/25 posted.

しずてつストア 掛川店   

436-0342

静岡県掛川市上西郷508-1             

0537-62-0810
静鉄掛川ショッピングセンターSプラザ

20100220shizutetsu_kakegawa1404

しずてつストア最西端店舗。掛川市で遠鉄ストアと出店地域がかさなる。

Sプラザに隣接する形で掛川スーパー三笠店がある。
この位、専門店が集積すると「NSC」と言ってもおかしくない。それでも食彩賓館的には「スモールNSC」。流れる鮨「うおがし鮨」発見。しずてつ店内にも「うおがし鮨コーナー」設置。その他カッコよいダイソーもあったりする。カインズホームとしずてつの組み合わせはここだけ?
ということで、店内。
やっぱりここのウリは惣菜だなあ。コーナーや演出の仕方がカッコ良い。
加工食品の品揃えも遠鉄ストアよりもこだわりを感じる。しずてつの鮮魚は店舗間(大型タイプ店でも)で格差があるように感じるのは私だけでしょうか。
覚書

 例の「海のエコラベル」のカツオタタキ発見。イオン以外では初めて見たが、気付かなかっただけ?

・じゃばらドリンクとじゃばら飴発見。オークワ以外では初。

・「うな侍」大五通商オリジナルのうなぎ蒲焼。「うなっ娘」というのもあるらしい。
Photo Photo_2

●購入商品
20100220_4

・静岡うなぎ漁業協同組合「きもすい」。「うなぎの肝のみを取り出し、保存水は捨ててください」と表示してあるのを見て、初めて水煮商品とわかる。うなぎのきもすい用の加工食品にはこれだけの添加物が必要なのか。大変だなあ。
・「べーべ工房」飲むヨーグルト。やっぱりしずてつだったか。
「あおき」「イクタ」「遠鉄」「しずてつ」「バレ」のうちどっかで購入したか見たか、なにしろのこの特徴的なデザインは記憶に残る。(調べたら訪問店舗では信濃屋でも代官山ピーコックにもあったようだ)
子供達には「加糖」が好評。私は「無糖」。この無糖タイプは良い!!。
なるほどねぇ。この味を出すのに苦労されているんだろうなあ。すごいなあ。ありきたりの言葉で表現したくないほど感激した。加工食品だけど加工食品(人工的)ではないね。生鮮品(生き物・活き物)だ。
個々人で舌の感覚も、食する際の雰囲気も、そして食に係わってきた時間・期間も違うので「どんな味だったか」を文章で表現して伝えるのは食彩賓館には「?」と思っています。私がそういった味覚のことを記す時は単に覚書程度。全世界のヨーグルトを食して比較したら一度、語ってみたいと思ってます。スーパー訪問も同じですね。「感覚的感想」よりも事実の「覚書」にこだわるのはそういった理由からです。
誤解のないように付け加えるが、他人がどのような感想をブログや本に記そうが勝手ですよ。そういった方たちに対する批判ではありません。念のため。

さて、べーべ工房商品をもうひとつ。フィオル・ディ・ラッテモッツァレラ
乳製品、特にチーズが苦手な私でも、ナチュラルチーズは食べられます。
で、この商品の評価。我が家ではイタリアで食した経験者が2名いますが、その時は水牛から作られたものでナチュラル系とはいえ、結構、私にとってはハードルが高い。(臭くて食べられなかったスイスのスキー場のチーズフォンデュほどではなかったが)
仕事やスーパーで試食をすることがあっても、チーズを普段食べないし、妻も雪印とか明治とかのチーズ位。モッツァレラを普段良く食べる(といってもサイ●●ア)という娘が「スゴイ 美味しい」と高評価(比べられる方が迷惑な話だが)。
そういったオーディナリーな我が家でも「美味しい」と感じることができるモッツァレラ。美味しいものは人に語ってもらうものではなく、自分で味わうものだと思っています。一度、ご賞味アレ。Photo_3
**************
当日訪問のしずてつ店舗はもう一店。
しずてつストア  島田店   

427-0046

静岡県島田市若松町2740             

0547-33-1280
20100220shizutetsu_shimada
            

ビックポンドストア カーナ中溝店の近くに立地。互いにこだわり感を訴求しつつも、しずてつストアの方がより高質感と庶民性・地域性を融合させているような気がする。
↑ なんかわかったようなわからないような表現だが(笑)
簡単にいうと「しずてつの方が好き」。
●購入商品
20100220_6
・「神戸屋としずてつストアが共同で開発」したということで購入。「イーストフードと乳化剤不使用」がウリ。トーストにいろいろつけて食べたが、味とかやわらかさとかしっかり確認するの忘れた。違いのわかる人向けの商品である。この商品から「小麦粉本来の味」とかを判別する能力を持っていないのが残念。デザインはかっこ良い。
●資料
Photo_4
Photo_5
Photo_6

===============================================