食彩品館.jp

京都錦市場 かね松老舗で「葉ごぼうの長寿ランチ」をいただく

Pocket

京野菜 かね松老舗
京都市中京区錦小路通柳馬場西入ル
℡075-221-0088
営業時間 
・かね松10:00 ~ 18:00
・やお屋の二かい11:00 ~
 予約専用℡075-221-0089

 かね松さん。阪急うめだ本店の“かね松ディスプレイ”に感激して、京都錦市場の店を訪問したのは今から25年前。
今のようなオシャレなイメージではなく、まさしく「八百屋」。バラ売り、はかり売り、盛売り。威勢の良い掛け声。買出し帽子に屋号の入った前掛け。
そりゃあもうすごい熱気でした。今のように錦市場が完全観光地化される前なので、京都市民が買物する市場。観光客よりも市民の方が多かった。
「こういう売場を自社で再現したい」と、20代後半の若い食彩賓館がじっと見ていたら、かね松さんの年配の方が声を掛けてくれました。おそらく先代のご主人だったかと思います。
京野菜のことを中心にいろいろとお伺いしました。当時、確か名刺交換したと思います。きっと倉庫に大事にしまってあると思います。縦書きの名刺に“かね松”さんの屋号が入ってました。
 さて、久々(といっても2年ぶり)に訪問すると、いつも満員御礼の「やお屋の二かい」のランチ待ちの客が少ない。予約なしでぶらっと行くのが好きなので(というか予約が嫌い[E:sad])たいていはランチにありつけません。
さっそく、お願いすると2組目に案内していただけることに。約10分ほどで、店の前の「はなれ」へ通された。
もともと「京野菜の食べ方を紹介したい」ということで始まった「やお屋の二かい」なので、京野菜を中心に、季節の野菜を1汁5菜で提供。あまりにも有名なのでこれ以上の説明は不要だと思います。
デザートは3種類から選択できるとかで百合根を使用したものを選択。
●長寿ランチ2,100円。たしかオープンの頃(10年前)は1,500円くらいだったと思う。
  

・「葉ごぼう(京都産)」が今回のランチのメイン。
・献立表はありがたいですね。使用野菜の産地名はかね松老舗店内の黒板に掲示されていました。
・白ぽん酢はかね松オリジナル商品。これがまた 良いっ。
 ・「おおっ」と思わず感激したのは「花ごはん」の桜の花。塩漬けした桜と菜の花が季節を感じさせてくれます。

 食彩賓館的には味付といい、量といい、丁度良い。観光客用の「京のおばんざい」の入門編としても丁度良いのです。価格的にも。ハイ。
 

 

 

Pocket