食彩品館.jp

JAみくまのAコープなち店と藤野醤油・丸正醤油(和歌山県那智勝浦町)など那智の風景

●商品, 旅行記|2010/05/16 posted.
スポンサード リンク                       

JAみくまの Aコープなち店
〒649-5331和歌山県東牟婁郡那智勝浦町天満1733-2
℡0735-52-0900

二回目の訪問。ちょっこっと「コト販売」「コトPOP」も実施。
20100503a_1
JAみくまのでも店舗間の違いが少しある。
***************
那智山参拝でパワーを戴いた後、時間の余裕があるので、醤油と酢のお気に入りの蔵の様子を確認しに行く。
早朝なので営業していないが、雰囲気だけでも味わうかということで。
飯尾醸造の時と同様。
●ふじの醤油
〒649-5331和歌山県東牟婁郡那智勝浦町天満1573
℡0735-52-0277
20100503

こちらは以前、ブログでも紹介済み。前回はなかなか手に入らない「有機認定」の醤油を購入(ふじの醤油の商品のうち、農薬不使用は各地のスーパーでも手に入るが、「有機認定」は現地まで行かないと手に入らない)。
高質志向店に品揃えされているのを見かける。今回は店の前を通過しただけ。

***************
●丸正酢醸造元
〒649-5331 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町天満271
℡0735-52-0038

20100503_2
高質志向店だけでなく、普通のSMにも置かれているのを良くみかける。この会社の商品を置いてある店舗には必ず、富士酢も置いてある。
JR天満駅の近く。蔵を外から見ていたら、たまたま特急くろしおが通過する。食彩賓館が子供の頃は、天王寺⇔名古屋間を「特急くろしお(キハ80系・81系)」が運行していた。
現在は京都・新大阪⇔白浜・新宮駅で運転。1978年以降、和歌山駅⇔新宮駅の電化とともに、天王寺⇔新宮駅が「くろしお」、名古屋⇔紀伊勝浦の「南紀」に変更。
20100503_3
20100502
食彩賓館が初めて汽車に乗ったのが新宮⇔天満駅間。叔父が天満の温泉病院へ入院したため、そのお見舞い。新宮駅から乗ったのは蒸気機関車だった。もう50年近く前の話。
天満の温泉病院を見るのはその時以来。町の中の温泉施設に入った記憶があるのだが、今となっては遠い昔。
20100503_4
***************************
●那智勝浦に関する記事
・2009/3/30串本~太地(落合記念館)~勝浦オークワ
・2009/3/29那智山 青岸渡寺 本尊ご開帳
・2009/11/18 JAみくまのAコープランティスと那智山

・2010/04/11西国南紀~奈良と美仏巡り(聖林、安部文殊、橘) 

スポンサード リンク    

●醤油・酢に関する記事

・2008/1/10野田味噌(枡塚味噌)
・2008/7/10醤油のこと
・2008/8/13南蔵  知多半島武豊町(醤油醸造)

・2008/9/6   川上酢店商品当選&ドアラビール
・2009/2/27紫峰(柴沼醤油)
・2009/3/2  富士酢の話

2010/04/29京都宮津 富士酢の飯尾醸造表敬訪問
・2009/2/7   伊藤商店 傳右衛門の蔵訪問(愛知)
・2009/3/28那智勝浦町「ふじの醤油」訪問(和歌山)


スポンサード リンク