食彩品館.jp

DEAN & DELUCA 八重洲店(GRANSTA(グランスタ)内)(東京駅)をチラッと訪問

●商品, 旅行記, 訪問記録|2011/02/21 posted.
スポンサード リンク                       

DEAN & DELUCA 八重洲店
東京都千代田区丸の内1-9-1
JR東日本東京駅構内地下1階 GranSta内
℡03-5288-8040
開店日  2007/10/25
訪問日 2011/02/08

20110208_1700
一時期、DEAN & DELUCA にはまって、1号店の丸の内店以来、新店で出ると訪問していた。特に品川の店は気にいって、駅を利用する度に買物。当時は食彩賓館も贅沢な旅&買物をしておりました([E:coldsweats01])
塩の量り売り、ニューヨーク(行ったことないが)のスーパーのような売場造りと商品作り。センスよさげなパッケージデザイン。でも、名古屋に出来てくらいから興味がなくなったのです([E:confident])
身近にないからこそ価値がある。非日常的な場所で見るから、使うから、食べるから価値が出る。名駅付近で購入できるとなると急に興味が失せるのは食彩賓館がモノの価値をきちんと評価し、理解せずにDEAN & DELUCA で購入していたから。
とはいいながらも、たまに行くと面白そうな商品が並んでいて、生活者としての買物はしないが、旅行者としての買物ならちょくちょく利用。
今回も、娘or妻へのお土産を購入するために訪問した次第。ここか紀ノ国屋で購入予定だが、DEAN & DELUCA よりも紀ノ国屋の方が価値が伝わりやすい。なんといつてもあの“紀ノ国屋ロゴ”は誰でも良く知っている。
良い・悪いの問題ではない。「どっちの商品が良いか」ではなく「どっちが自分(贈り物の場合は相手)にとって価値あるブランドなのか」だけ。
ということで、娘は色も含めてDEAN & DELUCA よりも紀ノ国屋を選び、妻は両方の袋の中からお菓子だけを取り出し、自分の好きなものだけを選んで食べだした。 
我が家人は雰囲気よりも実利を大事にする傾向があるようだ。

 ところで、開けてみて初めてわかったのだが、DEAN & DELUCA の袋の中から上げ底用のゴミが出てきた。まるで果物の籠盛のようだ。
●購入商品
20110208_2

スポンサード リンク    

**************************
GRANSTA(グランスタ)
開店日2007/10/25
・営業時間 
 月曜~土曜 8:00~22:00
   日曜・祭日  8:00~21:00
・コンセプト「東京プレシャスメモリー」

***********************
GRANSTA DINING(グランスタダイニング)
開店日2010/12/4
・営業時間 7:00~22:30
     (一部 6:30~)
・コンセプト「日本の台所」

***********************
●関連記事
GRANSTA DINING<グランスタダイニング>とKINOKUNIYA entrée<紀ノ国屋アントレ>(東京駅改札内1階)


スポンサード リンク