食彩品館.jp

【6月リニューアル】食鮮館タイヨー 長崎店と【4月リニューアル】三保店訪問(静岡市清水区)で社長交代後の状況(バロー化)を確認する

Pocket

 実は気になっていました。
2011年2月で4年間社長を務めていた 森氏が退任(タチヤ社長専任)バロー㈱社長の田代氏が食鮮館タイヨー㈱の社長を兼任。その後に改装オープンした三保店と長崎店(いずれも静岡市清水区)の変化(こういった表現は評論家やモノ書きみたいで嫌いなんですが)を確認したいと。

昨年のビッグポンドのバロー化、食鮮館タイヨー 化の時に、惣菜に中部フーズ㈱が本格導入され、さらに、食鮮館タイヨー の惣菜部門の運営を移管されたという話(中部フーズ㈱のHPにはまだ未アップ)を聞くに及んで、静岡の他の吸収されたスーパー同様に「バロー化」がさらに推進されるんだろうなあと予想していました。
こういった不確かな想像記事は食彩賓館は苦手ですし、業界内では誰でも知っていることを、さも知ったかぶりして開陳して恥をかくような真似はしたくないので、いつものように現地・現物・現実で語りたいと思います。

●食鮮館タイヨー長崎店<リニューアル> 
静岡県静岡市清水区長崎606
℡054-344-7700
改装開店日 2011/06/01
訪問日     2011/06/11
(食彩賓館紹介記事6/1) 

・1964年3月サンストア1号店(日立店)開店
・2003年5月「食鮮館タイヨー」へ屋号変更
・2007年2月バローグループ
・2008年10月サンフレンドから食鮮館タイヨーに社名変更
・2010年6月バロー子会社化
・2011年6月現在 17店舗(静岡市清水区で8 店舗、富士市で2 店舗、島田市で6店舗、藤枝市で1店舗)
・売上高 約143億円(平成21年3月実績) 
・惣菜はバローグループの中部フーズ㈱が運営(2010年より)
・チラシ、ポイントカード無。「ローコスト経営で得られた利益は、お客様と働く社員に還元」(HPより)
201106111238

  以下、訪問後の印象。
いつでもバローを名乗れるようになっています。
森社長がタチヤ社の横展(ヨコテン・好事例をそのまま全社展開すること)で導入した「作業場と売場の壁を取り払い、商品作り作業しながら販売する方法」はなくなっていました。
青果のコンテナ販売は残っていましたが、これは親会社のバロー社でも実施しているため、印象としては「ほぼ、バロー」。細かな違いはあるものの、全体印象としてはバロー化が推進されています。
簡単に食彩賓館的表現で言うと、タチヤ的手法は「ヒトで売る」。対してバロー社は「モノで売る」。
「ヒト」には、仕入れから売価付け、そして対面で大声出して販売したり、近隣の競合店に合わせて価格を変動させたりすることすべてが含まれ、「モノ」には、あらかじめ精査され、吟味し、検討を加えて世に出された商品のことを言います。
どちらも人が関わっているのですが、主役が「ヒト」なのか「モノ」なのかの違い。
簡単に言うと、食鮮館タイヨーは「ヒト」から「モノ」へ移行している最中だということ(もしかするとすでに完了しているかも知れません)。
タチヤ的販売は組織が拡大し、老朽化(働く人や設備)してくるとだんだん厳しくなると食彩賓館はずっと思っていました。逆にバロー社的販売は、働く人にとってはどうかはともかく、いつも言うように「売場面積を広げれば(店舗を増やし、商品の流通量が増大するという意味)利益が出る仕組み」を構築したバロー社が優位であると言えます。
 とはいえ、小型店で安定的な利益を出しつづけることは難しい。ちょっとした繁盛店でも近隣に競合店が出店したら、窮地に追い込まれて閉店する経過を長年、見てきました。
ビックポンド社から継承した小型店など、食鮮館タイヨー社にはいろいろと課題もあると聞いています。
何にしても勉強になった訪問でした。
●購入商品
20110611_3
・ながれこ がお値打ち、お買い得
・豆腐10円は正直に「賞味期限」と表示

●食彩賓館的印象
 (評価ではありません)
総合     ★★★☆☆
(悪くはないと思います)
装飾・備品★☆☆☆☆
品揃・商品★★☆☆☆ 
売場作り ★★☆☆☆
品質・衛生管理★☆☆☆☆
(オープンキッチンではないのが救い)
価格(当日)★★★☆☆
(バロー社価格と同様か少し低価格)
サービス  ★☆☆☆☆
リピート  ★★☆☆☆
視察向け ★★☆☆☆
(以前との違いを見たい人にとっては4ツ★)
繁盛感   ★★☆☆☆
(意外と混雑していない)
ワクワク感 ★★☆☆☆
(以前の食品館タイヨー社のようなワクワク感はない)

上記の★☆の説明はこちら
*************
●食鮮館タイヨー 三保店
静岡県静岡市清水区三保1216-2
℡054-335-1321
移転開店日 2008/10/23
改装開店日 2011/04/28
訪問日     2011/06/11
(食彩賓館紹介記事4/28) 

・旧サンストア社サンプラザ三保店を2008年移転オープン
20110611

 前社長が食鮮館タイヨー 社長就任後に出店した1号店と記憶しています(間違っていても指摘不要([E:bleah]))。
青果は売場と作業場の壁面がないまま。その他は以前の店を知らないので変化は不明。
惣菜売場で中部フーズ社の幹部の方が指導されていました。
それにしても客が少ないのが気になります。
*****************
●食彩賓館の食鮮館タイヨー社記事

・2009/10/17食鮮館タイヨー(富士厚原店、富士荒田店)
2010/06/24ビックポンドストアから食鮮館タイヨーへ
・2010/11/25食鮮館タイヨーBiVi藤枝店と志太系朝ラーメン
Pocket