食彩品館.jp

サンヨネ本店再訪(愛知県豊橋市)でチルドの干物「ヤナギカレイ」「初号アサヒビール」購入

Pocket

本日の記事
1本目は
・サンヨネ本店再訪(愛知県豊橋市)でチルドの干物「ヤナギカレイ」その他購入
2本目は
・【備忘録】新店・改装オープン 注目情報12/15
=================

サンヨネ魚町本店 
〒440-0894愛知県豊橋市魚町120
℡0532-53-1112
開店日    2011/03/24
初回訪問日 2008/05/17(外観記事) 
改装中訪問 2010/07/05(part1記事7/9) 
改装中訪問 2011/01/22(part2記事1/24) 
開店後訪問 2011/03/24(訪問記事3/25
201112111636  

 ここのところ、以前ほどはサンヨネ社の話題を聞かなくなったが、数年前は全国から視察に訪れる人が絶えなかった繁盛店(豊川店)を持っています。豊川店以外も地域の皆さんから支持されていて結構な繁盛振り。
食彩賓館は蒲郡店が好きだったんですが、最近、訪問する機会がないのでどうなっているのかは知りません。
安全安心にこだわった開発商品(何処にこだわったのか不明なものも一部あるが)もさることながら、魅力は青果・鮮魚・塩干・日配、特に地場商品の豊富さにあると思っています。
買いやすい単価で、地元から支持される売価を良く知っている。食彩賓館で言う所の「ここまで価格」(ここまでだったら支持されるだろう価格)なので、納得した買物ができるのも特長。

 豊橋市魚町にある本店を建替えて3月にオープン。過去記事を見るとオーブン当日に訪問しています。たまたま様子を見に行ったらオープン当日だったという幸運。
元々海産物問屋としてスタートしたサンヨネ社は鮮魚が強いことは知られていますが、特に乾物の品揃えが良い。そして安い。
食彩賓館は「安い」という表現を滅多に使わないが、サンヨネ社の乾物は確かに安いと思う。もちろん、品質に比して。
当日も干しエビといわし削りをザル盛りで販売していました。いいですねぇ。雰囲気があります。
新しくなる前の魚町本店は「さすが元問屋さん」という雰囲気があったのですが、新しくなってからはスーパーマーケット然としていてイマイチ、食彩賓館の好みとは違ってしまったのです。  
 が、商品は「さすが」を思わせるものが散見。

 当日は、晩酌のつまみ調達を予定していた某店で目ぼしいものが見つからず、替わりにサンヨネ本店に寄ったのです。売場と商品をじっくり見ていたら結構時間が経過。
青果では、国産のブラウンマッシュルームやカボチャの面白い品種なんかを見て、POPのコメントも確認。
最近、ディスカウント系のオープン特売ばかり見ているので、売価が高く思えてしまうが、来店された皆さんはどんどん買物カゴに入れているところを見ると「ここまで価格」になっていると推測。
鮮魚では、夕方なので商品は少なくなっているものの、対面に地元のニシ貝の盛り売りがあったりと、なかなか楽しませてくれる。
「天だねコーナー」というのがある。「生から作ったというのがウリ」。アナゴや太刀魚の巻き方も良いが、太刀魚は以前の巻き方の方が好み。なんにしても、手が入っています。
↓ 2008年購入商品
Photo_3
オープンキッチンですが、食彩賓館はサンヨネ社の鮮魚売場は「さかな屋さん」と思っているので衛生的な心配はスーパーマーケットの鮮魚売場ほど神経質に指摘しません。
精肉コーナーではしっかりとした商品を販売していますが、生ラム以外はオオっと思うような商品が見つからず、未購入。加工ハム関係もほぼすべてお試し済みなのでスルー。
惣菜の手作り品を蟹歩きで確認して洋日配売場へ。
野辺山牛乳の特売にちょっと食指が動いたが、牛乳は冷蔵庫に在庫があったことを思い出し、未購入。
グロサリーでは、オープン時にコーナーが埋まっていなかった場所に何が置いてあるのか確認。「なるほど」と納得して、品揃えを眺めていたら、思わぬ商品を発見。
「ほうらい泉の梅酒」。関谷自家製の焼酎で地元の梅を使った商品と完熟梅をつかった梅酒の2種。購入しなかったが、いつか試したい逸品です。
話はそれるが、先日の記事で紹介したフランスからやってきたワインの生産者がイチバン気に入った日本酒が関谷醸造の「美」だったことを思い出しました。関谷醸造だったら、どうしても「空」がイチバンと思ってしまうのだが、外人さんは先入観がないから。
食彩賓館もブランド品に惑わうことなく、きちんとした物差し(基準)で購入商品を選定したいと思っております。
肩書きよりも中身。知識よりも実体験。教育よりも自己研鑽。まだまだ先は長い。

●購入商品
20111211_1_3
・刺身用の小振りなヤリイカ購入。隣に陳列していた「アカイカ」は何故か「加熱用」と表示してある。消費期限もヤリイカが翌日までなのに、アカイカは加工日が同じなのに消費期限は当日限り。前日のバラ売り商品を本日、パックしたのだろうか。それとも鮮度の見極めをして消費期限を当日設定にしたのか。奥が深い。
ヤリイカはツルっと皮がむけて鮮度も良いが、刺身よりも煮たほうがさらに美味しくなるような気がします。
・「ヤナギカレイ」の干物。冷凍していないということで購入してみた。身がふっくらとして美味しい。ただし、かなり魚臭い。この魚臭さを美味しいと思うかどうかで評価が変わる。食彩賓館はこういった商品が好きです。
・ビール
20111211_1_4
・11/29新発売。1892年に発売された、現アサヒビール(株)の社名の由来となったビール。
Photo_4

●サンヨネ(愛知)
・2008/5/18繁盛ということについて思う サンヨネ
・2008/10/10豊川価格競争。サンヨネさん再訪問
・2009/7/16久々に豊川のサンヨネへ行って買い物
・サンヨネ魚町本店(仮店舗)と付近の商店(豊橋市)
・2011/01/24サンヨネ魚町本店と仮店舗で「関あじ」
・2011/03/25サンヨネ魚町本店店オープン
Pocket