食彩品館.jp

まるぎん二号で八丁味噌のまぜそば(愛知県岡崎市)

趣味その他|2012/03/24 posted.
スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

ガツ盛り拉麺 まるぎん二号
愛知県岡崎市昭和町字下川田10-2
営業時間 昼の部11:000~14:00
       夜の部17:30~22:00
定休日 水曜日
開店日 2009年11月30日
訪問日 2010年02月07日(記事2/8
訪問日 2010/05/16(記事なし)
訪問日 2012/03/11(記事3/24
201203112
愛知県西三河地方のラーメン店がコラボして地元の名物を創出したいということで世に出された「八丁味噌のまぜそば」。

・岡崎発 三河流まぜそば会
つけめん舎一輝(岡崎)、麺やOK(安城)、柳麺極つ庵(安城)、麺家さくら(半田)、末広(岡崎)、ばーばら(幸田町)、晴レル屋グループ、まるぎん二号(岡崎)、麺家轍(半田)

 各店、それぞれ嗜好を凝らした商品を提供しています。
まるぎん商店を選んだ理由は当日の予定地に近かったためと「まるぎん仕様の八丁味噌まぜそば」を食べたかったから。
 
 13:10に店到着。まだ外で10人待ち。いつもなら絶対に並んでまで食べたいとは思わないが、本日はこれを食べるのが目的。仕方なく列の最後尾に並ぶ。
ようやく13:30店内へ。中で10人待ち。自販機でまぜそばの食券を購入。しばらくすると店員さんがいつものように「ニンニク」 「アブラ」 「かたさ」のオーダーを聞きに来てくれる。「少」「少」「カタ」と伝えた。
食彩賓館がラーメン屋さんをリピートするのは珍しいのに、なんと今回で3回目。一回目は二郎系のボリュームに圧倒され、具材を食べただけで終了。二回目はなんとか麺を平らげることができたがスープは完食できず。
それではということで汁なしの「まぜそば」にチャレンジ。
オーダーは「八丁味噌のまぜそば 240g 800円」。私としてはレディースサイズで十分なんですが、まぜそばは360gと240gのみ。
 席に案内されたのが13:45。注文品が出て来たのが13:53。
まずは記念撮影してから箸とレンゲを使って混ぜる。具が多いので混ぜにくい。混ぜていると苦手なにんにくの香りがしてきた。「少」とはいえ生にんにくはキツイ。
けっこう混ぜるのに手こずる。隣の人に汁が飛ばないかと注意しながらソロリソロリと混ぜる。
そろそろかなと思って麺を口に運ぶ。麺はオーダ通りの「カタ」。味噌を混ぜた少量の汁に麺を絡める。結構イケる。つけ麺でさえ苦手な食彩賓館がこの手の汁なしそばをほめるのは珍しい。つけ麺よりはこっち(汁なしそば)の方が良いかもしれない。
問題は八丁味噌との相性。八丁味噌は煮込んで具材に味を染み込ませると本領発揮すると勝手に思っている。絡めて食べるものではないと思うが、味噌カツみたいな食べ方もあるしなあ。とか思いながら食べ進めると、やっぱ自分には量が多い。最後は器の底に残ったほんのわずかを食べ残してしまった。
美味しいと思うが、リピートはしないと思う。
さて、この八丁味噌のまぜそばは発売から2年経過して、地元の銘品として定着しているのだろうか。

 店を退店したのが14時。その時点でまだ15人ほど待っている。おそるべしまるぎん人気。
若者にとっては、味だけでなく見た目のイメージと具材の量も大事なんでしょうね。
Pop201203112
Photo

◇二号店 メニュー
・ラーメン240g(小盛)690円、360g(大盛)800円、480g(大大)900円、600g(大大大)600g1,000円、120g(レディース)600円。
・汁なし一号 240g800円、360g900円。
・つけ麺三号 240g700円、麺増し120g100円。
・八丁味噌のまぜそば 240g800円、360g900円。
・のせのせ(ヤサイ+肉増し)350円
・その他トッピング
・限定メニュー 台湾二号。
・2010/02/08ガツ盛りまるぎん二号(岡崎市)
・2012/03/24まるぎん二号で八丁味噌のまぜそば

◇まるぎん商店
岡崎市寿町13-20
℡0564-25-8578
メニュー
・豚骨醤油ら~麺680円
・塩 豚骨ら~麺680円
・塩台湾 ら~麺780円
・台湾味噌ら~麺780円
・博多豚骨ら~麺600円
・塩セレブなら~麺780円
・坦々麺 800円
・WILDつけめん780円
・全部盛り 350円
・その他トッピング
・ごはん150円、きざみ飯330円、台湾飯330円、名古屋コーチンたまごかけ御飯250円。
Photo

スポンサード リンク    

◇まるぎん本舗 (まだ未訪問)
愛知県豊橋市柱5番町11
℡0532-37-1019
開店日 2011/10/17
メニュー
・つけ麺
・まぜそば
===============
●岡崎市及び西三河のラーメン店に関する記事
・2010/02/08ガツ盛りまるぎん二号(岡崎市)
・2010/07/11ばーばら(幸田)
・2010/08/22麺創 なな家で醤油(豊田市)
・2010/09/26麺創 なな家でスガキヤインスパイア系
・2010/12/11麺の坊 晴レル屋(大府市)
・2011/01/09ラーメン家(安城市)萬来系
・2011/01/29鍋焼き味噌煮込みラーメン(豊田市)
・2011/02/20山の手虎玄で坦々麺(豊田市)
・2011/05/22とんこつ名人 かつみ屋(豊田市)
・2011/07/16麺の樹ぼだい(西尾市)
・2011/07/30柳麺 極つ庵(安城市)
・2011/10/01二代目虎玄でつけ麺(豊田市)
・2012/01/15豚骨 大岩亭(安城市)
・2012/02/12ラーメン極喰~(豊田市)
・2012/02/18麺創 なな家で魚貝(豊田市)
・2012/02/26本丸亭安城店(安城市)
・2012/03/24まるぎん二号で八丁味噌のまぜそば

●食彩賓館ラーメン記事は こちらの項目別記事一覧ページ中段付近に「●食事<麺類>関係」項目があります。

●以前、食べ歩いた時代のラーメン
2005年~2009年(フォト蔵)200枚ほど

 

スポンサード リンク