食彩品館.jp

新鮮市場やまと(サンカイ)で紅ズワイ2杯500円とか購入(静岡県浜松市)ヒバリヤグループ。

Pocket

●新鮮市場 やまと
(サンカイ 横須賀店 )
浜松市浜北区横須賀287
℡053-585-0222 
訪問日 2012/03/31
ヒバリヤグループ
↓ 2012/03/31撮影
201203311548
↓ サンカイ横須賀店(改装前)
Photo_2

 サンカイ横須賀店が開店したのが2010年10月2日。その後、「新鮮市場やまと」に変更。
このあたりの事情は不明だが、名古屋のスーパーやまとが浮かんだ。売場作りや商品提案も似ている。ただし、看板は「ヒバリヤ」のまま。
確認したところ「店名のみ変更」ということらしい。
「サンカイ」の名は店内のリカーショツプに残されている。

 店外にお買い得品をカーゴ車に積んで販売するスタイルはどこでも見かける。
贔屓の山本製粉のラーメンが安い。とりあえずカップ麺2種を買物カゴに入れる。
青果はタチヤスタイル。オープン作業場と平積み陳列。
価格は極端に安い物もあれば、そこそこの物まで幅広い。超目玉提案をちりばめながら市場でゲットした格安品を販売するスタイル。
外観から少し侮っていたが、この時点で気を引き締め直す。ヒバリヤ社のイメージではない。

 鮮魚はかなり力が入っている。鮮魚は当日売り切りスタイルのようで、夕方から値引きタイムサービスが始まる。
「サバ3本300円」「毛ガニ2ハイ1000円」「紅ズワイ2杯980円」。紅ズワイはもしかすると活きているかも知れないので2“匹”が正しい数え方かも([E:happy01])
20120331_68
紅ズワイ蟹の活なんて食べたことがない。ちょっと触ってみた。お亡くなりになっているようなので「1杯」が正しい数え方。どうしょうかと迷っていると、「2ハイ500円」の声。産地は・・・「愛知産?」。「愛知産なの?」と売場で確認したが「愛知産です」と答えが返ってきた。とりあえずモノは良さそうなので購入。結構、デカイ。紅が美しい。
20120331_67
塩ゆでして食べたが、ミソも結構詰まっていて、身もおいしい。一杯250円也。
その他、三の字が3尾1000円だったり、6800円のタカアシ蟹や3800円のアコウ鯛、1尾1000円の首折りアジがあったりする。
20120331_17
鮮度の見極めや相場を知っている人にとっては大変面白い買物ができる。これもタチヤに似ている。タチヤよりも売尽くし価格がいさぎよい(笑)
20120331_18

 精肉は1Kgパックなど渡辺流店舗(マルス、ウオダイ、アブヤス、ヤマト)の商品作りに似ている。価格は確かに安い。違うのは価格表示が「税込価格のみ」。グッドです。
オージーのショートリブの肩ロースが100g85円。

 成分無調整牛乳が1本100円。でも常温突き出し陳列。表面温度は11.5℃。オープンケースの中から引っ張り出すと表面温度は9.5℃。なんとかセーフなので購入することに。1本100円は買物1000円以上購入した人のみ。

 惣菜もお値打ち品が並ぶ。手づくりをアピールするため売場から見える位置(作業場内)で煮込み料理を作っている。しばし見入る。レシピ通りというよりはオバちゃんの長年のカン頼りの様子。
弁当は298円より。ただし、2割引きシールが全品貼られている。
セルフの味噌汁やごはんなどの販売も実施。
へぇ~。と感心しているとマルマツの包み餃子が188円で販売されているのを発見。

 ホント、外観だけじゃあわからないモンだ。楽しい買物が出来ました。
いつも言うように、鮮度と品質の見極めを客に要求するタイプの店舗です。

●購入商品
20120331_10
・2杯500円の愛知産(?)紅ズワイ蟹。茹でて食べたが、味が結構良い。安い買物ができた。

20120331_5
・イチゴ258円、カップ麺78円、牛乳100円、カレー職人68円、バナナ50円、青のり68円、川根茶78円。

●ヒバリヤに関する記事

・2008/9/15ヒバリヤ美和店(愛知) 
・2010/03/02ヒバリヤ新鮮市場三ツ合店
・2010/03/19ヒバリヤ新鮮市場多治見店
2012/03/23ヒバリヤ新鮮市場小土店
Pocket