食彩品館.jp

美伊屋(うまいや)(豊田市)で もりそばと豊田五平餅学会五平餅

●商品, 旅行記, 郷土・特産品|2012/06/23 posted.
スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

美伊屋(うまいや)
豊田市明川町カメヒラ6-8
℡0565-67-2588
営業時間 8:00~20:00
定休日 毎週木曜日
20120613

 「美伊屋」と書いて「うまいや」と読む。
国道153号線(飯田街道)を足助町から稲武方面へ向かう途中、伊勢神トンネルの手前にあります。
愛知県豊田市は人口42万人で面積は918k㎡、愛知県の約18%を占めています。
これほど広大な面積を有するようになったのは2005年の周辺6町村合併によるものだが、旧の豊田市は290k㎡に36万人だったので、いかに6万人の新豊田市民の居住する地域が広大なのかが想像できると思います。

 国道沿いの、しかも山奥の店でいろいろなメニューを取りそろえているとなると味への期待は少なくなるのが普通。なのに、今回食事した 「美伊屋」さんは その名の通り「美味しい」のです。
蕎麦は国産原料を使用した手打ち。同行した人の食した温そばの出汁もしっかりとしているという。
20120613_2_2

食彩賓館はざるそばに五平餅を選択。五平餅は食彩賓館でも取り上げたこともある「豊田五平餅学会」認定商品。270円で漬物もつく。
・米は豊田市産ミネアサヒやミネヒビキ使用
・愛知県産大豆フクユタカ原料の豊田市製造の味噌だれ
・豊田市の木の間伐材で作った「ほせ(平形の串)」や型抜きの食具
(ご参考記事:2011/09/25豊田五平餅学会)
20120613_2

スポンサード リンク    

これはなかなか宜しい逸品。満足。手作り感があり、“ほせ”の香りもグッド。なんといっても米のやわらかさがベリーグッド。市販のモノでは絶対に味わえない上品な食感。
・2011/09/25とよた五平餅学会

 ごちそうさまでした。また通りがかったらリピートさせていただきます。
==========
●食彩賓館の蕎麦に関する記事
・2008/6/24やぶそば(やぶ本店名古屋市)
・2009/4/9吉野家の蕎麦と【リーフウォーク稲沢その三】
・2009/5/1京都府宇治市吉野屋10割そば)
・2011/04/26アリオモール上田で佐助(そば)(長野県)
・2011/11/13そば蔵江南店(江南市)
・2011/11/27蕎麦 すぎむら(中津川市)
2012/06/23
美伊屋(うまいや)(愛知県)

 

スポンサード リンク