食彩品館.jp

鶏料理 花の木(愛知県豊田市足助町)で「アスケタウン・グリルド・チキン」を購入。

スポンサード リンク                       

■ゴールデンウィーク稲武(愛知県豊田市)
鶏料理 花の木
道の駅 どんぐりの里 いなぶ
蓬莱泉吟醸工房と木材需要促進センターモッキー
和食ニコ天でタラの芽とうなぎ丼
パレット(足助)訪問記
■4月に稲武へ行った時の話
地材料理 山武喜で山菜天ぷら御膳

Photo_8
==============
鶏料理 花の木
愛知県豊田市富岡町花ノ木1
℡0565-62-0190
営業時間
10:30~18:00
定休日
水曜日・第三火曜日
20130502asuke_hananoki

 稲武行の帰り。この店、豊田市では結構有名です。休日は昼時に限らず混雑します。
食事をする店というよりはショップに併設されたイートイン的な風情。
20130502_15_2

昼食はすませているので夕食用に持ち帰り予定。なので稲武を出発する時に電話をして予約。「半割でそのまま」。
私、ペーパーですが、一応、食肉技士です。牛・豚・鶏・マトンを捌けます(といっても33年前に会社から派遣された教育機関でちょこっと習っただけ)。なので「半割のまま」をオーダーしたが、お願いすれば食べ易いように解体してくれます。
半割で1400円と聞いていたのですが、それは定食の価格。今回購入した半割単品価格は910円でした。この価格だったら丸でも良かったかなと思ったものの、これでも意外と食べ応えがあり、結果的に我が家的小食家族2.5人分という感じでした。
20130502

人気の理由はそういった価格的なお値打ち感よりも、鶏生産者直営ということで原料の質が良い事とブライラー臭さを感じさせない料理方法にあります。
味付けは塩・コショウだけかと思いますが、もしかすると秘密の調味料を使っているのかも知れません。
「焼きとり」という品名から想像するモノとは違います。私は“アスケタウングリルドチキン”と勝手に呼んでいて、万人受けする味に調整されています。宮崎で食べるような地頭鶏のもも焼きみたいな、味付けも肉の食味も濃いタイプの料理ではありません。
中心部は当然、スパイスの味が強く染み込んでいないため、その鶏本来の味を楽しめます。もちろん中心部になるとジューシー感はなく、パサパサに近いノーマルな鶏肉料理なんですがそれがまた好印象。
皮はグリルチキンなので当たり前にパリパリです。

スポンサード リンク    

 おいしくてそこら中、走り回るというほどでもないのですが、愛知県内の味付け加工鶏肉販売店としてはなかなか良い。
ということで、次回は唐揚げを購入したいと思います。

=============
●足助及び周辺に関する記事
・2012/08/13香嵐渓の夏紀行・三州足助屋敷
・2012/12/01香嵐渓の紅葉(秋シリーズ1)
・2012/12/08足助中馬街道散策①西町界隈
・2012/12/09足助中馬街道散策②新町界隈
・2012/12/15足助中馬街道散策③本町界隈
2012/12/16足助中馬街道散策④田町界隈
・2012/12/22段戸高原で食のプロ集団の集い
・2012/12/23段戸高原から作手そして新城へ
・2013/05 道の駅 どんぐりの里 いなぶ
・2013/05 蓬莱泉吟醸工房と木材需要促進センターモッキー
=================
●愛知県豊田市の食事記事
2009/12/26餃子の王将岡崎インター付近

・2010/08/22麺創
なな家で醤油(豊田市)

・2011/02/20山の手虎玄で坦々麺(豊田市)
・2011/05/22とんこつ名人 かつみ屋(豊田市)
・2011/10/01二代目虎玄でつけ麺(豊田市)
・2012/02/12ラーメン極喰~(豊田市)
・2012/02/18麺創
なな家で魚貝(豊田市)

・2012/05/26山の手虎玄で“塩”(豊田市)

・2012/06/23美伊屋でもりそば(豊田市)
・2012/08/10塩の道づれ家でそばと藻塩
・2012/09/02しら川(豊田市)で釜あげうどん
・2012/12/02足助の洋食屋 参州楼(豊田市)
・2013/05 鶏料理 花の木(豊田市足助)
・2013/05 地材料理 山武喜 (ヤマブキ)(豊田市)
・2013/05 ニコ天でタラの芽の天麩羅とうなぎ(稲武)

 


スポンサード リンク