食彩品館.jp

まぐろ 竹原(勝浦)で天然生本まぐろに遭遇。定食1575円(メニューは外税表示の1500円)。ブツ切りと下駄の歯造りで部位混盛りだが鮮度はイマイチながら結構満足。人気は品質(といってもある程度のレベルは期待できる)ではなくコストパフォーマンスか?

スポンサード リンク                       

◇熊野~那智勝浦周遊
G熊野速玉大社と神倉神社(新宮市)
JAみくまのAコープなち B とランティス F
Cふじの醤油(和歌山県那智勝浦町)
A まぐろ竹原(那智勝浦町)
オークワ熊野店(三重県)
A 那智勝浦港周辺の温泉景色
E きよもん湯(那智勝浦町湯川温泉)
Photo_2
=================
Photo_9

まぐろ 竹原(勝浦)
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字築地4-23
℡0735-52-1134
営業時間
11:00~14:00
17:00~21:00
実食日 2013/05/25
20130525_1_2

 
さて、桂城にするか竹原にするか。迷っていたら竹原さんに到着。時間は夕方営業開始である17時を少し過ぎた頃。すでに近くの無料駐車場(3台)は満車。
駐車違反覚悟でその辺に停めておくという度胸がないので桟橋に近い400円/時間の有料駐車場へ。いつも思うけどこの有料駐車場は高い。値段表示も見当た
らないという不親切さを知っていながらも、市場の駐車場へ停めてちゃっかり食事だけ別の場所へなんて根性もないし。その駐車場から少し歩いて店へ到着。
 カウンターのみの店内は10席ほど。すでに満席。後ろ席で座って待っている間にメニューを確認。芸能人のサインや写真が飾ってある食堂は評判ほど美味しかった経験が少ない。少し不安になる。いつもの桂城にしておけばよかったと少し後悔。
20130525_4_4

すぐに席が空き、カウンターの端へ座る。カウンター内にいる異国の女性に刺身定食を注文。メニューは1500円ですが、外税表示のみ。小さく手書きで消費税
5%別と書かれている。これはいけません。大きく税込価格を表示しましょう。もちろん、店の人には直接、注意はしません。もうすぐ消費税が増税される時に
は一時的に「税抜き価格」が許
可されるかも知れません。3~5%の消費税時代に税抜き価格表示を維持していたのだから、ここまで来たら増税されてからの売価変更をお勧めします([E:happy01])。

 まぐろの希少部位は後で追加で頼むことにして、まずは基本のまぐろ刺身定食1575円(メニューは外税1500円表示)を注文すると、すぐに出てきました。
本まぐろです。季節限定、ゴールデンウィーク前後から5月にかけては本まぐろが同じ価格で出ます。本まぐろでこの価格だったらナイスですが、さて実食した印象はどうだったでしょうか。
20130525_7_2

 刺身の切り方の「下駄の歯」造りですが、これは「下駄の歯“風”」ですね。刺身の半分は下駄の歯で半分はブツ切りです。
ブツ切りや下駄の歯で造る刺身の利点は舌の旨味を感じる部分にうまくあたるような表面積。試食なんかでサイコロ状にまぐろの刺身を提供するスーパーなんかは良く知っているのですが、薄く引くよりは少量で旨味を感じてもらえます。
そういったことを知ってか知らずか、竹原さんでは厚めの下駄の歯造り風。

位は中トロに近い赤身から尾に近いものまで混ぜ盛り。一部、変色していたりパサツキのある部位もあるが一応、本マグロ。これは意外だった。良くてメバチ、
たぶんキハダ かトンボと思っていたら、勝浦に本鮪が揚がる時期でよかった。そうなると気になるのが、冷凍か生か。はたまた養殖か天然か。
那智勝
浦に水揚げされ
るのは生マグロのみと聞くし、養殖はもう少し南部の串本が本場。よって、天然生本まぐろと推測するが、いかんせん鮮度落ちが気になるのと、赤身が゜若干、
脂っぽい色が混じるので養殖かもしれない。おそらく魚体の小さな本まぐろ(もちろん本メジのようなサイズではない魚体だが)と予想。
もしかすると仲買さんや店で保管されていた本まぐろなのかも知れない。
ということで、実食商品は天然生本まぐろではないかと期待を込めて推測。

 たまねぎサラダが付く。たまねぎサラダの下には酢でしめた白身魚が出てきた。これは嬉しいサプライズ。マグロの炙りのカルパッチォなんか食べたくないのでちょっと嬉しい。
味噌汁の味も良い。白きゅうりの漬物も良い。ごはんも夕方営業開店時間直後なので炊きたてホカホカ。料亭じゃないんだから、料理の程度にはあまり期待していませんでしたが、ほのぼの感のある荒削りな調理方法が良い感じ。

 
実は、今回はマグロではなくカツオに期待していました。以前、舞阪(静岡県浜松市)の記事でも書いたり、葉ガツオの鮮度のことを紹介したり(和歌山県新宮
市・三重県紀伊長島等)、ケンケン鰹(名古屋で新宮で、大阪で串本で)のことを記事に書いたりしたのですが、産地へ行くことで本当の味を体験できる魚種でない
と、現地まで行ってわざわざ食す意味がないように思っています。
この時期はスバリ串本で揚がる「しょらさん鰹(ケンケン漁)」が目当て。本当は串本まで行く予定だったんですが、時間切れで那智勝浦までで断念。もしかすると(あるかも知れない)という期待もあったのですが、鮮度の若干落ちた天然生本まぐろで我慢することに。
この天然生本まぐろを食した後で、希少部位を注文するのもナンだと思い、結局、定食のみで退店。
竹原さんの人気はコストパフォーマンスが良いことと、時期によっては天然生本まぐろのナイスな商品に出くわすことができる可能性があることと推測。
よって今回は1575円で天然生本まぐろ風のそこそこ満足できる商品にあたったので、まあまあ満足。

んといっても那智勝浦で数回、「生まぐろ」と表示された店で実食しているのですが、大抵はキハダかトンボだったりします。時にはキメジ(良くて本メジ)
に出くわしたこともあります。行ってみないとわからないところが、観光客にとって辛いところ。でも、食彩賓館のようなタイプの人にはそれこそ現地へ出向く
価値のあるところ。ある程度商品知識があると素人でもアレコレ推測して楽しむことができるのが那智勝浦の良いところでもあります。
 自分自身が満足できれば他人の評価は気にしないことがイチバン。また、普段、全国各地の生マグロを食べ比べとかしていない観光客が紀伊勝浦までやってきて地元の料理店で食べたことを喜んでいるのだから、それはそれでよいのではないかと。
キハダだろうがトンボだろうがメバチだろうが時には驚くほど素晴らしい逸品に出会うことができます。
なので「産地まで行って食べる場合はそれなりの運が必要」であることをしっかり念頭において、たった一度の経験ですべてを語らないようにしています。

 私は今回、結構、満足してますよ([E:coldsweats01])。清水焼津(いずれも静岡県)で食べた時よりは。
●その他勝浦の飲食店
桂城
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦398-11
℡0735-52-1845
定休日 月曜、第4日曜
営業時間
 11:30~13:40(閉店14:00)
 17:00~21:30(閉店22:00) 
実食日 20世紀に1~2回
      2000年以降2~3回
Photo_6

おがわ
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地2-4-3
℡0735-52-5602
定休日 木曜日
業時間
・11:00~14:00
・16:00~22:00(L.O.21:30) 
実食日 2007/11/29 ↓ イルカと生トンボ
20071129

その他 撮影日 2013/05/26↓

20130525_2_3
================
●鮮魚に関する記事(一部のみ紹介)

・2008/5/12京都でサバ煮(上賀茂 今井)

・2008/6/19紀州のいい鮮魚「クックガーデン」(和歌山)

・2008/7/13まぐろ中トロ&赤身+醤油

スポンサード リンク    

・2008/8/11カブトビールとひおうぎ貝
・2008/8/21赤メゴチ、田楽みそ(中利)、焼白えび
・2008/8/25常滑・知多遠征「紫カニ」

・2008/11/07うつぼの干物とカツオのハラモ

・2008/11/15
「めはり寿し」と「さんま姿寿し」

・2008/12/16伊勢~三重県南部(さんま丸干)
・2008/12/21赤ブダイとゼネラルネクルート
・2009/1/27美浜町のおおいわスーパーでフグ刺身
・2009/1/18伊勢・志摩の食材でてこね寿司を作る
・2009/2/8 
一色さかな広場で寿司

・2009/3/7 「プロスパー幸田憩いの農園」(愛知) 

・2009/3/27JA紀南AコープVASEO(ヴァセオ)(和歌山) 

・2009/4/14道の駅近江母の郷。鮒寿司など湖魚

・2009/5/9紀南農協Aコープクックガーデン(和歌山) 

・2009/5/10とれとれ市場南紀白浜と中辺路 

・2009/6/21知多半島地魚求めて師崎~豊浜
・2009/10/3御前崎海鮮市場なぶら市場
・2009/10/10
MV沼津南店と長泉竹原店

・2009/11/28三重県熊野市の水谷水産へ寄る
・2009/10/31蓬莱軒本店(蓬莱陣屋) ひつまぶし

・2009/11/2今度は「いば昇
本店」で櫃まぶし

・2009/12/18主婦の店長島店と東熊野街道。さんま丸干
・2010/1/9回転寿司で本クエ、トラフグ、大間産本まぐろ
・2010/1/11紀伊長島マンボウでマンボウと鮫(三重県)
・2010/02/27三重県紀伊長島「まるます食堂」へ
・2010/03/30JAみくまのランティスで地ウニとムツの刺身。ヨラリ

・2010/04/05フードオアシスあつみ山田店 伊良湖産直鮮魚
・2010/04/16サニーマート南店の改装と高浜の鮮魚(福井県)
・2010/04/18丹後半島(舟屋で北陸の鮮魚とへしこ)

・2010/04/27峰山で丹後の旬を堪能。新子イカ、氷魚
・2010/05/01道の駅舞鶴港とれとれセンター(京都府)
・2010/05/16天然真鯛、ノドグロ、クリスピークリームドーナッツ
・2010/05/22熊野と新宮。オークワ南紀・熊野とランティス
・2010/07/22昼食はさんま寿司。帰りに主婦の店長島店
・2010/07/27紀伊長島の上野商店再訪
(味醂干)
・2010/08/07JA遠州中央天竜山の市でウキゴリ(イサザ)購入
・2010/09/05スーパー゙ンターオークワ南紀で本まぐろ寿司

・2010/09/29オークワ美濃加茂店で戸井産本マグロ
・2010/11/15バロー藤枝店は“準EDLP店”。アカヤガラ

・2010/12/18オークワ有馬店でイラギ、サンマ丸干、本マグロ
・2010/12/31宮津バーガー、今文水産でセコガニ「店と点」
・2011/01/11オークワスーパーセンター南紀店。赤マス
・2011/01/14廻鮮にぎりや 海宝新宮店でふぐや本くえ等
・2011/01/15熊野と伊勢志摩の正月。魚介類と郷土料理
・2011/01/24サンヨネ魚町本店と仮店舗で「関あじ
・2011/03/07福井嶺南地方「サニーマート南店」
・2011/03/25サンヨネ魚町本店店オープン

・2011/04/27マツヤ丸子(朝炊直送ホタルイカ)
・2011/05/10オークワ 徐福寿司、和牛タン、ひろめ等
・2011/05/12JAみくまの地ウニ、オコゼ、ケンケン鰹
・2011/07/31土用の丑のうなぎ焼場について
・2011/12/29からすみを食す
・2012/01/14かますの姿寿しと元祖丼(秀)
・2012/02/02オレンジ風味〆さば(しめ鯖)(焼津市)
・2012/02/02チルドの自家製干物(焼津市)
・2012/02/06生ビンチョウマグロの消費期限
・2012/03/15宍道湖産の大しじみ
・2012/05/12勝浦漁協クロマグロ缶、じゃばらラス
・2012/05/14ケンケン鰹(すさみ漁協)松源にて
・2012/05/19まぐろ無人販売続報(和歌山県)
2012/05/24桜鯛、おにおこぜ、三種のオ・レ、柿安
2012/05/28阪急オアシス自家製干物
・2012/05/31オークワ南紀。串本産ながれこ、新姫
・2012/05/31一本モノ鰹、紀州カレーしし肉、塩麹(新宮)
・2012/06/01吉川水産で釜揚げしらすと生しらす丼
・2012/06/04朝獲り鮮魚ダツ、トビウオ。富山産白エビ
・2012/06/20自家製干物製造機(スーパーラック編)
2012/06/21バロー小土店で尾赤あじ(静岡県)
2012/07/30オークワ安八店で朝日ガニ、弁当198円
・2012/08/07ザ・ビッグエクストラ弥富店自家製干物
・2012/08/23尾鷲 おとと、メイチダイ
2012/09/12清水魚市場おさかなセンター
・2012/09/22回転寿し 源 田原セントファーレ店
    どんぶり街道「セントファーレ丼」

・2012/09/26マグフーズ六ツ美店。シマイサキ他
2012/11/05朝どれ鮮魚。あつみ田原店
2012/11/13越前セイコ蟹。タグ付き

・2012/11/22ユースで購入黄色タグ付セイコガニ
・2012/12/24非冷凍のアジの干物、ミナミマグロの刺身
・2012/12/24用宗港の伊勢海老、バチマグロのカマ
2013/01/14オークワ南紀、大間本まぐろ
・2013/01/16トミダヤ巣南店の川蟹
・2013/01/19廻鮮寿司 錦 新宮店
2013/01/23道の駅紀伊長島まんぼうでマンボウの串焼き、与太呂寿司、種まき権兵衛ラーメン
・2013/02/03大松屋食堂(田原市)
・2013/02/22もりもり寿司滋賀竜王店
・2013/04/20海鮮食家 福一丸。花鯛と鰹
・2013/05/26ニコ天(稲武)天ぷらと鰻

・2013/05/30割烹 大船(浜松市)カツオ
・2013/06/07まぐろ料理 竹原(紀伊勝浦)


スポンサード リンク