食彩品館.jp

葦毛湿原(いもうしつげん:愛知県豊橋市)モウセンゴケの花を見に行く。トウカイ“コ”モウセンゴケとミミカキグサにミカワバイケイソウも。

趣味その他|2013/07/21 posted.
Pocket

葦毛(いもう)湿原
愛知県豊橋市岩崎町長尾地内‎

豊橋観光コンベンション協会
20130627_26

 この湿原が貴重なことは重々承知。
まず、湧水が常に流れる場所にある特殊な湿原で、北方系・南方系の温寒冷植物が混在し、さらに湿生植物と乾正植物も混在していること。
尚且つ、豊橋市という愛知県第五位人口37万人の中核市近郊にあるということも魅力。
「ミニ尾瀬」とか言われることもあるが、それはオーバーとしても(失礼)、東海地区独特のさらに同地域最大規模の特殊な湿原です。
普通に見ることができる植物を簡単に紹介すると・・・
地域固有種である“ミカワ”を冠したミカワバイケイソウ、ミカワシオガマ・ミカワシンジュガヤや伊勢湾要素植物のシラタマホシクサ群落をはじめ、ヌマガヤ群落・イヌツゲ群落・ハンノキ群落等々。モウセンゴケ・トウカイコモウセンゴケ・ミミカキグサなどの食虫植物。
約250種ほどが自生しているということです。

 今回の訪問目的は、この季節(6月~7月初旬)に咲く「モウセンゴケ」の花を見るため。
実はコケが趣味でして(笑)。この嗜好は親子二代ということで、母が良く父と似ていると笑います。
↓ モウセンゴケ(2002年頃に栽培・撮影)
14100902

苔好きのあまり和歌山田辺の南方熊楠顕彰館(2009/08/19記事)まで行ったことは食彩賓館の記事でも紹介済み。

 さて、豊橋市のはずれといっても中心部から車で10分もかからない場所に長尾池があります。その脇の駐車場に車を停めて約750メートルほど林間の歩きやすい平坦な道を小川沿いに遡ります。
20130627_4

そうするとちょっとした広場に出て、そこに葦毛湿原の紹介看板が立ち並んでいます。
20130627_4_2

20130627_5_2

そこから湿原の散策路に入るのですが、しばらく歩いていると小さな白い花が咲いていることに気付きます。
それが目的のモウセンゴケの花。自宅で栽培していたコモウセンゴケとはまったく異なる印象なんですが、モウセンゴケは葉が立ち、コモウセンゴケは葉が立たない。
20130627_5

この湿原ではそのモウセンゴケとコモウセンゴケの中間種である「トウカイ“コ”モウセンゴケ」を見ることができます。ただし、トウカイ“コ”モウセンゴケは
午前中の太陽が照っている時にしか花が開かないということなので、今回は開花を見ることができませんでしたが、モウセンゴケの中に混在しているのを確認す
ることができました。
20130627_34

 黄色の花はミミカキグサで、こちらも小さな花なので見逃してしまうところでした。残念ながらハッチョウトンボは確認することができませんでした。
20130627_1

 ところで2013年1月~3月に植生回復作業が実施されたようで、少し荒れた場所がありますが、経年するとどのように回復するのか楽しみです。
20130627

5月に咲くというミカワバイケイソウ群落の場所を確認して帰ることに。
20130627_1_2
駐車場には20台から30台の車が停車していますが、湿原には2~3人ほど。皆さんハイキングで山の方へ向かった模様。
良い湿原です。花の時期に合わせて再訪したい。

===========

◇植物・花・樹木・山野草・自然に関する記事
・2015/06/12アテビ平(長野県売木村・うるぎ)イチヨウラン
http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=26276
・2015/06/11茶臼山高原(愛知県と長野県の境)芝桜
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=26241
・2015/06/10JA西三河西尾市憩の農園でバラ(愛知県)
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=26230
・2015/05/16花と緑と水の里(仮称)ファーマーズマーケット(三重県)
http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=25674
・2014/09/17久屋大通庭園フラリエ(旧 ランの館)(名古屋市)
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=18707
★・2014/06/02十津川村の山野草店(奈良県)コメツツジ、ムギラン
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=10441
・2013/11/23段戸高原の紅葉と原生林。そして屋外料理
http://wp.me/p66ssl-2tM
・2013/07/21葦毛湿原(愛知県豊橋市)モウセンゴケ
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=8861
・2013/06/22谷汲山 華厳寺(岐阜県)山採り石楠花
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=8693
・2013/06/13霊山寺本堂(国宝)とバラ園(奈良市)
http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=8659
・2013/06/04道の駅どんぐりの里いなぶ(愛知県)ミズゴケ、石楠花
http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=8588
・2012/12/23段戸高原から設楽・作手の里の秋冬(愛知県設楽郡)
http://wp.me/p66ssl-20g
・2012/12/01香嵐渓の紅葉(愛知県豊田市足助)
 http://wp.me/p66ssl-1YC
・2012/11/23段戸高原の紅葉と屋外料理(愛知県設楽郡)
 http://wp.me/p66ssl-2tM
・2012/08/13香嵐渓の夏紀行(豊田市足助町)
 http://食彩品館.jp/?p=7072
・2012/08/12山野草。クジャクシダ(愛知県足助)百年草
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=7069
・2012/08/11段戸高原で夏の屋外料理(愛知県設楽郡)
 http://wp.me/p66ssl-1PW
★・2011/05/11五郷山草店(熊野市)山石楠花とカヤラン、ムカデラン
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=5431
・2010/07/31グリーンセンター音羽(豊川市)イワタバコ
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=4819
・2010/05/23谷汲山華厳寺(岐阜県)山採り石楠花
http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=4672
・2010/04/04庭やベランダの山野草。シュンラン、ムカデラン
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=4567
・2009/05/10中辺路の山野草店(和歌山県田辺市)
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=16002
・2008/09/03バラの思い出と建替(食彩品館.jpのこと)
 http://xn--jvrv1w3s0coia.jp/?p=3664

・2008/4/21春の山菜(奥三河) 
・2008/8/22桜の木が・。農薬なんかについて
・2008/9/03バラの思い出と家の建替え
・2009/5/2京都 西山で朝掘りたけのこ
・2009/5/29長野の山菜(根曲竹 他)
・JA能登で「淡竹」(石川県)
・2009/5/10とれとれ市場と中辺路の山野草店
・2010/04/04庭やベランダの山野草が動き出す
・2010/05/23和石楠花とイワヒバ購入
・2010/07/31グリーンセンター音羽で山野草購入
・2011/04/17日曜日に見た我が家の庭の植物
・2011/05/08五郷山草店(三重県熊野市)
・2011/05/28木つつ木館ネジラン
・2012/02/14つるグミと日本春蘭
・2012/04/17桜祭り(愛知県蟹江町)
・2012/05/16無農薬栽培という表示
・2012/08/12百年草、こもでしの会、クジャクシダ(足助)
・2012/11/16飛騨神岡山採りクリタケとヒラタケ。クジャクシダ
・2113/06/22山採りの石楠花購入(岐阜県)
・2013/07/21葦毛湿原(豊橋市)でモウセンゴケ

Pocket