食彩品館.jp

ウジタフードフードエレガンス(和歌山市)角長醤油、泳ぎハモその他。まかない亭。

スポンサード リンク                       

●ウジタフードフードエレガンス
和歌山県和歌山市古屋82-1
℡073-452-0331
20130815_ujita_food

 新店オープンした店をナビに登録して、さらにその間にある神社仏閣・国宝・諸国一宮・西国三十三ケ所等々もナビ登録。
そういった場所を訪問しながら気になるスーパーがあると寄り道訪問をするというのが食彩賓館の遠征パターン。
オークワ全店訪問を目指してるので、和歌山市未訪問のオークワプライスカット西庄店を訪れるために加太方面に行った際、偶然、この店の前を通過。いつもの寄り道訪問記録です。
 ギフト品を店の入口からサービスカウンター周りに配置しているのですが、贔屓の湯浅角長の醤油セット等、地元食材のギフトやサービスカウンターのキャラバンコーヒーの珈琲豆対面販売など、面白い取り組みや品揃えを発見。
201308152_43

 店内でも鮮魚売場奥に薄暗いスペース発見。近くまで寄ると巨大な水槽でした。ハモや活魚が泳いでいます。まるで活魚専門仲卸さんの水槽のような設備です。
「本日出漁していないので夕網市はございません」というPOPを表示してありますが、前日漁の残品でしょうか、下荘漁港表示の商品が売場に並んでいました。前
日漁とはいえ、鮮度は良好です。通常仕入れの鮮魚には「和歌山産」という表示で、地元漁港からの商品には「下荘漁港」という表示で差異化しています。
また、今回の遠征で訪問した100店近いスーパーの中で、新物の生さんま(599円/尾)を販売していた唯一の店舗です。
201308152_43_2

 精肉も黒毛和牛を中心に高単価商品をメインに販売。客層のレベルの高さがうかがえます。
日配・ドライ食品も全国の銘品を品揃えしていて見ているだけでも楽しくなります。
ということで、旅行先の中日ということで買物を控えましたが、まだまだ試してみたい商品が多く、「何を買うのをやめるか」という贅沢な店舗訪問でした。食彩賓館にとって「楽しい店」ですね。

★購入商品
20130815_30

・くまもんシリーズ

20130815_2

20130815

・角長醤油。

20130815_14

・活ハモ湯びきと海藻サラダ

20130815_30_2

スポンサード リンク    

・この味はなかなかのモノです。手作り感バッチリの弁当と惣菜。

20130815_30_3

・茶がゆ、羽衣あられの黒コショウ味。

20130815_26

・佐藤の麦焼酎。

==============
◆資料
20130815_1

201308152_2

Pop201308152_43

201308152_156

=======================


スポンサード リンク