食彩品館.jp

オークワ東海食品センター(仮称)開業前訪問覚書(part4)2013年10月稼働予定。投資回収11年。取扱高380億円。

オークワ・パレ|2013/09/23 posted.

20130914_1

●(仮称)オークワ東海食品センター
愛知県春日井市明知町字頓明1514-88
   (明知工業団地内)
稼働予定    2013年10月予定
敷地面積55,200m²(16,698坪)
建物面積20,642m²(6,244坪) ※4棟合計
延床面積48,671m²(14,723坪) ※4棟合計
総投資51億円   投資回収11年
取扱高380億円(初年度予測)
計画発表記事 2012/10/04(part1記事10/4)
開業前訪問日 2012/10/13(part2記事10/27)
開業前訪問日 2012/11/21(part3記事12/6)
開業前訪問日 2013/09/14(part4記事)
↓ 撮影日 2013/09/14
20130914okuwa_tokai_shokuhin_center

Photo_2

Photo_3

◇施設概要
~ローコストを無理なく合理的に維持するために、オークワは最新のIT技術で店舗情報システムを構築するとともに、効率的な物
流ネットワークを確立しています。
GOT(発注を中心とする店舗業務に活用される「携帯情報端末」)、POS、EOSが連携した情報交換システムにより、変化する情報を有機的なネットワー
クでリアルタイムに共有化。「店舗」「仕入れ」「生産現場」「本社」が直結することで、ニーズの多様化・商品のライフサイクル短縮化に対応しています。~
オークワホームページより抜粋

◇隣接のレンゴー施設
20130914_2

=================
【以下、過去記事より抜粋】

↓ 撮影日 2012/11/21
20121121_1_2
↓ 隣地は「レンゴー」の建物を建設中
20121121_4
↓ 丘の入り口に看板設置
20121121_10
***************************
↓ 撮影日 2012/10/13
20121013_10
******************

1_2

東海圏における売上高1,000億円の達成を視野に入れたオークワ社としては最大規模の物流インフラ。最大取扱い規模としては、常温在庫型(ドライ)センター機能は150店舗、低温通過型(チルド)センター機能は100店舗をカバー、総取扱高は900億円までが可能。
・2007年11月オークワ愛西プラザ店(愛知県1号店)
・2013年2月期 28店舗 約450億円(パレ子会社化による)

■東海センター 概要
 敷地面積 55,200㎡(16,698坪)
 建築面積 20,642㎡(6,244坪)
  ※4棟合計
 延床面積 48,671㎡(14,723坪)
   ※4棟合計
 総投資 51億円
 投資回収 11年
 取扱高 380億円(初年度予測)
◇物流センター(常温在庫)
 建築面積 8,180㎡(2,474坪)
 延床面積 22,603㎡(6,837坪)
◇食品センター(低温通過)
・畜産・水産PC・農産加工
 建築面積 11,023㎡(3,334坪)
 延床面積 19,120㎡(5,784坪)
◇駐車場   354台
 建築面積 1,384㎡(419坪)
 延床面積 6,893㎡(2,085坪)
◇排水処理施設
 建築面積 55㎡ (17坪)
 延床面積 55㎡ (17坪)
◇合計
 建築面積 20,642㎡
        (6,244坪)
 延床面積 48,671㎡
        (14,723坪)

=============
■参考 既存センター
・和歌山物流センター(和歌山市)常温通過
・泉佐野流通センター(大阪府)   常温在庫
・和歌山食品センター(和歌山市)
      低温通過、畜産・水産PC
・関流通センター(三重県亀山市)
      常温通過、畜産・水産PC
・関流通センター 蟹江サテライト(愛知県蟹江町)
      常温通過、低温通過
・みはま食品工場・流通センター
   (三重県御浜町)
      常温通過、畜産・水産PC
↓ みはま食品センター 2010/4/10記事より
20100313001