食彩品館.jp

和Dining こうや(豊田市下山地区)でジビエ。「いのししカレー」とナチュラルA産直広場(豊田市神田)でとても辛いピーマン購入。

趣味その他, 郷土・特産品|2013/09/27 posted.
スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

和 Dining こうや
愛知県豊田市大沼町八沢45-1
℡0565-90-2055
営業時間
(ランチ)11:00~14:00
(ディナー)17:00~21:30
定休日     木曜日
下山観光協会内ホームページ)

20130901dining_1

20130901dining_1_2

 豊田市は平成の合併後、愛知県で一番面積の広い市になりました。西は尾張に接し、北は岐阜県・長野県に接します。豊田東インターまたは豊田松平インター経由で国道301号線を利用して奥三河方面に向かうのですが、下山地区へ入ってから、途中、三河湖方面へ入ります。
今回、訪れた「こうや」は豊田市下山支所に近い、大沼の中心街にあります。
 飲食店なのに「こうや(紺屋)」という名称。不思議だなと思っていたらもともとが染物屋「紺屋」だったとか。その後、製麺業を経て、現在の飲食店に。飲食店になってからでも50年経過するという。
この店のウリみは「いのしし」をリーズナブルな価格で、尚且つ、食べやすく提供してくれること。
猪はこの三河山間部で獲れたものを使っているとかで、「しもやま五平丼」などの味噌味や今回、食したカレーなどに使われています。
そういえば、同じ豊田市の足助地区で いのししコロッケをいただいたように記憶しています。
20130901dining

 さて、いのししカレー。
この料理を見て感心したのはカレーの上に別途、猪肉がトッピングされていること。
カレーに混じっている猪肉はサイコロ状の肉で、カレーの上に乗っている肉はスライスして焼いたもの。
良く考えられていますね。いのしし肉はクセがあってなれない人にはチトきついのですが、カレーとして煮込んだものはもちろん、上に乗ったいのしし肉の匂いも気になりません。
適度に食べ応えがあり、さらに肉そのものの味もグッド。
気軽にジビエ、しかもUn sanglier sauvage naturel をいただける幸せをかみ締めながら美味しくいただきました。
20130901dining_3

◇食彩賓館 ジビエに関する記事
2009/01/28猪ジャーキーと鹿ソーセージ(愛知県)
2013/02/02ぼたん鍋御膳(奈良県宇陀郡)
2011/10/10かつっ茶バーガー(キジ肉)(三重県)

==================

スポンサード リンク    

 「こうや」を出た後、三河湖近隣へ私用で寄り道。その後、岡崎方面にこれまた私用で向かうことに。
ナビの誘導通りに国道473号線をトライブしていたら野菜直売所が目に入った。

●ナチュラルA産直広場
愛知県豊田市神殿町横手20-1
℡0565-90-3620
営業時間/9:00から17:00
・営業期間4月から12月中旬
・定休日 木曜日と12月下旬から3月
20130901anatural_a

 三河湖から国道301号線へ向かう時に使うルート途中ということで、車の通行は土曜日とはいえ少ない。
こちらの産直広場のメイン商品は花の苗。運営者が花の苗の栽培をしているとかで、豊富な品揃えをされています。
とはいえ、店内に入ると、季節の野菜だけでなく、加工食品や手作り雑貨品なども並んでいたりする。
ふむふむと物色して購入したのがこちらの商品。
★購入商品
20130901a_5

・少し長い万願寺系のとうがらしは辛すぎて食べることができませんでしたが、パプリカは美味。

============

スポンサード リンク