食彩品館.jp

らーめん奏<かなで>(名古屋市東区)で塩らーめん600円。化学調味料に頼らない出汁の取り方に感心

趣味その他|2013/10/26 posted.
スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

らーめん奏
名古屋市東区代官町1-3
営業時間
11:30~14:00
18:00~21:00(夜は金土のみ)
またはスープ終了まで営業
定休日 月曜
20130907

20130907_3

塩らーめん600円。
20130907_600

原材料名が産地表示付できちんと掲示されています。まず、食彩賓館としてこの点を評価したい。
20130907_4

加工食品のパッケージを見て欲しい。必ず、使用原材料名や添加物等が表示され、消費者はそれを見て買物の判断をすることができます。
法律で義務付けられない外食料理であっても、適正な表示をする努力は必要だと思っています。
ただし、産地がその時の入荷の状況で変更になる場合や、産地・原材料のメンテナンスができない場合については、あえて実施しない方がよいかもしれません。
「できるだけ表示して欲しい」ということです。

 ということで、こちらの店舗では原材料名と産地を表示することで、食材のこだわりだけでなく、きちんと原材料管理のできる店だということもアピールしています。
グッジョブ。

スポンサード リンク    

 肝心の味。
不化調(無化調[成分が検出されない]ではありません。食彩賓館では不使用という意味で“不化調”と使っています)のスープは当然、最初の一口は物足りない味に感じます。味覚が化学調味料の味に慣れている人は特にそうです。
当方、“無”だろうが“不”だろうが化学調味料を使うことには否定的ではありません。ようするに当方の「口に合うかどうか」だけ。
口に合うかどうかと言われれば「合います」。
ただし、スープを飲み進めて、最後の方になってようやく旨味成分が口の中に充足し、「口に合う」となります。
つまり、徐々に美味しさが伝わってくるラーメンなので、結果的に見れば「口に合う」のだけど、最初の飲み始めからスープが半分になっていく間は、まあ普通の味かなあという印象。
麺をすすり、最後のスープが底に見えてきた頃に「ああ。もう少し飲みたいなあ」と思わせてくれる味に仕上がっていました。
さすが、原材料にこだわったラーメン店です。

●名古屋市内のラーメン店に関する記事
・2009/10/19らーめん本郷亭 焼山店
・2010/07/11「つけ麺中村屋(名古屋市)
・2010/09/26好陽軒で薬膳系ラーメン(二回目)
・2010/10/31長浜ラーメン一番軒(名古屋市名東区)
・2010/11/07らーめん臺大(名古屋市)
・2010/11/21ラーメン万福(名古屋市)
・2011/10/09中華そば まさ春(名古屋市)
・2011/12/03中華そば   新谷(名古屋市)
・2012/02/05ラーメン真八(名古屋市)しお。
・2012/03/18ラーメン一徳(名古屋市)
・2012/04/22らあめん翠蓮(名古屋市)
・2012/07/01中華そばこくや本店(名古屋市)
・2012/09/09麺屋   喜多楽(きたら)(名古屋市)
・2013/06/09豚そばぎんや(名古屋市)

・2013/07/13麺之坊 晴レル屋 南店(名古屋市)
・2013/08/17麺屋三郎で塩らぁめん(名古屋市)
・2013/09/  らーめん奏で塩らーめん(名古屋市)
================
●食彩賓館記事は全部で5500記事ほどあります。ラーメン記事の索引は項目別記事一覧ページ 中段付近に「●食事<麺類>関係」記事の索引があります。

=================
●その他、昔の食べ歩き時代の画像
フォト蔵 ラーメン一覧フォトアルバム(更新してません)

==================

スポンサード リンク