食彩品館.jp

徳川町 如水 塩700円。「口の中に出汁から抽出された旨み成分が溜まる」

趣味その他|2013/12/07 posted.
Pocket

 何年振りかわからない程、久しぶりです。前回はおそらく2006年以前かと。
当日は平日。到着時間は開店5分前。すでに10人近く行列。
なんとか第一陣で席に座ることができました。
最初の客から順番に注文を聞いています。
未食の「香そば」を食べたかったのですが、にんにく入りの表示を見て、昼から他社の方と会議を予定していたのでパス。
西春店で醤油をいただいているので、今回は「塩700円」
2013/08/10徳川町 如水 西春

20131113_9

 西春店同様に原材料と産地表示しています。
Pop20131113_6

◇如水ラーメンの使用食材
麺 内モンゴル産天然カン水使用特注麺。
鶏  三河赤鷄
豚  愛知産  三河産
醤油 千葉産
塩 沖縄産
鰹節 鹿児島、枕崎、本枯節
宗田節 高知、土佐清水産
鯖節  静岡 伊豆産
昆布 北海道 日高産他一種
煮干 富山 氷見産 他一種
約30種類の天然素材を使用しており、化学調味料は使用しておりません。

 ということで、支店・本店ともに同じ原材料を使用。今回は塩ながら、前回支店での実食との期間が短く、本店との比較も楽しみ。
結論。(本店と支店の違いが)良くわからない([E:coldsweats01])
塩と醤油の比較なので当たり前か。
 「不検出」と誤解される“無化調”ではなく「化学調味料は使っていません」という表示をしていることからもわかるように、真面目な印象を受けるラーメンです。
いちも言うように、「表示は企業の店の顔」です。誇大な表現や優良誤認を与えるような際どい表現はしない方が無難です。
こちらのPOPには事実のみしか書かれていません。

 スープは当然、化学調味料を使ったラーメンのようなハッキリ感はありません。何回もレンゲでスープを口に運ぶうちに、天然出汁から抽出された旨み成分が口の中に溜まるのを待つタイプのラーメンです。
大抵はラーメンスープを半分ほどすすると旨み成分が口の中に充満するのですが、この店の「塩」は底が見えるようになるまで充満しません。
最後の方になって「美味い」と感じるようになっています。
もし、わざとこのように作っているのならばさすが「繁盛店」なんですが、たまたまなのか、スープの作り方の所為なのかは不明。
いずれにせよ、美味しいラーメンでした。それで良いのです。
*******************

徳川町 如水 塩700円
名古屋市東区徳川町201 [MAP]
営業時間
11:30~14:30(LO)
18:00~24:00(LO)
休日      火曜日
20131113_1

◇資料
20131113_7

====================
●名古屋市内のラーメン店記事

Pocket