食彩品館.jp

和食 敷島(愛知県瀬戸市)で寿司角の湯のみを見ながら「カキフライ定食」と「味噌煮込み定食」。

趣味その他|2013/12/28 posted.
Pocket

「道の駅 瀬戸しなの」の向かい側に品野陶磁器センターがあります。
20131123_9

というか、品野陶磁器センターの敷地内に2011年道の駅が開設。
和食敷島は品野陶磁器センターに出店しています。
もともとは回転寿司の寿司角の一事業部だった「角心」が運営しているので鮮魚料理はお手の物。
201311232_5

 尚且つ、モーニングまでやっていて、和食以外のメニューも豊富です。
家族でちょっとした食事をするにしても、ランチで立ち寄るにしても利用しやすい価格帯で営業。
さすがに高級レストランや老舗の和食店のような高級食材は出てきませんが、老若男女の混じったグループで来ても「私だけ食べるモノがない」ということにはなりません。

 今回は同行の家人がいつものようにフライ物を選択。牡蠣がらが添えられています。
20131123_1

セル牡蠣を店頭テントで朝市として販売していたので、生牡蠣を剥いてフライにしたと思われます。そこで気になるのが、この牡蠣がらは85℃で90秒以上(も
ともと二枚貝等ノロウィルスを持っている食材については中心温度85℃以上60秒調理を指導されていましたが、今年の秋から“85℃~90℃で90秒”に
保健所の指導が変更になっています〔食安発1022 第10 号平成25 年10 月22
〕)熱を加えてノロウィルス対策を実施しているのだろうかという疑問もあるが、家人が美味しそうに食べているので余計な心配
はしないことにした。
 とはいえ、この季節、牡蠣を扱う料理店には細心の注意を払っていただきたいし、食する方もいろいろと気を使う必要があります。

 ということで、当方は熱をガンガン加える味噌煮込み定食に([E:happy01])
20131123_15

味噌は少し甘めですが、麺が太くてかなり良い感じの食感です。ありふれた言葉で表現するとモチモチなんです。味噌煮込みといえば固い麺と決まっていると思いがちですが、この麺はモッチリしていながらも食感はしっかりとしている。すなわち味噌煮込みに結構、合うのですよ。
味的には過去最高の味だった「(閉店)」や過去二番目に美味しかった「」等、赤味噌の本場である三河の店と比べるとアレですが、某老舗やチェーン店の味噌煮込みと比べても負けておりません。少なくとも麺は([E:coldsweats01])
もう少し出汁を効かせて、味噌の辛さがあれば言うこと無しですが、そこは低価格に免じて評価は食彩賓館平均点の3.0ポイントということで。

漬物食べ放題です
20131123_7

=============================

和食 敷島
愛知県瀬戸市品野町1丁目126-2
Tel.0561-41-3901
営業時間:7:00-21:00
20131123_1_2

120131123_6

220131123_6

20131123_6

*****************

道の駅 瀬戸しなの
愛知県瀬戸市品野町1丁目126番地の1
℡0561-41-3900
開店日 2011/03/26
訪問日 2011/03/26(記事4/2
訪問日 2013/11/23(記事)
20131123setoshinano

Pocket