食彩品館.jp

猿投温泉金泉閣と金泉の湯(愛知県豊田市)でラドン含有量21.1M・E/kgの湯につかりそして飲泉。


猿投温泉金泉閣
豊田市加納町馬道通21 
℡0565-45-6111
20131220_2

↓館内 展望風呂
20131221_3

↓館外 金泉の湯(日帰温泉) 
℡0565-45-5800
20131220

20131220_3

↓ リニューアル前の金泉の湯(2012年5月撮影)
201205180519_1

 ヘラルドグループ→スターキャット・ケーブルネットワーク(コミュニティネットワーク子会社)と経営母体が変更するも、「愛知県最大級の天然ラドン温泉・飲用可」をウリに営業中。
 放射能泉の「ラドン」は、天然放射性元素のラジウムが自然に壊れることで生じる気体状の放射性物質。
要するに、「地中のウランの壊変で元素が安定化し放射線を出してラジウムに代わる」→「地下水に溶け込み“ラジウム鉱泉”となる」→「ラジウムが壊変してガス状のラドンになる」。
そういったラドンが溶け込んだ“ラドン温泉”ですが、放射能泉の定義は「1kgに溶けているラドンが74Bq/L(ベクレル)以上、あるいはラジウム塩が1億分の1ミリグラム以上(100 ng/L)あるもの」とされています。
 通常、ラドン温泉では“ラドン”を呼吸で取り入れるが、こちらの猿投温泉では飲用の許可がされているため、通常の呼吸だけではなく、飲泉としても体内に取り入れることができます。
 無色無臭の気体であるラドンの効能としては、体内に入ることによって「神経細胞の鎮静化による神経痛緩和」「尿酸を排出する作用“痛風の湯”」があります。
通常、ラドンは2~3日で体外へ排出されますが、その間に上記のような働きをするのです。
逆に屋内ラドンに対する警告がWHOやEPA(アメリカ環境保護庁)はじめいろいろと問題提起されていますが、食彩賓館としてはラドン温泉のホルミシス効果により期待しています。
気体だけに期待ということで。
 さて、ラドン温泉の基礎知識を念頭に、全国のラドン温泉と猿投温泉の比較をすると、以下の通り(数値は概算)
◆猿投温泉のラドン含有量を1とした場合
※日本四大ラジウム温泉
三朝温泉(鳥取県)6.4~30.9
五頭温泉郷杉村温泉(新潟県)2.4~1.7
玉川温泉(秋田県)0.03(?)
増富温泉(山梨県)0.1~0.44
(食彩賓館調査・数値は目安程度です)

 ということで、含有量は各温泉地でも場所によって、あるいは源泉によって違うため良くわかりません。局所的に世界有数の数値を持つ増富温泉の例もあります(上記目安数値には入れませんでしたが)。
また、玉川温泉が有名なのはラドンの含有量ではなく、岩盤浴等によるμSv(マイクロシーベルト)の数値であったり、ラジウム226のホルミシス効果時間(半減時間の長さ)であったりします。
よって、温泉地周辺環境や同行者との雰囲気等々、いろいろな条件が重なって「良い温泉地」とされるようです。
到底、食彩賓館ごときが証明できるものではありません。

 長々と講釈や出所不明のデータを並べているのは次の一点につきます。
「はたして猿投温泉金泉閣の温泉評価は全国ではどのあたりに位置するのか」。
結論、不明([E:coldsweats01])
 気持ちよければそれでエエと思います。
飲用についても気体ではなく、直接、体内に取り入れることへの危惧的意見もありますが、まあエエかなということで、冷蔵庫に入っていたペットボトルの温泉水を持ちかえり、ロビー奥の売店付近に設置された飲用泉で新鮮なラドン含有水を一杯いただきました。
1

2_3
20131220_61

 猿投温泉金泉閣の温泉は「単純弱放射能温泉」で源泉温度は20.4℃。ラドン含有量は76.8×10-10Ci/kg(21.1M・E/kg)。若干、消毒臭を感じるものの、適温に加温された気持のよい温泉でした。

 今回は1年半ぶりの「食のプロ集団」合同宿泊宴会第10回。参加者数約20名。参加人数が少ないのはレギュラー会員のみ厳選したから([E:catface])
楽しい夜を過ごしました。
◆夕食
↓ 今回2013年12月某日
20131220_47

↓ 先回2012年5月某日
20120518_16

◆朝食
↓ 今回2013年12月某日
 (和食バイキング)
20131221_4

↓ 前回2012年5月某日
20120518

◆周辺景色
↓ 今回2013年12月某日
20131221_5

↓先回2012年5月某日(不動明王尊と鈴が滝)
20120519_1

120120519

201205180519_2

◆資料
1_2

2_4

1_3

2_5

=================
●食彩賓館温泉に関する記事
2008/8/18雪国(新潟)
・2009/1/1 温泉に浸かり美味しいもの食べて(三重)
・2009/5/6白浜温泉と南方熊楠(和歌山)
・2013/01/03下呂温泉露天風呂
・2013/05/04湯の峯温泉郷・つぼ湯
2013/05/04紀州南部の温泉地
2013/06/08紀伊勝浦港と周辺の温泉
・2013/06/15きよもん湯(和歌山県湯川温泉)
◇温泉巡りをしていた頃のフォトアルバム
 ▼北海道
  ・旭岳温泉  ・白金温泉  ・湯川温泉  
  ・うずら温泉 ・芦別温泉  ・ニセコ昆布温泉  
 ▼東北・越中越後・北陸
  ・秋保温泉    ・赤倉温泉  
  ・黒部峡谷名剣温泉 ・立山みくりが池温泉 
 ▼関東
  ・鬼怒川温泉   ・塩原大網温泉
  ・伊香保温泉   ・行田温泉  
  ・草津温泉地蔵の湯  ・煮川の湯   
  ・草津温泉西の河原露天風呂 
  ・四万温泉積善館  ・四万温泉湯元長静館 
 ▼信州
  ・上高地中の湯温泉(旧)  
  ・北志賀よませ温泉  ・小谷温泉
  ・野沢温泉  
  ・奥蓼科渋御殿湯   ・奥蓼科渋川温泉
  ・奥蓼科明治温泉   ・稲子湯温泉 
  ・諏訪湖温泉
  ・乗鞍高原温泉   ・乗鞍高原温泉2 
  ・馬曲温泉
  ・白骨温泉   ・新穂高温泉   
  ・志賀ほたる温泉(熊の湯)
  ・地獄谷温泉  ・渋温泉外湯巡り 
  ・湯田中・渋温泉  ・海ノ口温泉 
 ▼紀州
  ・熊野入鹿温泉  ・熊野湯の口温泉 
  ・田辺 わたらせ温泉 ・田辺 川湯温泉 
  ・田辺 湯の峯温泉 ・湯の峯つぼ湯
  ・南紀 勝浦温泉  ・田辺 龍神温泉  
  ・上北山温泉薬師の湯  
  ・上北山 小処温泉
  ・十津川温泉   ・下北山温泉  
 
 ▼九州
  ・鉄輪温泉  
  ・雲仙小浜温泉  ・雲仙小池地獄温