食彩品館.jp

ラーメン札幌一粒庵(いちりゅうあん)で行者ニンニク(行者葫・ギョウジャニンニク)入りの「元気が出るみそラーメン850円」をいただく(札幌市)アリシンを抑制しアリチアミンへ。

趣味その他, 郷土・特産品|2014/03/24 posted.

★札幌シリーズ★
・JR札幌駅周辺の商業施設風景
・札幌三井JPビルディング
・三越札幌北館改装工事
・大通交流拠点地下広場
・明治安田生命札幌大通ビル
・旧北海道庁~時計台~テレビ塔
・藻岩山へ登る
・北海道大学
・イオン札幌桑園SC訪問記
・六花亭イオン札幌桑園店訪問
・ツルハドラッグ桑園店訪問記
・北海道どさんこプラザ札幌店
・丸井今井札幌本店訪問記
・セブンイレブン北海道ST大通店訪問
・コープ札幌琴似24軒店訪問記
・セイコーマートぎょれん店訪問記
◇北海道札幌で食事
・一粒庵(札幌市中央区)
・紀州寿し(札幌市北区)
・こうひいはうす(札幌市中央区)
・マルサン三上商店(札幌市)で毛蟹
・マルハのカルビ丼(札幌市北区)
・カルビープラス新千歳空港店訪問記
・釧路ふく亭イオン札幌桑園店
Jr

===================
ラーメン札幌一粒庵(いちりゅうあん)
北海道札幌市中央区北四条西1
ホクレンビル地下1階
tel:011-219-3199
昼:11:30-15:00
・平日はコスパとスピード重視のメニュー。
夜:17:00-21:00
・時間をかけてもお伝えしたい お品書き。
20130311

北海道大学(札幌市)の大学祭(例年6月開催)で農学部の学生による「行者ニンニク入餃子」が毎年人気を博しています。
行者ニンニクは春の山菜で、3月中下旬から6月上中旬まで天然物が市場に出荷されますが、近年はハウス栽培により、1月くらいから天然物が出荷され、3月下旬まで出荷されるようになり、食べられる時期が延びています。
もっとも、現在でも旬のピークは4月中下旬~5月中下旬で天然物が主流のようです。
この行者ニンニクは牧野博士(植物学者)により「深山に入って修行する行者が食べるようなにんにく臭のする植物」であることから命名されました。玉ねぎ、ニンニク、ニラ、良京等と同じユリ科ネギ属の多年草です。
20130313_8

行者ニンニクが近年、脚光を浴びるきっかけとなったのが、その高い栄養価と血液サラサラなどの生活習慣病の予防や疲労回復など様々な効能があるとマスコミ等でさかん喧伝それたことによります。

そういった健康志向とあいまって、西村弘行博士(現:北翔大学学長)が北海道大学時代の研究から考案した「行者ニンニクの栄養効能は残したまま、臭いを消す」料理方法が広まり、北海道では行者にんにくに対する人気がさらに高まることになりました。
行者ニンニクの臭いは、調理する時に葉や茎を切ると、酵素反応と化学反応によって臭気成分「アリシン」が生成され、それが臭いの素となります。

いを消すには、酵素反応を止めるか化学反応をさせないようにするかすれば良いということで、考案されたのが「行者ニンニクを凍らせせて、凍らせたまま切
る」そして「ビタミンB1を豊富に含む豚肉の挽肉と混ぜ合わせて化学反応させ、アリシン(臭い成分)をアリチアミン(活性持続型ビタミン)に変える」とい
う方法でした。
この「アリチアミン」が先ほどの「生活習慣病の予防や疲労回復」に大きく貢献するというのです。
そういった酵素反応と化学反応の式を想定しながら西村式行者ニンニク入り餃子のレシピを確認すると、ポイントは「行者にんにくを凍らせること」と「豚肉を常温に戻す」というのが“カンコツ”のように思われます。
こうやって作られた餃子が、毎年北大祭で提供されて人気のある行者ニンニク入り餃子なのです。
そして、この調理方法をラーメン作りに活かしたのが、今回実食した一粒庵の「元気がでるみそラーメン」。
尚且つ、レシピの完成には西村弘行博士が指導されていうことで、本家本元の「無臭行者ニンニク調理法」活用ラーメンともいえます。

それでは、今回、実食した「元気が出るみそラーメン」を紹介します。
一粒庵はJR札幌駅の南側にある「エスカ(ビックカメラが入っている商業ビル)」の南東側にある赤レンガのホクレンビルの地下の飲食街に出店しています。
20130311_2

このホクレンビルは仕事の関係で何回か訪れたことがあるのですが、今回は15年ぶりの来訪となります。もちろん、ホクレンへは寄らずに信号側の階段から地下へ降ります。
20130311_31
20130311_33

平日の午後1時30分ながら列ができています。「ここから30分待ち」と掲示された場所に並び、順番を待ちます。
20130311_30

製麺室や掲示されたポスター、メニュー等を眺めながら待つこと30分。店内へ案内されました。
20130311_2_2

20130311_30_2

せっかくなので行者ニンニク入りの「元気が出るみそラーメン」をオーダー。同行者も同じものを注文。
列に並んでいる時にオーダーしていたのですが出されるまで少し時間がかかりました。少し時間がかかった理由は出されたラーメンを見ればすぐに理解できました。
20130311_26

こちらの行者ニンニクは冷凍のままカットされるところまでは餃子と一緒ですが、その後、チャーシューと一緒に炒めてから玉子をとじます。それをラーメンにトッピングしているのです。
こりゃ手が入ってます。時間がかかるのも当たり前。
確かに臭いが気になりません。チャーシューはもちろん豚肉なのでビタミンB1たっぷり。豚ほどではないが玉子もビタミンB1豊富。ということで、見事に臭い成分のアリシンをビタミンB1の力でアリチアミンに変えています。

もっとも、ラーメンの味を引き立てているのは熟成味噌を使用したスープ。麺は緩めながら悪い食感ではありません。
北海道初日から大変、良いものをいただきました。感謝。

◇覚書

・道産原材料を用いて4年以上杉の木樽で醸造した米こうじみそを使用。
・道産小麦使用の自家製麺
・緑提灯5ツ星
20130311_2_3

===============
◇メニュー
20130311_25

20130311_10

↓ 中国語と英語表記のメニューも掲示
20130311_10_2

↓ 名刺とサービス券
20130311_7

Photo_15
Photo_2

Photo_3