食彩品館.jp

豚そばぎんや豊田美里店(愛知県)で“豚そば”。味蕾、味神経線維、脳幹(延髄孤束核)、大脳皮質の味覚野、大脳皮質の感覚野、大脳皮質連合野、扁桃体、視床下部

趣味その他|2014/06/08 posted.
スポンサード リンク                       

 豊田市というよりも「三河初出店」ということで、かなり気合が入っているとか聞いていたのですが、なかなか訪れる機会がなく、オープン後半年近く経過してようやく初実食。
他人の評価や実食感想などは事前に確認しないのが食彩賓館の流儀。美味しいかどうかを決めるのは自分自身であり、他人の評価に付和雷同したり、逆に良い評価ばかりの中で貶すのは本意ではありません。
なのですが、今回はちょっとした事情があり、知人から実食の感想を聞いてしまいました。
曰く、「スープがぬるい」「チャーシューが冷たい」「トッピング込みで1000円オーバー」。
知人はぎんやグループだけでなく本店も知りません。たまたまだったのか何か理由があるのか知りたくなって、フェルナ確認時に少し足を延ばして食べてきました。
開店直前に駐車場到着。店の前後に数台ほど駐車場が用意されています。
20140508_3

 見た目はぎんやグループ各店の豚そばと同様。同グループの特徴である「穂先メンマ」も健在。
20140508_10

見た目は豚骨醤油で相当、濃厚な印象ながら、実際食べてみると、脂ギトギトというほどのくどさは意外とありません。
それよりも旨味成分が物足りないのです。おそらく、豚そば本店のレシビと同じようにスープを作っていると思われるので、旨味成分の組み合わせ(アミノ酸系のグルタミン酸と核酸系のイノシン酸抽出物質の最大相乗効果を発揮できる組み合わせと、そのための原材料の選出)については本店同様と思われます。
これは本店でも感じたのですが、物足りなさは旨味成分の組み合わせの問題ではなく、さらには原料そのものの選定とか名古屋と豊田の水の違いとかでもなく、ズバリ、味の最終調整の違いではないかと思われます。
日々のスープ作りは気温・湿度の変化や原材料の質に影響されるのは当たり前ながら、味の最終調整は作る人の感覚で左右されます。
スープ作りが天候等や原材料の品質によって左右される以上、最終調整は必須業務であり、レシピ通りなので味の調整はしないということはありえません。
原材料・調味料をキット化し、味の均一化を図っている大手企業であっても味の最終調整工程が組み込まれています。
 さらに、重要なのは食する側の問題もあります。
最初にスープを口に含んだときに感じた舌の味蕾からの情報は、味神経線維を伝わり脳幹(延髄孤束核)~大脳皮質の味覚野へ伝わります。
味以外の情報(香、見た目、食感等)は口や目や喉等、体の各部分で認識され、大脳皮質の各感覚野に伝達されます。
以上の情報は大脳皮質連合野に到達し、“美味しい”“不味い”等の判断が行われ、その食べ物の総合評価を決定します。
その後、内臓感覚の情報が扁桃体で過去の記憶も合わせて伝わり、視床下部へ至り、“好き”“嫌い”の判断をするわけです。

 今回の豚そばぎんやの「豚そば」は旨味成分の組み合わせで若干物足りないと私の大脳皮質の味覚野から情報がありましたが、視床下部での私の判断は「悪くない」という判断をくだしました。
「物足りなさ」は少なくとも、私の舌の味蕾からの情報では「化学調味料の不足」が原因物質ではありません。おそらく、最終調整時に店主(またはスープ作成担当)の判断と当方が期待する旨味成分の組み合わせ結果に相違があったということだと思います。

 結論。
豚そばぎんやグループ全体に言える事だが、当方が期待する「旨味成分の組み合わせ結果」が同社のラーメンの味とは若干の相違があるものの、ラーメン自体は美味しく食すことができました。
ただし、豊田美里店の味の評価はほんの少しですが、他のぎんやグループで食した時の経験値よりも若干下回るような印象です。理由は上記で述べた通りです。
=================
●豚そばぎんや豊田美里店
愛知県豊田市美里4-1-11
0565-42-3535
20140508_13

20140508_7

20140508_6

スポンサード リンク    

============
◆豚そばぎんや実食記
2012/06/17麺彩ぎんや(4号店:小牧市)豚そば
201206021

2013/06/09豚そばぎんや(名古屋市)
20130420

=====================
◇三河のラーメン店記事
・2010/02/08ガツ盛りまるぎん二号(岡崎市)
・2010/03/13麺の坊 晴天(みよし市)
・2010/07/11ばーばら(幸田)
・2010/08/22麺創 
なな家で醤油(豊田市)

・2010/09/26麺創 
なな家でスガキヤインスパイア系

・2010/12/11麺の坊 晴レル屋(大府市)
・2011/01/09ラーメン家(安城市)萬来系
・2011/01/29鍋焼き味噌煮込みラーメン(豊田市)
・2011/02/20山の手虎玄で坦々麺(豊田市)
・2011/05/22とんこつ名人 かつみ屋(豊田市)
・2011/07/16麺の樹ぼだい(西尾市)
・2011/07/30柳麺 極つ庵(安城市)
・2011/10/01二代目虎玄でつけ麺(豊田市)
・2012/01/15豚骨 大岩亭(安城市)
・2012/02/12ラーメン極喰~(豊田市)
・2012/02/18麺創 
なな家で魚貝(豊田市)

・2012/02/26本丸亭安城店(安城市)
・2012/03/24まるぎん二号で八丁味噌のまぜそば
・2012/04/01麺の坊晴れやかで塩ラーメン(刈谷市)
・2012/05/13らーめん 
ふじ美濃厚鶏白湯しお

・2012/05/20まるぎん商店 あごそば(岡崎市)
・2012/05/26山の手虎玄で“塩”(豊田市)

・2012/05/27らーめんふじ美 あごそば(岡崎市)
・2012/06/03満天星DODAN中華そば醤油と塩そば

・2012/07/14マルナカ中国麺飯食堂(蒲郡市)
・2012/08/25嵐丸(安城市)ランチプレート・ミニ醤油選択
・2012/08/25九州大牟田ラーメン柳屋濃厚味噌
・2012/10/14まるぎん本舗(豊橋市)豚そば
・2012/10/21とんこつらーめん和音(岡崎市)
・2012/10/27縁や(えにしや)(岡崎市)
・2012/11/07ばーばら美合店(岡崎市)
・2012/12/01三河開化亭牧野店(豊橋市)と豊川店
・2012/12/01ばーばら美合店(岡崎市)再訪
・2012/12/02中華そば 政次郎(豊橋市)
・2013/01/20三河中村屋(安城市)
・2013/02/23つけめん舎一輝(岡崎市)
・2013/03/02麺の樹 ぼだい(西尾市)再訪
・2013/03/16麺屋空(愛知県豊川市)
・2013/03/24とんこつらーめん和音(2)
・2013/04/06麺びより まるやす(刈谷市)
・2013/06/01麺びより まるやす再訪問
・2013/06/02本丸亭安城店で豚骨担担麺
・2013/06/21ラーメン横綱刈谷ハイウェイオアシス店
・2013/06/23博多とんこつラーメン一之蔵
2013/07/27麺の亭 ささき(豊橋市)
2014/01/25麺屋 よこじ(豊田市)三河ブラック
・2014/05/ 豚そばぎんや豊田美里店(豊田市)
=============
●食彩賓館記事は全部で6000記事ほどあります。ラーメン記事の索引は項目別記事一覧ページ 中段付近に「●食事<麺類>関係」記事の索引があります。
     


スポンサード リンク