食彩品館.jp

七越茶屋(三重県鳥羽市)で伊勢志摩三昧手こねずしと伊勢うどんのおすすめ膳。

スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

⚫︎七越茶屋
三重県鳥羽市鳥羽3-4-32
0599-26-3690
20140518_3

20140518_6

 志摩市出身の妻と出会って30年以上。伊勢・志摩周辺の郷土料理である手こね寿司や伊勢うどんも当方の好物になっています。
今回もせっかく鳥羽まできたのだからと、両方一緒に食すことができる店で昼食。
「七越」という名称を使う店が伊勢志摩周辺にいくつかあるのですが、こちらは「七越茶屋」。13時を越えているにもかかわらず、店内は混雑。繁盛店です。
メニューを見て決めたのが「伊勢志摩三昧手こねずしと伊勢うどんのおすすめ膳」を選択。“松1500円(税別)”と“梅1300円(税別)”の違いを尋ねると「サザエが付くかどうか」ということなので、ここはちょいと奮発して「松」をオーダー。
20140518_24

 店内は家族連れが多く、一人利用の当方としてはチョイ居づらい。観光客メインながら一部地元民も混じる。皆さん人気店を良くご存じ。
 出てきた手こね寿司を見て最初の感想は「カツオが少ない」。でも食した感想は「さすが人気店。良くできている」。伊勢うどんは「ちょっと麺がゆるい」という印象。いずれもタレは美味しい。
小鉢は季節の品が添えられています。コゴミに菜の花。そして海藻はアラメです。アラメを添えるというのがこの店のセンスを感じます。
グッジョブ。
20140518_22

↓ご参考 おかげ横丁で食した手こね寿司
20071026_4

========================
◇資料
20140518_7

スポンサード リンク    

20140518_8

====================
20090104_2

20130102_1

20090103

・ぎゅーとら社のてこね寿しはできたてが美味しい。
Photo_7
・大田屋。近鉄鵜方駅前。市販品ではこちらが一番、好み。
Photo_8
・てこね茶屋(おかげ横丁)は、観光客用とはいえ、きちんとした「てこね寿し」です。
20071026_4
でも、「和具」地域で食べるてこね寿しがやっぱり美味しい。

スポンサード リンク