食彩品館.jp

麺屋滝昇(名古屋市)で醤油タレの効いた太麺のモヤシ盛りラーメンをいただく。

スポンサード リンク                       
LINEで送る
Pocket

食彩品館.jpの車のナビには「新店マーク」や「行きたい未訪問店舗マーク」などの他に「ラーメン店マーク」も登録しています。
全部で300件ほど登録できる機能があるようですが、だいたい100件くらいはそういった店舗の登録で使っていて、行けば登録マークを消すものの、新店も次々増えるということで、結構賑やかな画面となっています。
そういったナビ登録店舗の一つに今回実食した「麺屋 滝昇」があります。
到着は土曜日昼11時45分。人気店と聞いていたので行列覚悟だったんですが、道路を隔てた店の前の駐車場には当方の車一台ということで一安心。
店内に入ると左側に自販機。ご主人らしき方が下ごしらえをしながら一人で作業されています。
自販機で定番らしき「らーめん720円」を選択。
どのようなラーメンが出てくるかを事前調査せずに(食す前に余計な印象を持たないため)訪れるのが食彩品館流。
なので、出てくるまでどのようなラーメンを出す店かほとんど知らないのですが、出てきたラーメンを見て一瞬、「次郎インスパイア?」と思ったのです。
一人だったので、他の客に気兼ねなく「写真撮って良いですか?」と確認し撮影したのがこちらの画像。

★20140830麺屋滝昇ラーメン720円 
もやしをタップリ盛り付けた上に炒めた玉ねぎを少々盛り付け。そしてスープには豚の脂が浮かんでいます。麺は家系で使われるような太目でモッチリなタイプ。
事前にこの写真を見ていたら間違いなく訪問していないと思います。だって、食彩品館は次郎系が苦手なのです。味がどうのこうのというよりは小食であることと、ニンニクの匂いをさせることが嫌いなので、量がたっぷりな上に、にんにく多目の次郎系と呼ばれるラーメンが苦手なのです。
以前、マシマシを頼んだら野菜と肉を食べている途中で満腹になってしまい、大変辛い想いをしたことがあったのです。
この店では事前にニンニクの有無を聞かれるのでニンニクが入っていないことはありがたいのですが、野菜が多いのはちょっとなあと思っていたら、もやしに味がついておらず“二”安心。
これだったらスープに野菜炒めの調味料が影響することもない。さらにその上に玉ねぎ炒めをトッピングしているということで、野菜炒めの調味料の味を影響させないような配慮をされていると判断。
スープの味を大事にする店なんだと思ってさらに通算“三”安心。

スープは色が濃い。醤油ダレが多目なのでしょうか。いわゆる次郎系のような甘みを感じない味です。食べ進めると、少し辛め感じましたが悪い印象ではありません。
麺の食感はさすがに良い。固さも好印象。レベルの高い麺ですね。
スープは豚ベースに醤油タレ。脂が浮くものの、くどさはない。上手に味の調整をされています。
ただ、最近の若者が好むようなあの脂脂した次郎系のような味ではありません。ニンニクが入っていないことも影響していると思いますが「あっさり」とは言わないまでも「こってり」ではありません。
麺が200gということと、もやしの量の影響もあり、スープをすべて飲み干すことができませんでしたが、好印象なラーメンでした。

=================
麺屋 滝昇
名古屋市南区内田橋1-5-11
℡052-698-7273
営業時間
11:00~14:00
17:30~23:00
定休日 水曜日
らーめん720円

スポンサード リンク    
●20140830麺屋 滝昇

 ==========================

スポンサード リンク