食彩品館.jp

ギブソン・ハミングバード・ヒストリックコレクション[ Gibson HummingBird Historic Collection 2005年]購入


ひょんなことからギブソン社のアコースティックギターを購入することになりました。 いつものように手に入れてからこのギターにまつわる物語を探したのですが、基本的なスペックについてはすぐにわかりました。シリアルナンバーから製造年月日とその日の何本目に造られたギターであるかまで特定できます。

品名 Gibson HummingBird Historic Collection
シリアル(8桁) 0□△◇5※※※
(最初の“0”と5番目の“5”が製造年を表し、他は製造日“□△◇”とその日の何本目“※※※”に造られたギターであるかを知ることができる)
Bozeman Plant , MA, USA
製造日 2005年□月◇日
Production Number:
◆ アメリカ合衆国モンタナ州ボーズマンにあるモンタナ工場製造
Top Wood: Solid Sitka Spruce(米唐檜単板)
Back and Sides: Solid Mahogany(桃花心木単板)
FB&Bridge Wood: Rosewood(紫檀)
Neck Wood: Mahogany(桃花心木)
Fingerboard inlay: MOP Double Parallelograms
Other inlays: MOP Dots
Bridge Inlay “MOP”=Mother of Pearl(白蝶貝)
Scale: 24-3/4″/1.725″
Tuners: Nickel Grover Kidney
Finish: Heritage Cherry Sunburst
Other Features: Bridge : Rosewood,Belly up Body Binding : 6-ply top,4-ply back

●20140906ギブソンハミングバードヒストリックコレクション-2

 ●20140906ギブソンハミングバードヒストリックコレクション

ギブソン社エレクトリックギターにおける“Historic Collection”は通常のレギュラーラインとは別に熟練の職人が、過去のヴィンテージモデルのごとく、特に選別された木材とパーツを使用して製造されているのですが、同じギブソン社でも アコースティックギターの場合はどうも違うような印象を受けます。 そこで、いつものようにメーカーに聞くということになるのですが、残念ながらギブソン社はアメリカにあり、食彩品館.jpは仏語や独語ならともかく、英語は不得意(笑)。 さらに、現在の日本での総代理店業務は2007年よりギブソンジャパンが従来の山野楽器からバトンタッチしていて2005年の輸入データはおそらく持っていないと予想。 いろいろと迷った挙句、当時のデータを保有しているかもしれないという希望的観測から山野楽器社に尋ねることにしました。 まず、私のハミングバードは当時の正規代理店である山野楽器社が検品して国内流通したギターなのかどうかが一番、知りたいことでした。 何故かというと、正規代理店扱いとそうでない商品では修理その他のことでいろいろと面倒なことが多いのですが、それよりも、もっと重要なことは当時の山野楽器社の検品方法が結構、シビアで山野楽器が代理店だった当時の国内流通ギブソン社ギターの品質的評価が高いのです。 もちろん、都市伝説的なニュアンスもあるようですが、所有者としては気分よく使いたいので、是非とも「山野楽器」扱いであることを担保していただきたいとの思いが強かったのです。 当時から直輸入したギターも国内流通していたため、山野楽器の保証書が唯一の判断材料だったようですが、残念ながら保証書は手元にないのです。 結論から言うと、山野楽器扱いのギターであることがわかりました。シリアルナンバーが輸入記録に残っていたようです。 とりあえず、山野楽器社正規代理店扱いであることが担保できてホッとしたのですが、次のこともわかりました。 型名はHISTORIC HB HC 日本国内入荷時期は2006年4月なので流通はそれ以降。 当時の定価:348,000円(税抜) 現在の同等商品税込定価¥392,914~433,080円(税込) それで気になる“Historic Collection”の位置付けですが、ギブソン社のアコースティックギターの場合、レスポールのようなエレクトリックギターと違い、通常のレギュラー製造ラインで製作されているということです。 その証拠にカスタムショップ製造のギターにはネックの裏側にカスタムである証拠の刻印が表示されています。

ギブソンカスタムショップロゴ
 私の持っているハミングバードにはネックの裏面に“Historic Collection”ロゴの表示がされているのでカスタムショップ製造ではないということです。 20140906ギブソンハミングバードヒストリックコレクション (9) 通常のレギュラー品相当の位置づけと聞いて、当初の印象通りだとはいえ、ちょっぴりガッカリ(笑)。

もう一つ気になるのはカスタムショップ製のギターのホール内に貼られているオレンジラベル。 ↓ カスタムショップ製 カスタムショップラベル ↓ スタンダードタイプ 白ラベル 現行のレギュラー品には白ラベルが貼られているので、なぜアコーステイックとしてはレギュラーラインで作られたスタンダードな位置付けの“Historic Collection”にオレンジラベルが貼付されているのか。 ↓ HummingBird Historic Collection

◇オレンジラベル20140906ギブソンハミングバードヒストリックコレクション (6)
 
  このカスタムショップのオレンジラベルとは違うタイプの“Historic Collectionオレンジラベル”の登場は2000年までに日本限定品としてシリーズ化されたHistoric Limited Lineに採用されたのが始まりのようです(山野楽器社より)。 その流れの中で、通常のレギュラー商品のうち、カラーやペグなどの復刻バージョンを“Historic Collection”という型名(正式には HISTORIC HB HC )として流通させたようです。 同年代(2005年~2006年)に製造されたGibson HummingBird Historic Collectionでも、ピックアップが装着されて販売されたものや、世界向けの同型商品ではオレンジラベルではなく白ラベルが貼付されているものも ネットで見たことがあります。

というわけで結論。私の持っているGibson HummingBird Historic Collection2005年製造ギターはハミングバードの中でもレギュラー品だが、私にとっては生涯唯一の特別なハミングバードです。 でも本当は60年代製造の本物ヴィンテージが欲しかったのですがね(笑) ========================

◆音楽に関する記事

2008/6/23ビートルズのこと
2008/7/2ラスト・ワルツ (The Last Waltz) ザ・バンド
2008/7/8ローリングストーンズはえらいなあ
2008/7/11イーグルスとドゥービーBrosとカリフォルニア
2008/8/9エリッククラプトンを忘れていた
2009/9/15コンプリート ビートルズ
2009/9/27ビートルズ”リマスター”アビーロード
2009/10/1 Doobie Bros.名古屋公演
2011/07/14フェンダーストラトキャスターLシリーズ
2011/07/20″Power”by John hall. 1979
2011/11/26<高峰>タカミネギター(中津川)
2012/05/04レクサスコンサート星ヶ丘グレースマーヤ&渡辺裕之とファイト一発
2013/12/21ポールマッカートニーのコンサートへ行く
2014/10/01ギブソン ハミングバードヒストリック コレクション 購入
2014/01/31 中古の“グネコロゴ”グレコセミアコギター
2014/06/26 スリーエス(名古屋鈴木バイオリン製造)のギター
2014/08/26BOSSの国産エフェクター(音楽夜話その1)
2014/08/28国産真空管ギターアンプの真空管交換
2015/03/09ヤイリギターK.Yairi(岐阜県可児市)工房見学
2015/10/11ギブソン・レスポール・トラディショナルを弾く
======================================