食彩品館.jp

フランス産 シャロレー牛肉を食す。ビオあつみエピスリー浜松(静岡県浜松市)フードオアシスあつみによる「るるビオ・エピスリー星ケ丘店」出店記念記事(その1)

スポンサード リンク                       

 この記事は
 【るるビオ・エピスリー星ケ丘店」出店記念記事(その1)】として
 ビオあつみエピスリー浜松店の訪問記録を紹介しています。
 ・3/13オープンTHE KITCHEN ・ザキッチン星ケ丘テラス紹介記事
=======================================

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  これは旨い。モモ部位ながらパサつき感もなく、黒毛和牛のような脂の旨さではなく、肉本来の旨さを味わえます。
価格は黒毛和牛並みの価格ですが、黒毛和牛とは違った牛肉の美味しさを感じます。
当方、勉強不足で大変恥ずかしいのですが、今回が初の実食だけでなく、こういった種類の牛肉が日本に輸入されていることを知りませんでした。
るるビオエピスリー星ヶ丘店であつみ社が精肉商品を販売するのかは不明ながら、ビオあつみエピスリー浜松店では、こういった商品を品揃えしているということで紹介した次第。

フランス産 シャロレー牛
品種名はla charolaise(ラ・シャロレーズ)
脂肪が少ない赤身系の肉が特徴。

◆シャロレー牛

  2013年2月に30ケ月齢以下のフランス産牛肉の輸入が解禁され、一般に出回るようになりました。日本でも過去、飼育の動きがあったものの、定着はしなかったようです。
「フランス産」と表示されていますが、フランスブルゴーニュ地方の中でも評価の高いソーヌ・エ・ロワールの「ブリヨネBrionnais(原産地シャロレーCharolaisの近くにある別の地域)」のものなのかどうかは不明。
ワインでお馴染みのフランスの品質保障AOCでは「Bœuf de Charolles」と表示されます。30ケ月以内の雄牛、8年以内の雌牛、28ケ月以内の未経産牛の三種が該当し、おそらく日本に輸入されているのは 28ケ月以内の未経産牛の雌牛である「génisse」ではないかと推測しています。

 さて、肝心の味ですが、普通、肉の美味しさは「食感、味、香り」の3つで感じます。この中で意外なことに「味」で評価しているようでしていないことが実験で分かっています。
黒毛和牛では和牛の美味しさに重要な影響を与える「和牛香」(口中で噛んだ時に口から鼻に抜けて感じられる甘くコクのある和牛肉特有の香り)が重要な役割を 果たしています。もちろん表現方法の稚拙な食レポーターが良く使う「やわらかい~」「ジューシー」も侮れません(笑)。
話が脱線しますが、肉を焼 き過ぎない(中心温度65℃以内)という低温調理がステーキ屋さんで良く言われますが、和牛香が最も強く出るのは熟成した霜降り和牛肉を80℃で加熱する と最高の和牛香が出るというようなデータがあります。老舗のすきやき屋さんが使う温度ですね。80℃ならば保健所の指導する「75℃1分以上加熱」もクリ アできます。
この和牛香はラクトンと呼ばれる有機化合物で、和牛肉には、中でもガンマノナラクトンが輸入肉よりも多いことが分かっています。
(日本食肉消費総合センターデータより)

  そういった和牛香とは違う香りをシャロレー牛から感じます。どうも旨味成分の違いかなと思っていたのですが、食べ進めるうちにシャロレー牛は肉の香りが良 いのだということに気付いたのです。シャロレー牛の味覚に関する科学的なデータが身近にないため、なんとも言えないのですがそんな印象です。
今回は味付肉でしたが、次回は味のついていないものを購入してその味と香りを感じたいと思っています

 黒毛和牛肉の脂のくどさが気になってきた後期中年男性諸君。一度、シャロレー牛を試してみませんか?

★フランス産 シャロレー 牛肉(味付け)

★フランス産 シャロレー 牛肉 購入商品20150212ビオ  あつみエピスリー浜松店 (42)

 訪問&購入日 2015/02/14

==============================

◆食彩品館.jp 肉に関する記事(一部)
お肉料理カフェ(Cafe)まつもと(三重県) 五ツ★提供
阪急オアシス桃山台店(吹田市)店内で熟成牛肉
「ブランド和牛」の等級比較記事
「熟成牛肉」に関する記事一覧
「和牛(黒毛、短角、他)」に関する記事一覧
==============================

===============================

【以下、過去記事より抜粋】

●10/28ビオ・あつみ エピスリー浜松
静岡県浜松市中区砂山町222
 (サーラシティ浜松向かい)
℡053-456-5550
営業時間 AM9:30〜PM9:00
開店日 2013/10/28
紹介&訪問記事追記 2013/10/28(part1記事10/28)
訪問記事(その1) 2015/02/16(part2記事2/16)

スポンサード リンク    
■20150212ビオ  あつみエピスリー浜松店 (4)

 ●20150212ビオ  あつみエピスリー浜松店 (1)

 

■ビオ・あつみエピスリー パース

 ●ビオ・あつみエピスリー外観-1

 フードオアシスあつみの新タイプ店。
デザインが素晴らしい。商品も もちろんすばらしい。
売場面積が200坪ということですが、これだけこだわり商品を集積すれば人気店間違いなし。
良い仕事をされています。
階段を上がった二階は同社らしく、講習会や試食会等の会場ということです。

とりあえず速報記。

↓ オリジナルショッピングバッグも用意されています。購入したのは保冷用レジバッグタイプ1500円。この他にもコットン素材のミニエコバッグも用意。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 


スポンサード リンク