食彩品館.jp

えぷろん渋谷店part3(愛知県豊田市)改装後初訪問。手作り惣菜と通路の突き出し陳列が見所です

Pocket

===食彩品館.jp記事検索===
↓ 調べたい店・商品・場所・建物等を入力

===食彩品館.jp記事検索===


 えぷろん渋谷店改装訪問記です。

■■20151107えぷろん渋谷店 (3)

  本当はもっと早く訪問したかったのですが、愛知県豊田市でもあまり行かない場所にあるため、8月27日のリニューアルオープンから3ケ月近く経過してしまいました。
訪問当日は土曜日の午後2時。普段はほぼ満車の駐車場に結構、余裕があります。今回のリニューアルは駐車場の整備がメインだったようで、店内は以前と風景が変わっていません。もしかすると食彩品館.jpが気付かないだけかも知れませんが。
駐車場に空きがあるといっても、繁盛していないというわけではなく、曜日と時間帯の所為です。というのも、当店の定休日は日曜日ということで、夕方から閉店前の売り尽くしがあり、土曜日は夕方以降に客が集中するため午後の早い時間帯は比較的空いています。
空いていますが、店内の通行、特にカートでのすれ違いにはちょっと骨が折れます。
突き出し陳列が半端なく通路に出されています。
以前の訪問時との違いは要冷蔵商品の突き出しがなかったこと。これはちっょと感心。
この店では通路への突き出し陳列が常態化していて、特に一度、通り過ぎた後、青果売場へ戻るのが一苦労。

  生鮮食品については商品は品質の悪い物は置いてません。特に高質のものもなく、普段の生活に必要な商品を安価に提供してくれる店です。これは豊田市内を本 拠とするやまのぶ社もそうなんですが、数店の規模の企業ながら、できるだけ食生活を切りつめたいが、安かろう・悪かろう的な食品は食したくないと思ってい る近隣在住者にとっては、ありがたい存在になっているようですね。

 当日は売り尽くし前の土曜日ということで、晩酌のつまみになるようなものは期待していなかったのですが、空中浮遊(トレーを一度パックして、その上に商品を乗せて再度パック)のアジと国産ながら安価なあんこうを購入。

★アジとあんこう購入商品20151107えぷろん渋谷店  (1)

そして惣菜でシュウマイと茶碗蒸しを購入。「手作り」と表示されています。「自家製」と表示されていると「海老も自社で養殖?」「シュウマイの皮につかう小 麦も栽培?」「シュウマイの挽き肉に使う豚も養豚?」とか質問したくなってしまうが、「手作り」という表示に対しては、「ミンチもチョッパーを使わなかっ たのかなあ」とか“志の低い質問”を想定してしまう(笑)
よって、この場合は「店内挽きの非冷凍の生豚肉に店内調合した調味料を加え、野菜等の具 材を店内加工し、その具材を一個づつ市販の皮で手で包み、店内で調理製造しました」とか正確に書いてくれる方が嬉しい。できれば渥美フード社のように店内 販売の原材料や調味料を使っていくれていて、それを表示してくれると大変うれしく思います。

★シュウマイ購入商品20151107えぷろん渋谷店  (4)
★ちゃわんむし購入商品20151107えぷろん渋谷店  (7)

 ちなみにえぷろん社は宅配弁当のための「えぷろんキッチン」を渋谷店の道路向かい側に設置。

◆キッチン 20151107えぷろん渋谷店 (4)

 てっきり茶碗蒸しのような手がかかる手作り商品はそちらで作っているのかと思ったら、ラベルには渋谷店の 住所が表記されていました。店内で製造してこの価格だったら嬉しいなあ。商品原価構造、特に直接原価構造(商品を製造するための材料費、労務および直接管理費を含んだ原価)を知りたいものです。
ちなみに流通業で一般的に「原価」というと「仕入価」を指すと思っている人が多いようですが、それは「調達価」と言い換えた方が良いと思っています。原価は仕入価ではありません。
普段の店舗運営、特に管理者は
商品原価構造を常に意識することが大事だと思っています。

<ご参考>商品原価構造

・直接原価は、商品製造のための材料費とそれを製造するためにかかる人件費や管理費
・製造原価は上記の直接原価に加えて、製造するための設備管理費や減価償却費用、水道光熱費の合計
・総原価は、製造原価に事務経費配賦分、運営経費、賃料等の一般管理費の合計


=======================================

【以下過去記事より抜粋】

 えぷろんフーズ㈱は愛知県豊田市内で1970年に株式会社カワイとして創業。カワイの食品スーパー部門が分離独 立して1979年に西三フード㈱設立。2004年にえぷろんフーズ㈱に社名変更。現在は4店のスーパーマーケット(渋谷、大林、宮上、生鮮館)を豊田市内 で運営しています。
本社は宮上店にあり、特徴としては生鮮品の低価格販売を中心に手作り感のある惣菜・米飯が人気の小型店です。
尚、渋谷店では宅配ネット便も運営するなど、新たな取組にもチャレンジされています。
とはいえ、一番の特徴はなんといっても「日曜日定休」ではないでしょうか。スーパーマーケットとしては特異な定休日ですが、週一回の市場休業に合わせた定休日は“ウリ”の生鮮の鮮度維持にも効果あり。さらに日曜定休ということでパート募集にも威力を発揮しているとか。

※ 愛知県豊田市は愛知県中北部に位置する愛知県最大面積の市(愛知県の20%を占める)であり、人口も名古屋市に次いで2位の約42万人(2015年推 計)。トヨタ自動車を頂点とする企業城下町としての位置づけで、もともとは「挙母(ころも)」という市名だったが、1959年に豊田市に改称。
ちなみにトヨタ自動車の創業者である豊田家は“とよだ”で、豊田市は“とよた”と読む。企業名を冠する市名称は珍しい。三重県の鈴鹿市も“本田市”に改称する動きがあったが、そちらは本田創業者が丁重にお断りしたと聞く。

●8/27えぷろん渋谷店<R>
愛知県豊田市渋谷町3-37-15
営業時間 朝9:00~夜9:00
℡0565-88-1616
 定休日  日曜日
豊田市渋谷町3-37-15
℡0565-88-1616
・8/14~8/26改装休業
改装開店日 2015/08/27
紹介記事    2015/08/24(part1記事8/24)
開店前訪問日 2015/08/22(part2記事8/26)
開店後訪問日2015/11/07(part3記事11/10
↓ 撮影日 2015/11/07

●20151107えぷろん渋谷店 (1)

 ★一覧 購入商品20151107えぷろん渋谷店  (6)

***********************************************
↓ 撮影日 2015/08/22

◆20150819えぷろん渋谷店 (1)
●20150819えぷろん渋谷店 (1)

 20150819えぷろん渋谷店 (4)

 ========================================

◇関連記事
・<2016年3月予定>スーパーやまのぶ野見山店(仮)(part2記事10/16
*****************************************
◇えぷろん社に関する食彩品館.jp記事

2015/11/10えぷろん渋谷区店改装後訪問記(豊田市)
2012/10/26えぷろん宮上店(愛知県豊田市)改装訪問記
2012/06/30えぷろん大林店(愛知県豊田市)訪問記
2012/01/27えぷろん生鮮館(愛知県豊田市)訪問記

===============================

◇愛知県豊田市近郊の直近出店記事
・8/27えぷろん渋谷店<R>(part3記事11/10
・8月末閉店イオン豊田店(part2記事8/7)
・10/15フェルナ田中店(豊田市)(part4記事10/15)
・11月予定フェルナ豊田志賀町店(part2記事11/21
・<2017年予定>豊田市駅前通り北地区(part5記事10/18)
・<2016/3/9予定>ドミー豊田小坂店(豊田市)(part7記事9/12)
・豊田自動車学校複合施設トヨタ生協前山(part4記事10/11
・<2016年3月予定>やまのぶ野見山店(仮称)(part2記事10/16
・<2016年10月予定>山信(仮称)豊田市四郷SC(part2記事9/24
===========================================
Pocket