食彩品館.jp

ラグーナテンボス(蒲郡市)のフェスティバルマーケットへ。H.I.S運営。新杵堂(しんきねどう)で栗きんとん。そしてひもの塾(辻物産)でいわし。蒲郡みかんやで銘菓蒲郡みかんを購入。

Pocket

新規記事別途追記済
2018/02/12ラグーナテンボス カップ ハドーカート(愛知県蒲郡市)

=======================

 『海の軽井沢構想』で始まった愛知県蒲郡市東部地区の開発ですが、2012年度末に78億円の債務超過になった「蒲郡海洋開発」からテーマパークなど3事業を5億円で買収し、2014年8月1日に事業を開始したのが、HIS全額出資の新会社「ラグーナテンボス」。
H.I.S 効果で客数は伸びたものの、久々に訪れたフェスティバルマーケットのテナントが数店入れ替わっています。運営者が変更になると、特に財政的な建て直しが急 務である施設であればあるほど再契約の条件が出店者側にとって厳しい数値となる傾向があります。推測ですが、値入率が低い店舗ほど継続出店ができにくくな ります。第3セクターである蒲郡海洋開発センターであれば、地元出店者や小規模企業に対する配慮もあったかもしれませんが、建て直しを目論む企業にとって は「出るか」「残るか」という選択しか提示できないかと。
そういった条件に合わずに撤退した店舗跡に出店したのが今回、買物をした「新杵堂(しんきねどう)」
・2016/2/6新杵堂ラグーナテンボス店
●新杵堂20160302ラグーナ蒲郡 (20)

 ◇商品リスト 新杵堂20160302ラグーナ蒲郡 (23)

 ★栗きんとん新杵堂-2 20160302 (1)

 ★栗きんとん新杵堂20160302 (1)

新杵堂
岐阜県中津川市千旦林1-15ちこり村
℡0573-65-2809 

ご存知、サラダコスモの関連企業。
2010/03/09ちこり村訪問記(岐阜県中津川市)
2011/12/01ちこり村訪問記(再訪)
↓ 家人のお土産(2012/09/23記事)

★20120922杵屋の栗きんとん (2)

  中津川にある和菓子屋さんを訪れていろいろと栗きんとんを食した記事↓
2011/11/24にぎわい物産館(中津川)栗きんとん食べ比べ

■20111112栗きんとん (すや 箱)

  栗きんとんのような和スィーツだけでなく、いろいろな種類のスィーツが提供されています。
今回は製造してから冷凍保存するという栗きんとんを購入。
こちらの栗きんとんの原材料を見ると「トレハロース」が添加されていません。グッジョブですね。
ちなみにトレハロースの添加については食彩品館.jpとしては特に問題視しておりません。効果としては
・冷凍しても食品の味・食感の変質を抑制し戻りやすい
・デンプン、脂質、たんぱく質の劣化を遅らせる
というように、食感維持・向上や品質劣化を遅らせる目的で使用されています。
ただ、食彩品館.jpの嗜好・志向・思考として「使用原材料はシンプルな方が嬉しい」があるため、使わなくても済むものは使ってほしくないと思っています。
そういった点では新杵屋の栗きんとんは食彩品館.jp好み。
それよりも気になるのは製造後の冷凍保管のこと。できれば解凍であることと、保存温度変更者などの表示がある方が嬉しい。
実食の感想としては旬の時期に中津川の店頭で、例えば「すや」等で食す非冷凍の栗きんとんと比べると食感も香りも味も劣ります。ただ、愛知県でこの時期(3月)に本場の栗きんとんを食すことができるというのはなんとも嬉しいことですね。
=================================

 続いて鮮魚類。
食事を提供できる店も午前9時にオープンしています。これは厳しい時間のオープンですね。それでも皆さん開店準備は完了し商品も並んでいます。
こ ういった水揚げ地近くの鮮魚を扱う飲食店にくると“この地まで来ないと食せない食材”が欲しいのが人情。そういったコメントをの商品を探すとあるにはある のですが、どこまでが「地魚」かわからない。こういうあやふやなイメージ表示は観光客には通用するが食彩品館.jpには(笑)。
地魚以外の商品で見ると、「まぐろ屋」さんのマグロは専門店らしい品質を感じます。解凍かどうかを確認するのと見せ筋の冷凍伊勢本まぐろの価格がチト高いのが気になる。
あとの店では魚喜さんがよい雰囲気でした。聞けば日々、市場へ行って仕入れているとか。地場の鮮魚店が運営ということで好印象。
次回、昼食時間帯に訪問した時にでも食したいと思います。

  買物はひもの塾で。
ひもの塾(辻物産)
前回訪問記事2013/07/26記事

●隣 店舗ひもの塾 辻商店20160302ラグーナ蒲郡 (5)

↑ 隣に辻物産の飲食店を出店されるそうです

◆一覧ひもの塾 辻商店20160302ラグーナ蒲郡 (4)

 地魚の干物や三重県南島町付近で獲れた魚を干物にして販売。この辻商店は伊勢市のおかげ横丁にも出店している伊勢市の水産会社なの ですが、前回購入したサンマの干物がイマイチだったのでちょっと商品について確認。すると実に丁寧で分かりやすく、尚且つ納得のいく説明が聞けました。内 容は割愛。
お礼の意味で今回は背黒いわしを購入することに。試食が美味でした。
◆背黒いわしひもの塾 辻商店20160302ラグーナ蒲郡 (3)

売場に置いてある箱をなにげに手にとりレジへ。きちんとテープで蓋を巻いていただき支払う。家に帰って箱を取り出すと、なんと・・・・真イワシでした。私が間違えたのです(泣)。
まあ美味しかったので良しとする。

 ★ひもの塾 いわし辻商店20160302ラグーナ蒲郡 (9)

==============================

 最後は青果編となるところですが、今回は菓子。
●蒲郡みかんや
「銘菓 蒲郡みかん」ということですが・・・

★銘菓蒲郡みかん-2 20160302ラグーナ蒲郡 (15)

 どうもこの添加物を見るとちょっと・・・・

★銘菓蒲郡みかん20160302ラグーナ蒲郡 (15)

 ●蒲郡みかんや 20160302ラグーナ蒲郡 (15)

  ・食彩品館.jp「蒲郡みかん」に関する記事一覧
====================================
◇ラグーナテンボスの沿革
・1991/11/25蒲郡海洋開発株式会社
 (愛知県、蒲郡市、JR東海、トヨタ自動車、ヤマハ発動機等)設立
・2001/04/01ラグナマリーナオープン
・2002/04/25ラグナシア開業(テーマパーク)
・2002/05/16ラグーナ フェスティバルマーケット(飲食、マーケット)
・2003/04/25ラグーナの湯、テルムマランラグーナ開業
・2012/04/20タルゴ ラグーナ開業
・2014/08/01「ラグナシア」、「ラグーナフェスティバルマーケット」、「タラソテラピー」をH.I.S「㈱ラグーナテンボス」へ売却。
・2014/11/10(株)ラグナマリーナ設立。「マリーナ運営事業」と「不動産分譲事業」を(株)ラグナマリーナ(トヨタ自動車100%出資)から事業譲受。
◇食彩品館.jp記事
2013/07/26ラグーナ蒲郡(愛知県)フェスティバルマーケット訪問記

2016/03/16ラグーナテンボスフェスティバルマーケット訪問記part2

2018/02/12ラグーナテンボス カップ ハドーカート(愛知県蒲郡市)

================================

Pocket