食彩品館.jp

Daily Table KINOKUNIYA西荻窪駅店(東京都杉並区)で買物とコーヒー。紀ノ国屋ブランドの「有機緑茶」と「玉ねぎドレッシング」。コーヒースタンド「PLUS+STAND COFEE」併設


 福生でギターを購入したため、両手に荷物を持って西荻窪駅到着。快速通過駅なので三鷹で乗り換え。目的は知人と久々に情報交換ミーティングをするため。
待ち合わせ時間よりも少し早めに到着してDaily Table2号店とかの紀ノ国屋西荻窪駅前店で買物。
生まれて初めての県外店舗クリニックは紀ノ国屋インターナショナルでした。

 店内調理の惣菜やベーカリーを展開するということで、楽しみな反面、前述の通り、かなりの荷物を持って疲労困憊という事情もあり、買物は控えめに。
センスを感じたのは商品作りよりも惣菜作業場の位置。売場より少し低くなっているようで、作業している手元が見えない。これは良い。手元を見せられると見たくない非衛生的な作業まで見えてしまうことがある。上半身が見えているだけだが、結構、ライブ感は感じるから不思議。当然、作業場の窓は閉めている。当たり前だが、作業場の窓を開けることがライブ感演出だと思い違いをしているスーパーがある。ライブ感のための「見せる化(注:食彩品館.jpでは“見える化”と区別して“見せる化”と表現しています)」は作業している所作が美しいことと衛生管理がきちんとできていることが必須。

PB商品のうち、紀ノ国屋の買物バッグロゴがついた商品を探して2品のみ購入。お茶は途中で飲めば荷物にならないし(^_^)。
★緑茶

原材料は「有機緑茶(国産),ビタミンC」。以前はほとんどの有機緑茶のペット飲料に「ビタミンC」が使われていなかったのですが、最近は酸化防止剤であるビタミンCが添加されている有機JAS認定商品が販売されています。別に使ってはいけないものでもないのですが、原材料表示がシンプルな商品をより嗜好する食彩品館.jpとしてはつかわなくてすむものであれば使っていないものを購入します。
緑茶については「無香料・無着色」の表示は不要かと思われます。今時、原材料が緑茶のみのペット飲料で、そういうものを使っている国内飲料メーカー製品を見たことがない。
製造者は「サーフビバレッジ(渋谷区)」結構、見ますね。このメーカーの製品。
当たり前だがきちんと有機JASマーク入り。「有機」あるいは「化学合成農薬不使用」「安心・安全」と表示していても、これがついていないと「有機商品」ではない。

・「“無農薬”表示はよくない」

★分離液状ドレッシング
製造している㈱マナ(京都府)は「ちり酢一番」が有名。
プライベートブランド商品に製造会社名を表示していない企業もありますが、紀ノ国屋のようにきちんと「どこで」「誰が」を表示していただく会社の方が好印象。

*****************************

 隣接のコーヒースタンド「PLUS+STAND COFEE」で知人と久々に再会。西荻窪店オリジナル焙煎のドリップコーヒーとやらを飲む。

=========================
Daily Table KINOKUNIYA西荻窪駅店(東京都杉並区)
東京都杉並区西荻南3-25-1.
℡03-6913-7373
ニュースリリース
売場面積 約243㎡(約74坪)
営業時間 平日7時~22時
       土日祝8時~21時
開店日2017/06/13
訪問日2017/08/06(訪問記事8/6)

◇地図

**********************************
「Daily Table KINOKUNIYA」一号店はこちら↓
●Daily Table KINOKUNIYAアトレ吉祥寺店
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24
アトレ吉祥寺本館1F 3番街
℡0422-22-1498
営業時間10:00~22:00
開店日2017/03/01

===========================

◆紀ノ国屋に関する記事
2017/08/14紀ノ国屋西荻窪駅前店訪問記(東京都)
2017/08/08KINOKUNIYA entrée グランスタ丸の内店
2014/04/16紀ノ国屋グランスタダイニング(東京駅構内1階)
2011/02/17KINOKUNIYA entrée<紀ノ国屋アントレ>訪問記
2009/01/05紀ノ国屋インターナショナル訪問記(東京都)
2008/11/05紀ノ国屋Orobiancoのショッピングバッグ