食彩品館.jp

フィールマイスター「本場名古屋人も納得する八丁味噌煮込みうどん」。「名古屋流煮込み時間7分」の「“名古屋流”かた煮込み」が気になる。製造は石丸製麺


 流通各社はナショナルブランドに加えてプライベートブランドやストアブランドなどオリジナル風な自主企画商品群を作成して品揃えと利益確保の幅を広げようと努力されています。
中には現在販売されている商品のパッケージデザインを変えたり、若干、添加物や味付けを変更したりする「“なんちゃって”プライベートブランド商品」が多いように思います。
本当のプライベートブランド商品というのは、尊敬している故渥美俊一先生のペガサスクラブ日本リティリーングセンター定義である「ナショナルブランドでは世にない分野で、仕様書発注した、新しい開発商品」「一流メーカーに仕様書発注した”コントロールドブランド”商品」。それ以外の”PBもどき”はすべて「ストアブランド」ながら、それを前提とすると世の中にPBはなくなってしまうかも知れないということを過去に記した記憶があります。
2009/09/09プライベートブランドとストアブランド

“フィールマイスター”はスーパーマーケットのフィール社の高品質タイプのPBですが、その数約140品目。
食彩品館.jpがイチバン評価しているのは「製造元」と「原材料の産地」が明確になっている、あるいはできるだけ表示しようと努力されていること。
どんな立派な加工食品のPBでも「どこの原材料を使っているのか」「どこで製造されたのか」を表示していないPBは購入したくありません。

 この商品の麺の製造メーカーである石丸製麺の場合、乾麺は12時間~50時間乾燥するそうです。「半生」は90分程冷風乾燥するだけ。よって、乾麺の賞味期限1年に対して半生は1ケ月~3ケ月と日持ちが短くなっています。
その他、モチモチの食感は生麺に近い半生麺が優位のようにも感じますが、小麦粉の風味を感じるのは乾麺だと専門家が教えてくれました。

 一般的に通常のうどん麺を茹でるのは約15分であることに対して、今回購入した「フィールマイスター本場名古屋人も納得する八丁味噌煮込みうどん」の名古屋流煮込み時間は7分を推奨しています。

讃岐うどんの麺は「小麦・水・塩」で練るに対して、味噌煮込みうどん用の麺は「小麦・水」で練りこみます。豆味噌に塩が効きすぎないように配慮しているようです。
製造会社は四国高松のご存知、石丸製麺。

石丸製麺
香川県高松市香南町岡701
℡087-879-6111

 愛知県でも普通のうどん麺と味噌煮込み麺を区別している飲食店は何店あるのか知りませんが、麺に塩を入れる入れないのこだわりを持っている提供店はさほど多くないのではと思っています。そういった点でフィールマイスターの八丁味噌煮込みうどんのこだわり姿勢としては立派だと思います。
 ただし、“本場名古屋人も納得する”はちょいと違和感。
「名古屋人も納得」だけならばスルーできるが、食彩品館.jp的には味噌煮込みうどんの本場は愛知県全体だと思っているため、名古屋の前に“本場”をつけることには賛成できません。
味噌煮込みを提供する店舗や食する人数の多さから、あるいは県外にも著名な両“山本屋”の名古屋店舗を想定されているかと思われますが、味噌煮込みに使う味噌の本場は愛知県全体であり、一般的には西三河の岡崎八帖町の味噌蔵2社が製造する八丁味噌のことを指すと思っている方が多いようですが、愛知県で製造された豆味噌のことを八丁みそと通称している団体もあるため、裁判所が「八丁味噌は一般名称である」と判断した件についてはすでに何回か紹介済み。
以上の理由により味噌煮込みうどんについては「本場名古屋」という表現に違和感ありというのが食彩品館.jpの意見です。
ちなみにですが、麺の固さについては“名古屋流”という表現に違和感を感じません。たしかに名古屋市に出店している“両”「山本屋」各店や「まことや」の麺は本場愛知県でも固さにこだわりを持っています。

さて、実食。
薄い味を加工食品で再現するのは難しいのですが、濃い味を再現するのは比較的容易です。尚且つ、食彩品館.jpの味噌煮込みうどんに対する評価の基準が低いため、味的には文句はありません。
さて、肝心の麺の固さ。「名古屋流7分」で試してみたところ、良い感じにできあがりました。さすが石丸製麺です。

=======================
◆カクキュー及び八丁味噌の郷、八丁村関連記事
八丁味噌カクキュー直営「休右衛門」味噌煮込みうどん
2017/05/12 5年熟成ヴィンテージ矢作八丁味噌購入
 (八丁味噌の自社基準について)

=========================================

◇味噌煮込みうどん

2012/07/29二橋(にはし)(岡崎市)
  http://goo.gl/pqCKdy
2014/02/06 一よしで“煮込み”ではない「八丁味噌うどん」
2014/03/02 豊田屋(豊田市)「味噌煮込みうどん」
2013/06/02 田毎(たごと)(豊田市)で味噌煮込みうどん
2014/02/23 めん処大八(知立市)で味噌煮込みうどん
2014/08/23味噌煮込みうどん みづこし(岡崎市)
2014/08/30大正庵釜春本店(岡崎市)
2014/10/19うどん丸久(愛知県岡崎市)
2015/01/10鶴林古(つるりんこ)(愛知県安城市)
2015/02/08つるつるうどん定吉(愛知県豊川市)
2015/04/04千里十里岡崎店(岡崎市)味噌煮込みうどん
2015/04/12伊賀大正庵(岡崎市)家康うどん八丁味噌あんかけ
2015/05/09山本屋本店名古屋駅前店(名古屋市)
  http://goo.gl/vRea1S
2015/06/27麺茶屋(愛知県岡崎市)味噌皿うどん
2015/11/07菊丸(名古屋市緑区)親子煮込みうどん
2015/11/21山本屋総本家松坂屋名古屋店(名古屋市)
  http://goo.gl/FJOdGl
2015/11/28味噌煮込みうどん松橋(愛知県豊田市)
2016/02/13大正庵釜春NEOPASA岡崎(愛知県岡崎市)
2016/02/14しばた(愛知県幸田町)味噌煮込みうどん
2016/03/19手打ち処 実演 三峰(愛知県岡崎市)
2016/03/27たつみ屋(愛知県岡崎市)味噌煮込みうどん
2016/04/09煮込みうどん かに屋(愛知県一宮市)
2016/04/23自家製麺 新世和麺Diningつるる(岡崎市)
2016/05/01つるつるうどん瓢六庵本店(豊田市)味噌煮込み
2016/05/14お食事処舞心(愛知県豊田市)味噌煮込み
2016/05/22手打ちめん処 寿限無茶屋(愛知県豊明市)
2016/06/05めん処 丸長(愛知県安城市)味噌煮込み
2016/06/12圓山(愛知県安城市)味噌煮込みうどん
2016/06/26手打ちめん処 藤光(安城市)味噌煮込みうどん
2016/07/09味噌煮込みうどん泰平(名古屋市)
2016/08/07手打ちめん処 しら川(愛知県豊田市)
2017/01/21三国(愛知県安城市)味噌煮込みうどん定食
2017/02/05みそ屋(愛知県豊田市)味噌煮込みうどん
2017/03/11手打ちうどん小六(三重県熊野市)味噌煮込み
2017/04/09麦穂(愛知県安城市)味噌煮込みうどん定食
2017/04/23味噌煮込みうどん松橋(豊田市)再訪
2017/07/23カクキュー直営食事処 休右衛門(岡崎市)
2017/10/08山本屋本店栄中央店(名古屋市)味噌煮込
2017/10/29豊田屋(愛知県豊田市)味噌煮込みうどん
2017/11/07フィールマイスター八丁味噌煮込みうどん

========================================

==============================

◇フィール社直近記事
□2017年以降
・2/3EQVo!(エクボ) 上田楽店(春日井市)(紹介記事2/3)
・2/22フィールKAKEMACHI店(欠町店:愛知県)(part1記事4/23)
・5/11フィール社台店(名古屋市)(part1記事2016/5/27)
・7/21フィール初生店(浜松市)(訪問記事7/21)
・<10/2予定>フィール平和公園店(名古屋市)(紹介記事2/14)
・フィールマイスター八丁味噌煮込みうどん(訪問記事11/07)
・11/11EQVo!(エクボ)ハーモニー(愛知県)(紹介記事11/11)
□2016年以前
・11/16フィール豊川店(愛知県)(紹介記事11/16)
10/7フィールリスタ店(愛知県豊田市)(紹介記事10/7)
・フィール エクボ入場店<R>(名古屋市)part2記事9/15
・フィール蒲郡店<R>(蒲郡市)(part1記事6/8)
フィール岡崎欠町店(岡崎市)(part1記事4/23)(訪問記3/7)
・フィールクオリテ名東高針店(名古屋市)(part2記事4/25)
・フィールコムタウン店(愛知県岡崎市)(part2記事2015/11/25
・フィール豊川西店(愛知県豊川市)(part2記事2014/11/28)
・フィールフィルタウン(静岡県浜松市)(part11記事2014/11/27
・フィールスマイルプラザ(名古屋市)(part2記事2015/9/29)
・フィール刈谷恩田店(愛知県刈谷市)訪問記(part1記事2014/9/4)
・フィールハミング(静岡県浜松市)訪問記(part8記事2014/8/4)

 

==========================