食彩品館.jp

旨味成分たっぷりの“濃い系”です。煮干鰮らーめん圓名古屋大須店(にぼし,いわし,らーめんえん:愛知県名古屋市)。八王子本店を懐かしむ

Pocket

食べログ記事をアップしました
煮干鰮らーめん圓名古屋大須店

==================

 基本の味は「煮干し(薄口しょうゆ)」と「昔ながらのらーめん(濃口しょうゆ)」これに「塩」と「つけ麺」もある。

やはりこの店の店名にもなっている煮干らーめんをいただくことに。なんとなくお腹が空いていたので「特製煮干らーめん980円」を選択。レギュラー煮干との違いはトッピングの玉子と豚肉の量の違い。

 ルックスを眺める。豚バラ肉の脂のトリミングが通常よりも多め。豚の脂をアピール、すなわち、美味しい豚肉を使っている証拠かと推測。期待アップ。八王子の本店ではオープンで炙った脂身の少ない部位の豚肉を使用していたと記憶しているが、こちらの豚肉は好印象ながらも、ちょっと加工食品っぽいルックスが残念。
煮たまごの黄身の解け具合と色も好印象。表面のしっかり煮た感もグッジョブ。
麺も全粒粉使用仕様ということで、こちらも食彩品館.jp好みのルックス。

さて、実食。八王子の本店では千葉県九十九里のカタクチイワシをメインにいろいろと組合せていると聞いていた。「煮干らーめん」は薄口しょうゆを使用しているため、元スープの絶妙な色加減を壊さないのが良い。見た目あっさりだが、一口で「ああ濃いな」を感じる。濃いのは「旨味成分」です。
ただし、香味油の影響か少々油濃さを感じる。
出汁の基本となっているカタクチイワシは関西で多く使われる「白手」ではなく「青手」でしょうか。看板の青色は海を表し、鰮の文字色はイワシを表現しているということなので、濃い出汁味になる「青手」を使っているのでしょうね。

スープの甘みが若干、気になるものの、麺がバツグンの出来。全粒粉を使用しているということで見た目のインパクトもあり、そして食感も好み。素晴らしいと思います。
そうそう、メンマはさすがに名古屋薬膳系の食感には及びませんが悪くはありません。
今回は特製をチョイスしたため豚肉の量も多く、少々もたれぎみになり、スープは完飲することができませんでした。

================
煮干鰮らーめん 圓 名古屋大須店
名古屋市中区大須3-30-31
営業時間
11:00~15:00
17:00〜22:00
定休日水曜日
席数9席(禁煙)
開店日2016年1月27日

◇全国のラーメンに関する記事一覧
http://wp.me/P66ssl-5Gc
◇うどん、そば、冷麺、焼きそば、パスタ記事
http://wp.me/P66ssl-5Vg
◇鮮魚と寿司に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-5NK

◇和食(ランチ含む)に関する食彩品館.jp記事
https://wp.me/P66ssl-9hQ
◇肉類に関する食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-6Dg
◇和食(魚・肉記事除く)食彩品館.jp記事
http://wp.me/P66ssl-9hQ

◇食べログ記事一覧
http://goo.gl/mZSuZ1
============================

★食彩品館.jp直近記事一覧 17,000記事程
http://goo.gl/S6anZc

=====================

★★直近の記事★★

◆新着記事。画像or文章クリック

=====================

Pocket