食彩品館.jp

展望所から眺める「農村景観日本一の地」(岐阜県恵那市岩村町富田地区)。第7回美しい日本のむら景観コンテスト集落部門農林水産大臣賞受賞地から“All Along the Watchtower”。

Pocket

◇美濃岩村町周遊記(岐阜県恵那市)
2019/04/24岩村城跡訪問記
2019/04/29岩村歴史資料館,太鼓櫓
2019/05/02いわむら城下町のひなまつり
2019/05/04ふる里シマダヤ冷凍麺
2019/05/06こぶし公園シデコブシとハナノキ
2019/05/08女城主,岩村醸造
2019/05/13五平餅のみはら(岩村町)
2019/05/15松浦軒本店カステーラ

2019/05/17農村景観日本一の地(富田)
2019/05/18郷の薪窯パン Kitto!(岩村町)

======================<
農村景観日本一の地
岐阜県恵那市岩村町富田地区    

 場所がグーグルマップに掲載されていないため位置特定が大変でした。ということで、まずはマップに登録した地点がこちら↓
◇地図

 中央自動車道恵那インターから国道19号線経由で国道257線を岩村方面へドライブ。
岩村市街地方面へ左折して岩村城址方面へ向かう。城址本丸周辺を散策した後、城下町に戻り、岩村本通り周辺や岩村城登城口付近の観光施設を訪れ、恵南商工会岩村支所駐車場に戻る。
当日はそういうルートで観光を済ませたが、恵那インターへ戻るルートを変更して恵南商工会岩村支所の近くの「裏山交差点」から国道363号線へ入り、「農村景観日本一の地展望所」に寄り道。

 国道363号線をドライブしていると右側に看板発見。意外とわかりやすく目立つように表示されていました。

少々急な階段を登ると展望台に到着。

展望台を登ると日本一とかの農村景観が広がる。

 展望台から見渡すと、眼下に広がる約150ヘクタールの盆地の中に点在する瓦と白壁の農家や土蔵。四季折々に変化する田園色彩。遠くを眺めれば低山から高山までの東美濃の山々の景色。

(画像はすべてクリックで拡大表示:AMPサイトを除く)

これで竃から立ち上る煙でもあれば仁徳天皇になった気分が味わえる。
ただし、「日本一」かどうかまでは判断できません。
日本一の理由としては以下の通り、恵那市観光協会で紹介されています。
~「農村景観日本一」の称号は、平成元年に全国の環境問題を専門に研究している、京都教育大学・木村教授から頂き、マスコミが一斉に報道し一躍脚光を浴びたものです(中略)また、この景観は「第7回日本のむら景観コンテスト」の集落部門で農林水産大臣賞(最高賞)を受賞しています~

 木村教授が言い出したことと、農林水産大臣賞受賞が「日本一」自称の根拠のようです。以前、ハワイの海岸で「全米1美しい」と自称する海岸が結構、あって、いったいどうなっているんだろうかと調べたことがあります。
ラニカイビーチと全米№1ビーチ
それでは「美しい日本のむら景観コンテスト」はどういう基準でこれまでどのような場所が選ばれているのでしょうか。
農林水産省のホームページにコンテストの紹介と過去の「農林水産大臣賞」を受賞した地区が紹介されています。
◇美しい日本のむら景観コンテスト
~美しい日本のむら景観コンテストは、地域の人々の努力を背景として支えられている日本を代表する農山漁村の美しい景観について表彰することにより、広く農山漁村の美しさについての理解を促し、美しい景観の保全及び形成に資することを目的に、平成4年度から平成14年度に実施されたものです。ここでは、農林水産大臣賞をはじめ、これまで選定された地域の美しい景観を紹介します~

 平成4年度を第一回として、平成14年度まで合計11回、コンテストが開催された模様。岩村富田地区はそのうちの第7回コンテストで農林水産大臣賞を集落部門で受賞。

農林水産大臣賞受賞地区一覧
「集落部門」「文化部門」「生産部門」にわけて表彰されているようです。
2019年4月現在、北海道から九州まで全国で55ケ所受賞されています。結構、多いですね。集落部門で受賞したのは13ケ所で、中部地方では三重県名張市布生と津市美里村桂畑とこちらの恵那市岩村富田地区が受賞。
岩村の富田地区の受賞は第7回(平成10年度)で受賞タイトルは「田園の夕暮れ」

第7回の農林水産大臣賞は文化部門で3ケ所、生産部門で1ケ所、集落部門で岩村富田地区が1ケ所となっています。
農林水産大臣賞は最高賞の位置づけのようなので、平成10年度は美しい日本のむら景観において集落部門で日本一になったことき間違いありません。
ただし、この場所が全国きっての農村景観地、すなわち「日本一」であるかどうかは?。
ということで、正確には「環境問題研究者の木村さんが“日本一”と認定し、且つ、過去、農村景観コンテストで最高賞を受賞したことがある」という“日本一”ですね。

さて、展望所には景観案内の看板と一緒に「ふるさと」の歌詞も紹介されていました。私は「ふるさと」ではなく、ボブディランの「見張塔からずっと(All Along the Watchtower)」をジミヘンドリックスバージョンで小声で歌いました。

 展望台の裏側には乗馬クラブクレイン恵那があります。のどかな風景に馬のいななき。
この地を目的にやってくると「ちょっとどうかな・・・」と思ってしまうかも知れませんが、岩村城下町周辺から恵那インターに戻るルートとしては少々の寄り道なので、岩村へ来たら観光の前後にこの場所を訪れることをお勧めします。

農村景観地ウォーキングマップ
=======================

Pocket