食彩品館.jp

京都丹後半島の温泉宿。ペーハー8.6(宿称)とかのお肌スベスベ湯。自家源泉で足元湧出、加水無しだが「加温あり・循環あり・消毒あり」※平成20年成分表より)奥伊根温泉 油屋本館(京都府与謝郡伊根町)温泉編

Pocket

 温泉に宿泊するならば、できれば足元から湧き上がる温泉にそのまま浸かりたい。それが無理ならば、源泉地からの引き湯をそのまま湯船に注いで、注いだ分だけ湯船から流れ落ちる温泉に入りたい(いわゆる“源泉掛け流し”)。
それが無理なら、せめて“加水無し”、それも無理なら“加温無し”、“循環無し”。ちなみに消毒については都道府県によって義務づけられているところもあるため、各保健所の指導に従っていればそれで良しと思っています。
温泉宿検索サイトを参考にして宿泊する温泉を下調べしているのですが、今回も「源泉掛け流し」で検索してヒットした宿の中からこちらを予約しました。
予約前にいろいろとホームページ等で確認したのですが
~「丹後・奥伊根温泉(当館)」は当館の真下より湧出する「天然直掘り」「かけ流し」のナトリウム – 炭酸水素塩泉 です。その湯量・成分・泉質は非常に優秀で、湯治の湯として知られる近隣の温泉地にもひけを取らないつるつる・すべすべの肌あたりです」という表記を確認しました。
また、「泉質」の項目のところに
~泉質 ナトリウム:炭酸水素泉・塩化物温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
※露天・大浴場はかけ流し(加温・一部循環)~
この表示から、「源泉掛け流しではなくただの“かけ流し”」「加温・一部循環」という表示が気になったものの、当館は食彩品館.jpの望む「足元湧出」「かけ流し」であると理解。ただし、肝心の改正温泉法に準じた泉質表示が見当たらないため、こうなったら現地現物で確認するかということで出かけました。

 結論から申し上げると、当館は「加水無しだが加温・循環・消毒あり」ということのようです。
入浴時に脱衣所に表示されていた平成8年の成分分析表については源泉温度45℃となっていましたが、保健所の印鑑が押された平成20年度の成分表には源泉温度33.2℃となっていました。且つ、その成分表には加温・循環ろ過・消毒と表示されています。
最初、入った時に若干の塩素臭を感じたので成分表示を探したものの、そういった表示がある場所を探しきれなくて翌日にフロントで成分表をいただきました。
尚、当方がホテルのフロントカウンターで所望して渡された成分表は平成20年度のものであるため、温泉法の「定期的(10年ごと)な温泉成分の分析」よりも1年程経過している調査表であり、最新の分析成分ではない可能性があります。

ただし、加水無しということで、一番重要な温泉成分は薄められていないと判断し、ペーハーpH8.6,自家源泉は担保されている(ハズ)。
温泉地によっては元の温泉に対する加水率が70%だったり、多く加水するところでは90%だったりするという噂も聞くため、加水無しというのは大変ありがたい
実際に湯に漬かった瞬間に肌がスベスベ。且つ、入浴に適した温度に加温されているため気持ちよく入浴ができます。もちろん消毒済みのため衛生的にも安心して入浴することができます。
食事前、食事後、早朝の3回、入浴させていただきました。
↓ 浴室

↓ 露天風呂からの景色

そして自主的に掲示することが望ましい項目についても積極的に表示してくれればもっと嬉しいのですが。

◇温泉浴場の表示
・「加水無しの天然温泉」という表示はありました

・浴室にあった表示

(画像はすべてクリックで拡大表示:AMPサイトを除く)

***************************************
<以下、ご参考>
平成8年の成分表平成20年の成分表比較

◇当館の温泉成分表について
□平成8年(1996年)
1.温泉名 奥伊根温泉
2.泉質  ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
3.泉温
 源泉 45.0℃
4.温泉の成分
 温泉分析書のとおり
5.温泉の分析年月日
 平成8年1月17日
6.分析者
 京都府保険環境研究所

□平成20年(2008年)
1.温泉名 奥伊根温泉
2.泉質  ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
(低張性弱アルカリ性高温泉)
3.泉温
 源泉 33.2℃
 利用位置 41.5℃
4.温泉の成分
 温泉分析書のとおり
5.温泉の分析年月日
 平成20年12月22日
6.分析者
 京都微生物研究所
☆成分に影響を与える項目
1.入浴に適した温度に保つため加温しています
2.衛生管理のため循環ろ過装置を使用しています
3.衛生管理のため塩素系薬剤を使用しています
===========================

◇平成19年度10月20日温泉法改正主旨
□定期的(10年ごと)な温泉成分の分析が義務化
・定期的な温泉成分の分析の都度、結果に基づく利用施設での掲示の更新が必要
・温泉に関する許可について、相続や合併時の許可の承継制度が新設
・温泉に関する許可の際に付けられた条件に違反した場合、許可の取消しが可能になった

温泉利用事業者が提示しなければならない項目
1.源泉名
2.温泉の泉質
3.源泉及び温泉を公共の浴用又は飲用に供する場所における温泉の温度
4.温泉の成分
5.温泉の成分の分析年月日
6.登録分析機関の名称及び登録番号
7.浴用又は飲用の禁忌症
8.浴用又は飲用の方法及び注意
9.温泉に水を加えて公共の浴場に利用する場合はその旨及びその理由
10.温泉を加温して公共の浴場に利用する場合は、その旨及びその理由
11.浴槽等で使用された温泉を再び浴槽等で使用する場合は、その旨(ろ過を実施している場合は、その旨を含む)及び理由
12.温泉に入浴剤を加え、または温泉を消毒して利用する場合は、入浴剤の名称または消毒の方法およびその理由。
□自主的に掲示することが望ましい項目
・加水・加温・循環及び入浴剤や消毒処理の程度
・加水する場合の水道水・井戸水・沢水等の種別
・源泉の状況(自噴・動力揚湯の別、ゆう出量、発削深度など)
・温泉利用施設及び浴槽の清掃の状況
・湯の入替頻度
・浴槽の湯口等における飲用の適否等の情報
☆自主的な表示例

□ 温泉成分の再分析の期限
・手持ちの温泉分析書の分析年月日再分析の期限
 平成12年1月1日以前又は分析日が不明平成21年12月31日までに再分析
 平成12年1月2日以降分析日から10年以内に再分析
□参考
環境省パンフレット(平成19年10月)

==========================

丹後・奥伊根温泉 油屋本館
京都府与謝郡伊根町津母570
℡0772-32-0972
↓ 油屋本館と油屋別館 和(なごみ)亭

宿泊日数:1泊
部屋タイプ:洋室ツインベッド(洗浄機付トイレあり)
部屋数:1室
「油屋別館 和亭」の二つ。「油屋本館」は昭和62年、温泉掘削を開始し平成6年に非常に泉質の良い温泉が湧出した。
名湯100選にも選ばれた自家堀天然温泉。日本屈指の含有量を誇る炭酸水素塩泉は行楽後の肌を柔らかく包み込むような、しっとりすべすべの優しい感触。炭酸水素塩泉(pH8.6,自家源泉)

◆温泉に関する記事

2019/05/29奥伊根温泉油屋本館(自家源泉)
2019/04/10赤穂温泉赤穂パークホテル(兵庫県)

2019/01/30三保園ホテル(静岡市)冷鉱泉掛け流し
2019/01/27湯ノ口温泉(三重県熊野市)源泉掛け流し
2018/09/28濁河温泉湯元館(岐阜県下呂市)
2018/09/06新湯ノ口温泉(三重県紀和町)訪問記
2017/12/06青森ワイナリーホテル宿泊記(南大鰐町)
2017/06/07大江戸温泉村物語下呂新館(岐阜県下呂市)
2017/04/26紀州南部ロイヤルホテルで温泉。南高梅(みなべ町)
2017/04/21白浜温泉の外湯巡り(和歌山県白浜町)
2017/03/16大江戸温泉物語 熱海伊豆山 ホテル水葉亭
2016/10/11アクアイグニスの温泉棟・宿泊棟について
2016/09/08八方温泉源泉かけ流し。グローリアス(長野県)
2016/06/17礼文島プチホテルコリンシアンの夕食と朝食(北海道)
2016/07/18北国グランドホテル(北海道利尻郡)
2016/05/06アクアイグニス多気(三重県)イオンタウン多気2
2016/03/31玉造グランドホテル長生閣(島根松江市)
2016/03/24三朝温泉(みささおんせん:鳥取県)
2014/01/05 猿投温泉金泉閣と金泉の湯(愛知豊田市)
2013/08/19秋保温泉(宮城県)
2013/06/15きよもん湯(和歌山県那智勝浦町湯川温泉)
2013/06/08紀伊勝浦港(和歌山県)で周辺の風景と温泉宿泊施設。勝浦漁業協同組合 魚市場、勝浦漁港にぎわい市場(朝市)、足湯 海の湯、南紀勝浦温泉 越之湯、南紀勝浦温泉ホテル中の島、ホテル浦島、他
2013/05/04 湯の峯温泉 世界遺産登録の温泉「つぼ湯」入浴。川湯温泉、渡瀬温泉(和歌山県田辺市) 本宮温泉郷。その他周辺の入浴済み温泉施設(龍神温泉、十津川温泉、湯ノ口温泉、入鹿温泉、上北山温泉、小処温泉、南紀勝浦温泉ホテル中の島)
2013/01/03下呂温泉露天風呂(岐阜県)
2010/04/24 京都丹後半島ドライブ。城崎温泉へ(兵庫県)
2009/05/06白浜温泉と南方熊楠のこと(和歌山県)
2008/08/17越後湯沢 雪の宿 高半(新潟県)
2008/07/17温泉のこと(過去からのまとめ的記事)

◇その他温泉行
▼北海道
  ・旭岳温泉  ・白金温泉  ・湯川温泉  
  ・うずら温泉 ・芦別温泉  ・ニセコ昆布温泉  
 ▼東北・越中越後・北陸
  ・大鰐 島田温泉 ・岩手 八幡平温泉

  ・秋保温泉    ・赤倉温泉  
  ・黒部峡谷名剣温泉 ・立山みくりが池温泉 
 ▼関東
  ・鬼怒川温泉   ・塩原大網温泉
  ・伊香保温泉   ・行田温泉  
  ・草津温泉地蔵の湯  ・煮川の湯   
  ・草津温泉西の河原露天風呂 
  ・四万温泉積善館  ・四万温泉湯元長静館 
 ▼信州
  ・上高地中の湯温泉(旧)  
  ・北志賀よませ温泉  ・小谷温泉
  ・野沢温泉  
  ・奥蓼科渋御殿湯   ・奥蓼科渋川温泉
  ・奥蓼科明治温泉   ・稲子湯温泉 
  ・諏訪湖温泉
  ・乗鞍高原温泉   ・乗鞍高原温泉2 
  ・馬曲温泉
  ・白骨温泉   ・新穂高温泉   
  ・志賀ほたる温泉(熊の湯)
  ・地獄谷温泉  ・渋温泉外湯巡り 
  ・湯田中・渋温泉  ・海ノ口温泉 
  ・濁河温泉
 ▼紀州
  ・熊野入鹿温泉  ・熊野湯の口温泉 
  ・田辺 わたらせ温泉 ・田辺 川湯温泉 
  ・田辺 湯の峯温泉 ・湯の峯つぼ湯
  ・南紀 勝浦温泉  ・田辺 龍神温泉  
  ・上北山温泉薬師の湯  
  ・上北山 小処温泉
  ・十津川温泉   ・下北山温泉  
 ▼関西
  ・有馬温泉
 ▼中国
  ・三朝温泉
  ・玉造温泉
 ▼四国
  ・道後温泉 
 ▼九州
  ・鉄輪温泉  
  ・雲仙小浜温泉  ・雲仙小池地獄温泉

================

Pocket