食彩品館.jp

訪問店舗の購入商品・広島焼き&やまと豚

●商品, 訪問記録|2008/09/08 posted.
Pocket

 「お好み焼きプロ養成コース合格証」という賞状が飾られていた
大府フランテ館」。
2008096_4

2008096_5
 焼き物の対面調理はどこでもやってますが、オタフクじゃなくて「カープお好みソース使用」がちょっと違うところでしょうか。カープの外部リンクですが、参考まで。

証書以外にも「コトPOP風」なコメントがありました。

●一日分の野菜の必要量って知ってる?。このお好み焼き1枚で1日に必要な量の半分の野菜がとれますよ!。野菜が不足がちな人。嫌いな人でも食べれちゃうこのうまさ。

 ああそうか。それで野菜が必要以上に入っているのかと納得。
味は甘辛。    580円です。
2008096_2
 続いて、以前、コーヨー高槻店へ行った時に「イカの刺身」で足をボイルして上手に使っているのを見ました。それ以来、いろいろなところで見かけますが、頭をボイルして使っているのを発見。これどっかでも見たな。どこだったかな。また資料を探してみます。
なかなか美味しそうだったので「お好み焼き+イカ刺し」を店舗の前のベンチで広げていただきました。
2008096_3
あとはおはぎの形がしっかりとヨークベニマルタイプになってました。ずんだおはぎもおいしそうでしたがこちらはパス。
*******************************
  これだからローカル店舗回りはやめれんなと思わせてくれた「スーパーサンユー」。
20080906_2 特徴は豚肉。やまと豚しかない。しかも12尺オープン多段ケースに半調理品から、バーベキュー用、煮豚用とかも含めてギッチリ埋まってました。自家製餃子もあったので購入。
平台ではワインとかチーズを含めた関連販売をしていたので、もしかするとフリーデンさんがいろいろと売り場作り提案に協力されているのかなと。
 鳴海店では生肉以外に「やまと豚チャーハン」「やまと豚ギョーザ」「やまと豚カツ」など惣菜でもやまと豚を使った商品が多数並んでいました。
 それにしてもやまと豚を食べた銀座の直営店は美味しかったな。行ったのは二丁目店と八丁目店だと思った。そういえば一回目(2006年)は集合時間に遅刻して、二回目(2008年)は道に迷った(笑)
Photo
************************************
 これはイカンと思ったがどうでしょう。
私は財布から199円を取り出して準備しました。レジの男性アルバイトが「209円」です。
えっ?
と思ってラベルを確認すると。税抜き表示でしかも税込み表示が小さい。
20080906_4
*************************************
いつもより買い物が少ない。
20080906_5
エビスビール「エビス三昧」はハーフ&ハーフを作るために購入。
半額の天然ヒラメは自分で調理して一晩冷蔵庫で寝かせた方が良かったか。
身がやわやわでした。半額処分品。
**********************************
まだ訪問店舗の写真の整理が完了していません。
明日にでも記事にしたいと思います。

Pocket