食彩品館.jp

オークワ的「業態」の話。祝!! オークワ岡崎インター店オープン記念記事

オークワ・パレ|2009/07/31 posted.
Pocket

 題名だけ見るとすでにオープンしたかのような見出し[E:bleah] スマン。
 先日「8月7日オープンを目指している」という話を書いたところ、「オフレコの話は公開するな」とお叱りを受けたので、謹んでお詫び申し上げます。[E:sad]

でも、「会員募集受付8/6まで」っていうPOPまで掲示しているし・・。[E:coldsweats01]
7日にはオープンしていることでしょう。(プレなのかどうかはともかく)。といいながらも 、仏滅にはプレもク゜ランドもやってないし。
*******************
 7月25日に和歌山方面へ遠征したので、いろいろと業態比較をしてきました。
といってもすでに全業態訪問済ですが(しっかり数えてないが既存店の半分以上は訪問していると思う)。
オークワの業態としては下記の通り。
「そんなもんオークワのホームページに書いてあるわい」とか言わないのっ。
●スーパーセンター
 (低価格志向SM+衣料±ホームセンター。
  ワンフロア・ワンストップショッピング)
 ・1,000坪、1,500坪、2,000坪、4,000坪タイプ。
 ・養老店を含む2,000坪以下の品揃えでスーパーセンターといえるか個人的には疑問。
  スーパーセンター間でも競合状況により価格が違う。
●メッサ(高質志向店)
 ・高松店の”松岡シェフ”など、高質スーパー的要素をメインにアピール。
 ・繁盛店とは思えないが、”オークワも高品質に取組んでいる”ということをアピールしている。
 ・”ヒラマツ(グループ会社)”にもメッサがあったりする。
●プライスカット(低価格志向SM)
 ・メガプライスカットはスーパーセンターの非食部門を縮小した感じ。
 ・競合店対策による改装がメインだが、最初からプライスカットとしてのオープンもある。
 ・”ヒラマツ””パレ(グループ会社)”にもプライスカットがあるが、オークワのプライスカットと微妙に違う。
●SC(ショッピングセンター)
 ・衣食住+エンターティメント。繁盛店はボリューム感たっぷり。ただし、SCとしては大手と比較して専門店が〇い。
 ・スタートの”主婦の店新宮店“はスモールSCだった。昭和30年代に頻繁に利用。
●レギュラーSM
 ・”プライスカットに変わるだろうなあ”と思わせる店舗が結構あったりする。
 ・なぜか愛知のオークワはレギュラーが連続出店。
 ・バローレギュラータイプよりも品揃え充実しているが、私にとって”買える物”は少ない。海沿いでも魚が弱かったりする。担当者の実力が鮮魚に出ることが多い。
  ・一番多い業態だが、オークワ好きの私から見てもレギュラーは・・(以下割愛)
*******************
25日~26日のオークワ訪問店舗(といっても、南紀店以外は通りがかったついでだが)
●スーパーセンター和泉納花店(いずみのうけ)
 ・大阪府和泉市納花町313
 ・1,500坪タイプ初出店
 ・プライスカットに衣住関をくっつけた感じ。
 ・同日に訪問した”イズミヤSuC紀伊川辺店”の完成度が高いだけに・・・。
 ●スーパーセンター南紀店
 ・和歌山県新宮市佐野3-11-19
 ・4,000坪タイプ。これくらいなくちゃ。
 ・2005年のオープン当時と比べると衣住関のボリュームが減。
 ・今回の訪問記事は別途アップ予定。
 ・プライスカットや他のオークワSuCよりも安い商品があったりする。
 ●ミレニアシティ岩出店【SC】
 ・和歌山県那賀郡岩出町中迫塚本147
 ・正面から見るとさほどでもないが、国道24号線側から見るとデカイ。
 ・以前はジョーシンがあったような気がするが、退店したか?
 ・このタイプではパビリオンシティ田辺の方が好きかな。
 ●プライスカットオー・ストリート紀の川井阪店
 ・和歌山県紀の川市下井阪597
 ・「プライスカットのNSC業態」があるとは思わず、最初見た時はびっくり。
 ・数年前より豆腐が10円高くなったのに納得していない。
 ・国道24号線の紀の川市から岩出市にかけてはオークワの業態の宝庫。ドミナント内での住み分け状況が確認できる。
 ●メッサ オークワ高松店
 ・和歌山県和歌山市西高松1-7-88
 ・昨年のオープン時に訪問以来2回目。松岡シェフ健在。
 ・繁盛店とは思えないが、惣菜売場から青果、鮮魚売場に繋がるところが好き。スタバもあったりする。
 ・落ち着いた雰囲気のお客さんしか来ないようだが。
 ・今回の訪問記事は南紀店同様、別途アップ予定。
 ●オークワ 有馬店
  ・三重県熊野市有馬町5821-3
 ・頭付のサンマ姿寿司が置いてあったが、オークワ食品工場製ではなかった。自店製造品は「鮮魚の寿司コーナー」がある店しかないようだ。
  ・24時間営業。近くに”主婦の店(尾鷲)熊野店”が出店してから”超”繁盛店ではなくなったが、結構な賑わい。
*********************
過去のオークワ・パレの記事は
*********************
和歌山遠征記事は今のところ、11弾まで予定しています。

Pocket