食彩品館.jp

スーパーセンターPLANT6 瑞穂店へ久々に行く

Facebook にシェア
LINEで送る

〒501-0234 
岐阜県瑞穂市牛牧2836-1
℡058-329-3700
620090829_2
オープン日:2005年6月21日
最初の訪問日:2005年6月22日
直近の訪問日:2009年8月29日
店舗面積が6,139坪なので"PLANT-6"。3,000坪なら"PLANT-3"。わかりやすいが当初はPLANTの六号店とか三号店とか思っていた。
最初に見たPLANTは新潟県の「PLANT-5 見附店」。
雪の中、見附駅からタクシーのメーターを気にしながら訪問したのが懐かしい。
出張ついでだったが、価格の安さとその規模に驚いたもんです。
それよりも大きなPLANTが岐阜県にできると聞いた時は嬉しかったなあ。
オープン翌日(2005年6月22日)に仕事として訪問、その後、一回だけ家族同伴で買物に行った記憶がある。
仕事だったので、詳しい報告書を残してある。それと今回の訪問を比較すると、
本屋が入って、行政情報センターがなくなった。あと、自転車が増えたかな。
一番変わったのは圧倒的な割安感を感じなくなったこと。これはPLANTの所為ではなく、世の中全体がデフレ傾向のため。
2005062450dscf0459 豆腐10円や缶飲料の50円自販機とか驚いた頃が懐かしい。カートをレジ横に突っ込んで精算するスタイルも新鮮だった。
そのかわり、雑然としていた売場が整理整頓されていた。
あと、惣菜バイキングもきっちり継続。
コーヒーの対面量り売りも継続。
子供の一時預かりも。
売場は食品側から入ると、買物の順番として生鮮→一般食品→日曜雑貨→衣住関。
要冷品を最初に購入するとゆっくり売場を見ることができない。
"昔 惚れた女性に久々に会ったら雰囲気が変わっていて驚いた" 的な訪問でした。
●購入商品
620090829
天然 生本まぐろ。赤身が濃くて、発色前の鮮度の良いものだと思っていたら、そのまま発色せずに黒いままだった。でも中トロ付近も混入していてなかなかお買い得。
ベビーシュークリームは安かったから。
中村商店のホルモンは前回の北陸遠征の時に買いそびれたため。さすが本場物。強烈なニンニクの香りがした。
・持参した買物袋を使うと「ご精算済」の紙を貼られる。
************************
●レイアウト(2009/08/29)
620090829

●レイアウト(2008/06/22)
Photo_2
●お買物リスト(2009/08/29)
Photo
**************
流通・小売トピック
●近商ストアが「駅ナカ」スタイルの出店を加速。「ハーベス天王寺店」をモデルにして、コンビニエンスの利便性と充実した生鮮食料品を併せ持つ“都市型店”として出店。周辺のオフィス街で働くサラリーマンの昼食や単身者の夕食需要も見込み、少容量の総菜類も充実。11月にはJR玉造駅前に「スーパーマーケットKINSHO玉造店」、2010年末までには上本町駅(大阪天王寺区)や菖蒲池駅前(奈良市)で、都市型の「駅ナカ」スタイルのスーパー3店を出店する計画。
●「(仮称)
六本木六丁目三番地計画」新築工事 着工。六本木ヒルズに新たな複合施設誕生
●ジーユー(g.u.)2013年8月期に売上高500億円、200店舗体制を目指す。今秋は990円シリーズ拡大へ。200種類以上(全商品の30%程度、前年の5倍)。990ボトムス、ネルシャツなどシャツ12種類100色柄、ニット9種類80色柄、冬の定番990フリース5種類40色柄等。

Facebook にシェア
LINEで送る