食彩品館.jp

げんさん「生鮮館 堅田店」6/12オープン

購入商品|2009/09/17 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

~滋賀県大津市を拠点として、社是に「いい会社」をかかげ、「ぐるり琵琶湖ネックレス構想」を目指す店舗網は琵琶湖を半周するまでに拡大。~
という紹介文を書いて、これだとホームページ丸写しだなと反省。
1994年にオープンした「生鮮館堅田店」を建替グランドオープン。
〒520-0243
滋賀県大津市堅田1丁目1-15
℡077-574-3651
リニューアルオープン日:2009年6月12日
訪問日:2009年9月12日
20090912
げんさん(元三フード)はSCやスーパーマーケットのテナントとして入店している。
西武、西友、ユーストア、平和堂、イズミヤなど県内各地に精肉店を24店ほどと"生鮮館"というスーパーを3店運営。
実は、専門店として出店されているスーパーのうち、何店かは訪問しているが、「げんさん」という名前に記憶がない。
"ハズイ西店"のことを調べている時に「げんさん」の名前を知った次第。
ということで、"初訪問"です。
もし、"げんさんウォッチャー"の方がこのブログを読んでいたらごめんなさい。
初訪問の素人記事です。

 建替オープン後、3ケ月。そろそろ従業員も客も新店に馴染んだ頃と思います。ワクワクしながらの訪問。
2090912gyomu_super_katada 隣は「業務スーパー(神戸物産) 酒のケント堅田店」がある。青果など生鮮も品揃えしているようなので、隣同士で一部競合。
一方、"げんさん"は店舗前で青果物をテント販売。常設なのかセルフ形式の陳列。骨董品の大八車をディスプレイに使用。
風除室に入ると液晶ディスプレイが出迎え。ついでにサッカー台も。
青果売場は乱雑な一昔前の売場作り。品揃えもそれほどのこだわりは発見できなかった。
作業場と売場の壁がない。通路幅が狭く、突き出し陳列が多いため歩きにくい。
さらに、和日配売場では要冷商品を突き出し常温販売。カートを押しながら買物しているので突き出しが邪魔。しかもすれ違えない。
「もう帰ろうかな」と思っていたら、巨大な岩塩のディスプレイ発見。その下段に倉敷工房商品をシリーズで品揃え。なかなか良い感じになってきた。
円広志がCMする「レトルトビーフカレー」が美味しそうだったが、価格を見てあきらめる。
実は、この前に岩間寺~石山寺~三井寺~比叡山と回ってきて、サイフの中身が寂しくなっていた。この店で現金をおろそうと思ったが、ATMがなく、しかもクレジットカードが使えない。とりあえず、手持ちの現金2千円以内で購入しなくてはいけない。
でも、精肉売場は"げんさんワールド"全開。
精肉デリカでは自慢の牛肉コロッケを購入(ミンチコロッケはハズイ西店で購入予定)。
POPに「羊蹄山麓で有機・低農薬栽培した男爵芋」。ん~。表示がちょっといただけない。
SB(ストアブランド)っぽいPB商品の「げんさんの焼肉のタレシリーズ」は"ホルモン用"とかの他、、塩、醤油、味噌味があり、さらに小サイズも品揃え。現金持っていたら、絶対購入していた。残念。
対面量り売りではショーケースに並ぶ国産牛の「赤せんまい」「しま腸」など、関西の専門店らしい品揃えを確認。
ところで、牛肉や豚肉もPB化(ほぼSBだが)されていて、それぞれ「げんさん牛」「げんさん豚」として販売されている。この手の企業名表示の商品は私のような初訪問の客には手を出しにくい。地域で「げんさんブランド」が浸透している証拠でもあるわけですが。
対面売場横には"ライブ販売"用のステージがあらかじめ用意されていた。
店内各所でメニュー提案や商品説明のための大型液晶ディスプレイが用意されている。
Photo この他、精肉売場と鮮魚売場には、画面を見て気に入れば、手前のボタンを押して、レシピを印刷する備品を設置。良いですね。工夫されています。
 鮮魚売場では売場前通路に販売場所を設置して対面で生魚と塩干商品を売り込み。なかなか鮮度の良い開き物がある。"小浜直送"。近いからね。いいですね。うらやましい。
鮮度の良さそうな「よこわまぐろ」が値頃販売されていた。前述の通りの所持金なのであきらめる。普段なら絶対に購入していた。
「北海道産サンマ(刺身OK)タイムサービス60円」。こういう突然のサプライズサービスは嬉しいですね。低価格販売にも気を使っているようです。
玄米の予約販売もしている。30kg単位で9袋以上予約するとお値打ちになる。もちろん玄米はバラ売りでも購入できる。
アイデア満載の店舗。
●購入商品
・「ゴリ煮」琵琶湖産本うるり。試食したら美味しかったので、久々に購入。家族にも好評。
・「メバルしょうゆ干」。ほお~。「メバルのしょうゆ干し」初めて見た。ということで購入。結果、身が少なく、「堪能した」というほどではない。
・「どぼ漬」。糠漬です。普通の。
・福井産黒枝豆「黒い瞳」。ネーミングが気に入り購入。私だったら「黒き瞳」と名付けるが。本人からクレームが来るかな? 
・惣菜"せかんどきっちん"の手作り「出し巻」。家族には好評だったが、私は・・・。
20090912_2
コロッケを食べた家族の感想。
「美味しいけど"きゅーとら"のコロッケには及ばない。」
恐るべし。ソウルフード。
****************************
"トラック丸ごと産直生鮮朝市"へは行ってみたい気がする。
さらに特招会は「ハガキ持参者のみ」。
Photo_2
**************
特紹会の招待状は「お得な情報応募用紙」を店頭設置の応募箱へ入れるだけ。
20090912_3
投書用紙が「げんさんファンの声」になっている。[E:happy01]
*******
***************
20090912_4こちらは「お客様専用 雨拭きタオル」
大変良いサービスと思います。が。
何を拭くのかの表示がないので使う人があまりいないような気がしました。
まさか、これで濡れた頭とか顔を拭くわけにいかないし。
何を拭くのでしょうか。

Facebook にシェア
LINEで送る