食彩品館.jp

意外だったサンディ醍醐店(京都市)

Facebook にシェア
LINEで送る

上醍醐寺からハーベス大久保店へ向かう途中にサンディの新店を発見。
時間のこともあるし、どうしょうかと迷ったが、ちょいと寄ってみることに。
サンディ醍醐店
京都府伏見区醍醐合場町3-2 
℡075-575-3137

開店日 2009年12月  3日
訪問日 2009年12月29日

020091229_38
「ボックスストア」の名称通り、ダンボールをカットしたままの陳列。
ディスカウントスーパーはどうしても加工食品の安売りが中心で、私のような生鮮好きとしては物足りないことが多いのだが、この醍醐店にはなかなか良い専門店が入っている。
こればっかりは訪問してみないと良し悪しがわからないし、例え 良い専門店だったとしても当日の入荷状況により、印象が大きく変わってしまう。
「"舞鶴漁連直送店"丸塩鮮魚 伏見醍醐店」
20091229_3
舞鶴方面の地魚中心に鮮度の良い鮮魚を低価格で販売。地盤は綾部で舞鶴にも店舗があるようです。その関係でしょうか、なかなか品揃えが面白い。
刺身の造り方は昔の魚屋さんパターンながら京都市内のディスカウントスーパーとは思えない鮮度の良さがいい感じ。
ホウホウと見ているとフグの形したトレーに入った「とらふぐ てっさ」発見。スライスの厚薄が気になるが、とりあえず、買い物カゴへ。
対面に元気の良い方(推定60歳)がいたので、さっそく質問。
(以下、標準語に変換しているが、会話はお互い関西弁です)
「あのてっさは大きいサイズ?」「そうそう。ウチはキロ物以上だよ」
「養殖?」「そうそう。舞鶴からの天然物は小さくて」
「免許は?」「あれあれ(免許証掲示)。ウチは3人持っているよ~」
恐れ入りました。ということで、いろいろ話していたら、フグの鍋物用のところへ連れて行かれて、あれこれ説明を受ける。そしたらその方がトラフグのアラを取り出し値引きしてくれた。
トラフグのアラなんて初めて購入。関西にくるとついつい買っちゃうねぇ。4キロとか5キロとかの大物じゃないけど、しかも天然物じゃないけど、我が家にとっては贅沢品。
それでも「ほぼ二匹分だよ~(標準語に変換)」とか言われると[E:wink]。
その外にも自店のサワラの西京漬けとかも紹介してもらって購入。やっぱアレだね。専門店の対面販売はイイね。きっちり知りたいことを教えてくれる。こうじゃなくっちゃね。
おおきに~。
●購入商品
20091229_4
・先日、オークワで買いそびれた関西味の赤いきつねと緑のたぬきを購入。79円でした。
●関連ブログ記事
2009/11/12スーパーマルハチ、トーホーエープライス、ボックスサンディ等尼崎駅周辺のスーパー
2009/04/30ボックスストア サンディ小倉店と宇治平等院
***************************

目の前にマツヤスーパー醍醐店がある
(2009/09/01訪問記事はこちら)
020091229_40
さらに反対側には新鮮館コスモ醍醐店
20091229shinsenkan_cosmo_daigo
こりゃ大変だなぁ~

Facebook にシェア
LINEで送る