食彩品館.jp

スーパー田子重島田中央店 (静岡県)

●商品, 訪問記録|2010/03/04 posted.
Pocket

スーパー田子重島田中央店              
427-0043

静岡県島田市中溝4-14-12              

0547-36-7666             

2003年オープン
訪問日2010/02/20
20100220_4
田子重は1店舗だけ訪問したことがある。  田子重 下川原店。いつもの「ついで寄り」。
たった1回の訪問で、しかも1店舗だけで、その企業の実力なんか判断しちゃいけないが、こんな感じの店もあったんですねぇ。どんな感じかというと、結構しっかりした商品作りや売場作りをされている。
挽肉も成分表示しているし、「当店の挽肉は新鮮な国産の牛肉のみを使って、毎日、店内で作っています。冷凍肉や内臓肉は一切使用していません」というオネスト表示もしている。
ここで疑問を持った方もいるかもしれませんが、昔(私が業界に入った30年前)は、前日の残り品とかと一緒に他の肉と混ぜながら挽いているスーパーとかあったようです。当然、赤身比率なんか気にしていないし、今日はちょっと赤いなとか、毎日、色が違う。リパック当たり前、変色ぎみの商品はタレ漬け、スパイス漬け。いいかげんなモンだったようです。この表示を見て、そんなことを思い出した次第。
未だにそんなことやっているトコないと思うけど。なので、差異化になるのかなあ。冷凍肉を使っていないということと、国産品ばかりというのは差異化になるか。
惣菜のご飯も「富山産黒部こしひかり」使用。塩にこだわった自家製おむすび「ころりん」。
チラシも今時珍しい両面B3カラーだし、変った「てまり寿司」も見れたし、エフピコと連名で「エコトレー使用」のポスターも表示しているし、下川原店を見た時のイメージとは違うなあ。
店頭で抽選会を実施していたので、若い担当の方と雑談。結構、しっかりとした受け答えをしてくれた。
やっぱり1店舗見ただけで企業のイメージを勝手につけちゃいかんなあと反省。
特にこだわった商品もないかわりに、ちゃんとした惣菜や生活に必要な品をきっちり品揃え。
田子重は真面目なスーパーでした。
●購入商品
20100220_5
・てんむすの「おむすびころりん」。これ以外は120円。塩と米が良いのはわかる。
・芽キャベツとワサビ。今時、トレーを使うのはけしからんと思ったが、「CO2削減に貢献するエコトレー使用」に免じてゆるしましょう。ワサビは「使いきりサイズ」で刺身と関連販売。100円はありがたい。長次郎の鮫皮おろしを久々に使った。
●資料
Photo_10
20100220_6
**********************
1 2
*********************
明日(3/5)は新瑞橋サティの記事を予定しています
 

Pocket