食彩品館.jp

“こだわりスーパー”いととめ本部EAT店(京都府京丹後市)

●商品, 旅行記, 訪問記録|2010/04/26 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

【新店・改装情報】はお休みですが、右枠下の「twitterプログパーツ」で新店情報アップ中。
新しい情報をプログより先にアップしています。特にフォロワーは募集していませんが、フォローしていただく分には一向にかまいません。フォロー返しは今のところ、知人のみとなってますのでご了承ください。
4/25【お知らせ】
4/24【お知らせ】
PC版食彩賓館  携帯版食彩賓館

**************************
いととめ本部EAT店
〒629-2503
京都府京丹後市大宮町字周枳(スキ)1670 
℡0772-64-5295

20100410itotome_eat1830
当初は午後5時に到着予定が、兵庫県城崎温泉から豊岡市まで寄道したので、午後7時過ぎに宿泊予定の京丹後市へ到着。
そのままホテルへチェックインすれば良いのだが、見たことないスーパーを見るとついつい訪問してしまう悲しい? 習性。
でも、地方の見知らぬスーパーが意外といっては失礼だが、面白い商品や売場作りをしていることも多々あることは3,000店近い店舗訪問で経験済み。
さて、この「いととめ」というスーパー。外観から道の駅と勘違い。近づくと楽しい置物がお出迎え。
店内の壁面に本物の中型バイクが飾ってあったりする、なかなかユニークな店舗。
高質志向店っぽい品揃えをしているが、ローカル色も忘れていない。こじんまりとしている中に、地元商材やいわゆる高質スーパー向け商品をうまく組み合わせながら販売。
ナイスな商品も散見するが、本日は当地泊。試したい商品多数ながら、ここはグッと我慢。でもついつい購入してしまう悲しい性。
ここもうどん麺のバラ売りしていた。この京都北部地区のスーパーでうどんのバラ売りを良く見かける。

●購入商品
20100410eat
・自家製れんこ鯛(問人産)干し。身が新鮮でいい塩梅。
・充填豆腐の原料は「京都与野産大豆」。パッケージのデザインに惹かれて購入。
・こんにゃくも豆腐と同様の理由。
・あんどーなっつは秋田の山口製菓店製。有名らしい。
・名物のちくわはステビアの甘さが気になる。
・黒豆ポンは「京丹後市産黒豆使用」。確かに素朴な味。良い。

●覚書
・自家製干物。「生の魚を当店でさばいて干し上げました」と言う表示された「ええ塩梅干物」。
・プレミア焼酎の品揃えも良い。プレミア価格だが、他店よりもちょっとだけお値打ちになっている。
・自然の味協同組合の商品を品揃え
・自家製漬物を真空パックで販売
・富士酢はプレミアも品揃え。
●設備
・子供の遊び場を玄関に設置
20100410eat_3
・リサイクルボックスも木製
20100410eat_4
●資料
Photo_10
Photo_11

****************
いととめの店舗は丹後大宮駅前に一店
いととめ駅前店
〒629-2501
京都府京丹後市大宮町字口大野(クチオオノ)383 
℡0772-64-2019

20100411_9
こちらは駅舎と北タンゴ宮津線がいい感じ。
20100411_8

Facebook にシェア
LINEで送る