食彩品館.jp

良質な店だと思います。ぎゅーとら持川店(三重県津市)グランドオープンへ行く

●商品, ぎゅーとら, 訪問記録|2010/06/07 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

ぎゅーとら持川店
三重県津市久居新町2156-14
℡059-254-1075
開店日 2010/06/05
訪問日 2010/06/05

20100605_6
「ぎゅーとらの新店」と聞けば、どこでも馳せ参じます。大好きな企業です。
いわゆる高質店でもディスカウント店でもありません。普通のスーパーマーケット。その“普通さ”が良いのです。
「普通のスーパーマーケット」というと何も特徴のない企業や店舗のことに聞こえてしまうが、ぎゅーとらについては“普通の”が褒め言葉。
違った言い方をすれば「当たり前のことが“普通”にできるスーパー」。さらに・・・・これは後述します。
食彩賓館はぎゅーとら店舗を新店・既存店含めて全店訪問しています。以前、ぎゅーとらが「全店で買物したら」というスタンプラリーを開催したので、全店訪問している方は結構、多いと思います。それとは別に、食彩賓館は志摩半島先端部近くにある店からササヤマへ出店している惣菜店舗まで一応すべて訪問。
と、いうことで、ぎゅーとらでも店舗によって運営方法、品揃え、商品・売場作りのレベル差があることは良く知っています。それでも「良いスーパーマーケット」と褒めるのは店舗運営が「客志向」であるということ。お客様に喜んでいただく、買物して良かったと思っていただく、そういった配慮を店内各所で発見できます。

以下当日のレポートです。

以前、マルヤス コスモスプラス松阪店オープン訪問記事でも書いたが、土曜日のオープンは無謀([E:coldsweats01])。
午前10時(オープン一時間後)到着。店前の駐車場へなんとか入場。でも何故か、離れた臨時駐車場は満車。理由は早く来て店前に駐車場へ停めた客が買物終了して帰っていくのに、後から来て、臨時駐車場へ停めた客は店の前に約200人近く入場待ち。
約30分ほど強い日差しの中で待ってようやく入場。お年寄りは大変そうでした。途中で「だめだ」と言って列から離れる方もチラホラ。
冷茶サービスはありませんでしたが、キャンディを配ってくれました。でもクレジットカードの案内を入場制限の客にするのは止めたほうが・・・。ちょっとイライラしている方もいますしね。
列に並んでいると自慢げにいろいろとぎゅーとらのことやスーパーマーケットのオープン特売のことを説明する人がいる。食彩賓館の前でそういう話をしない方がいいと思うけど([E:wink])。突っ込みどころ満載の話だったが、とりあえず、聞こえない振りをしてスルーする。
入場待ちの列に並んでいたらスーツ姿の4人組が店内から何も買わずに出てきた。これは相当、腹が立つ。こっちは買物に来ているのに、何も買わずに大混雑する新店に偵察(もしかしたら挨拶?)しにくる業界関係者が許せん。4人組の所為かどうか不明だが、おかげであと数人のところで、入場できずに待たされることになってしまった。(どう見ても近隣の競合店の人には見えない。いつもなら近づいて社章をチェックするのだが列から離れなれない)
しかたないので、入場待ちの間、玄関前から風除室に貼られた掲示物を読む。

「トレンディディ」
・毎月10・20・30日開催。持川店特別企画。
・現在の世の中のトレンドをいち早くご紹介。ドレンドの理由 こだわり・料理法・お得さを分かりやすくご紹介します。
・世の中の流行を見逃すな。担当者オススメTRENDでお得尽くめ。満足品が盛りだくさん。これは・・おススメです。

その他、担当者の顔写真入りでオープニングイベント情報がぎっちり掲示されている。残念ながら読んでいる客はいないようだ。店側の思いと客側の要求がちょっとズレているのかもしれない。これは仕方ない。客は「とにかく他店では買えない良くて安いモノが欲しい」。店は「安いものばっかり買われたら困る。こっちの思惑商品(値入確保)も買ってよ」。そんな感じ。

ようやく順番が来たので入場。カートが不足。しかたなく、買物カゴを持ち、玄関横の「おおきんな市場」から商品チェック。
●レイアウト表
120100605
約400坪なので「おおきんな市場」もレギュラーサイズ。生産者用の値付ラベル発行機も設置していることから、本物の「生産者直売コーナー」とわかる。時々、市場通常仕入品をこういったコーナーに並べる企業もあるので、ラベルは要チェック。
青果売場では「ご存知ですか!!」「因縁の対決」など食彩賓館好みではない扇動的な表現の言葉遣いPOPが気になる。でも そこはぎゅーとらさんだけあって、内容はオーソドックスながらきちんと伝えたい、あるいは客が知りたい内容になっている。
この後、精肉~鮮魚~惣菜と壁周りを見て、グロサリー売場を見るのだが、レジ待ちの列が半端ではない。気になって買物が楽しめない。
しかたないので、店内を徘徊しながらカテゴリーごとに掲示された「持川店おすすめランキング」を眺めて列が空くのを待つ。
「いいこと伝言板」も健在だが、一番目立つのはA4POPで掲示された「おすすめランキング」。カテゴリーごとに表示されているので4尺~8尺ごとに掲示。こりゃスゴイ。何がスゴイって普通の商品をうまい表現でアピールしている。こだわり商品はアピールしやすいが、この店は普段使いの通常商品のアピールがうまい。
「ベルマーク協賛商品」なんていう表示もある。その他POPやショーカードを見るだけで楽しめる。もっとも食彩賓館のようにこういう表示を見て楽しめる人は少ないと思うが。

「国産合挽ミンチ5:5」とか「国産合挽ミンチ7:3」の品揃えがあり、牛スネミンチ、黒毛和牛ミンチなど肉売場の品揃えが楽しい。半加工品もオリジナリティがある。
普通の売場なんだけど、よく気づく人は本当に楽しめる店だ。気づかない人は「普通のローカルスーパー」で終わってしまうことでしょう。そういったことも食彩賓館好みの企業なんです。(つまり良く見ないと、あるいは気づかないときちんとした評価ができない企業)

その他覚書
・「梅・らっきょう状況」として、地場産地の梅の出荷予定や古城・南高などの品種別終了時期、らっきょうの産地別終了時期を表示。これは親切。というか昔はどこの青果売場でもゃっていたのに最近はあまりみかけなくなった表示。客はピークも知りたいんだけどね。「今週が最安値」とか。だから食彩賓館は「初出荷」~「ピーク」~「終了」と時期表示してました。
・ベーカリー側玄関入口で「Enjoy teatime。美味しいお菓子をまとめました」というコーナーを見て、ついニヤニヤ。玄関入ってすぐの場所に「カンパーニュ」を提案するスーパーなんです。(ニヤニヤの意味は内緒)
・各売場前には担当者の写真と自己紹介を掲示しているのはこれまでのぎゅーとら新店と同様。鮮魚の自己紹介を読んでいたら那智勝浦港の様子をビデオ放映していた。しばし見入る。お礼に鮮魚部門の商品をたくさん購入。
・以前は「惣菜のぎゆーとら」で有名だったが、最近は他の部門も頑張っているなあ。
・「○○なんです!!」「京都まで行くと○○円だけどぎゅーとらで買えば・・」というPOPは正直イマイチと思った。
・グロサリーの関連販売は、なかなか考えられた商品提案をしていると思う。良い。
・惣菜作業場を見ていたら、きちんとマスクして手袋つけて、髪の毛がすっぽり隠れるネット付作業帽を着用しているのが見える。今までこれが当たり前だと思っていたが、先月末の関西遠征で高質志向店でもできていないことを知ってしまった。

●購入商品
20100605_7

・「とりあえず10個買ってきて」と家人に頼まれていたコロッケ。「バローやドミー(最近、時々ドミーでも見かける)がたとえ18円で販売しようが、このコロッケにはかなわない(家人)」らしい。夕方持ち帰ったのだが、食事の時間までに5個無くなっていた。
「ランキング1位」とラベルに表示。これは全国初の取組みではないか?ちなみに以前は「アイドルコロッケ」という品名だった。
20100605_8
・以前、購入して気に入ったので、今回は2箱購入した答志島やま助商店のちりめん。ウマイ。しかも今日は安い。裏側にちゃんと「エビ、カニ混じることがあります」とアレルギー表示対応。
20100605_9
・みなみ製麺のうどんとマルキ商会の伊勢うどんのタレ。スーパーで購入する伊勢うどん関連品では一番好きな組み合わせ。超グッドです宣言。
・「特製弁当」の“特製”の意味が知りたいと思った。天ムスのエビが他の店のサイズより大きい。
20100605_10
・「おおきんな市場」で販売されていた「天然鯛干物」。チ鯛が混じる中、真鯛を選別して購入。
・食彩賓館が「超鮮度宣言」という表示を見ても嫌な気分にならない唯一の事例が「朝びき鶏」。ウマイっ。でも当日食べないと。
・「血合・皮取り」と表示された生とんぼシビ。安っ。色も良い。味はそこそこ。
20100605_11
・「おかわかめ(雲南百薬、雲南生薬)」はおおきんな市場に置いてあった。有機栽培。少しネバリがある。これは良い。マグネシウムはレタスの8倍、銅はキャベツの8倍、カルシウムはピーマンの6倍、亜鉛はにらの2.5倍も含む(ネット情報からパクリ)。さっと茹でてドレッシングをかけていただいた。
・大内山牛乳も販売していたが、とりあえず、特売のトライくん牛乳(明治乳業)を購入。「大内山のヨーグルトを買ってくると思ったのに」と家族に言われてしまった。
20100605_14
・エースコインは昭和三十年発売。他にしるこサンドも品揃え。
*****************
結局、近年にない高額な自腹購入。私にとっての「良質店」です。おそらく、6/5午前に訪問した客はそういった印象をもたなかったかも知れません。
この店に限らず「いつ行って良質店」という企業は少ないと思います。
良質店についてはこちらで語っています
****************
●資料
・チラシは6/5の記事にアップしてあるので割愛しました。
220100605
20100605_12
20100605_13
******************

=================
●ぎゅーとら(三重) ★印は訪問記
2009/01/16主婦の店アルファとぎゅーとら志摩店
2009/05/25 ぎゅーとら渋見店(5/20オープン)
2009/06/06ぎゅーとら一志店(津市)
2009/11/01ぎゅーとら一志店10/31改装オープン〔移転前〕
2009/11/14ぎゅーとらラブリー大黒田店が競合対策
2010/05/02ぎゅーとらラブリー持川店6月上旬告知
2010/05/20ケンミンショーでぎゅーとら
2010/06/07ぎゅーとら持川店(三重県津市)へ行く
2011/01/12ぎゅーとら藤里店で松笠焼と天ムス
2011/05/02ぎゅーとら津神戸店の風景(part2)
2011/07/01ぎゅーとらラブリー津神戸店7/1プレ
2011/07/27ぎゅーとら青春弁当(相可高校製造)
2011/08/30ササヤマパワーマート志摩金谷店
2012/04/18ぎゅーとら芸濃店(1)
2012/04/18ぎゅーとら芸濃店(2)
2012/11/02ぎゅーとら芸濃店(3)
2013/01/18ぎゅーとら志摩店訪問記
2013/01/21ぎゅーとら芸濃店訪問記(5)
2013/01/22ササヤマパワーマート志摩金谷店
2013/02/26ぎゅーとら平田店(1)
2013/04/24ぎゅーとら平田店(2)
2013/06/05ぎゅーとら平田店(3)
2013/07/15ぎゅーとら五ヶ所店・コメリH&G南勢店(1)
2013/09/12ぎゅーとら平田店(4)
2013/09/12ぎゅーとら平田店(5)
2013/09/14ぎゅーとら平田店(6)
2013/09/18ぎゅーとら平田店(7)訪問記
2013/12/24ぎゅーとらgram mart宮町店(1)
2013/11/12ぎゅーとら五ヶ所店訪問記
2013/12/24ぎゅーとらgram mart宮町店(2)訪問記
・2014/01/21ぎゅーとらラブリー一志店(1)
2014/05/16ぎゅーとらラブリー一志店(2)
2014/05/30ぎゅーとらラブリー一志店(3)
2014/07/07ぎゅーとら鵜方店・波切店オープン告知
2014/08/05ぎゅーとらラブリー一志店(4)
2014/08/25ぎゅーとら鵜方店・波切店(志摩市)訪問記
2014/10/03ぎゅーとらラブリー一志店オープン日告知
2014/10/04ぎゅーとらラブリー一志店(5)オープン

Facebook にシェア
LINEで送る