食彩品館.jp

イオンモール京都ハナの“食育八百屋”「毎日菜果」その他「Kyo-Deli」確認

●商品, イオン, 訪問記録|2010/06/17 posted.
Facebook にシェア
LINEで送る

イオンモール京都ハナ
京都市右京区西院追分町25-1
℡075-326-8701

20100612
食彩賓館でも取り上げたが、イオンモール京都ハナが4月~6月にかけていろいろとリフレッシュを実施している。すでに第二弾オープンまで完了し、一応、全面オープンが6/18ということで、ちょっと早めの確認に訪れた。
目的は「Kyo-Deli」内の「毎日菜果」オープン確認とリニューアル記念催事「ジャンプゾーン」確認。

「毎日菜果」はイオンモールKYOTOのコーヨー(光洋)京都店の青果売場内「京野菜コーナー」として設置されている「京野菜かね正」が運営。

余談だが、最初コーヨー京都店で「かね正」のコーナー見た時、てっきり「かね松老舗(店舗記事阪急西宮記事)」と勘違い。この「毎日菜果」訪問後、あわてて過去記事を修正しました。

かね正の売場はJR伊勢丹地下食品売場で確認済み。レトルトカレーを食べて、久々に美味しいと感じた「京野菜カレー」をはじめとして「賀茂トマトカレー」「賀茂ナスカレー」など、面白い加工商品も手がけている。
今回、訪問した「毎日菜果」は「食育八百屋」がウリ。いろいろな情報発信とレシピコンクールなどで、野菜の普及推進に取り組む他、京野菜の開発・育成にも取り組んでおられるようです。(なんかこういう「いかにもネットで調べました」的な情報を語るのはしっくりこないなあ。それに「そんな誰でも知っていることを自慢げに説明するなよ」と笑われそうだ。笑われてもいいから説明続けます)

「八百屋」を自称するだけあって品揃えが普通のスーパーとは違い、面白い商品散見。箱売りされていたトマトは、形状は揃っていないが熟度が揃っているという「さすが八百屋さん」という商品があったり、得意の京野菜コーナーで色とりどりの「丸ズッキーニ」があったり、大八車に竹篭を積んで陳列するという80年代阪急梅田のかね松老舗売場を彷彿とさせる演出があったりと、なかなか楽しむことができました。
先にジャスコで買物していたので、ジュース売場で野菜ジュースを購入。バナナ味の甘い野菜ジュースでした。これだったら毎日、飲めるね。
20100612_2
*****************
西浅(コープ京都桃山店にも出店)、さのや(ステップ今熊野で見た)などの専門店をチョコっと見て、もう一つの訪問目的である「ジャンプゾーン」を確認。
Photo_5
↑ HPの写真をちょっとお拾い。
実際に見たが、吹き抜けを使って、ジャンプする様はなかなか迫力があってよろしいかと思う。1回1,000円という料金と「ちょっと危険」と思う食彩賓館のような臆病な親の許可が課題かな? 
面白いと思う。でも開催するにはなかなか勇気がいる。
***************************
●資料
・ポイントカード
20100612_3
・チラシ
Photo_6 Photo_7
・モールパンフ
Photo_8 

Facebook にシェア
LINEで送る